魏徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

魏 徴(ぎ ちょう、580年 - 643年)は、の政治家。は玄成。祖父の魏釗は北周に仕え、父の魏琬はに仕えた。子に魏叔玉、魏叔瑜、魏叔琬、魏叔璘、娘(霍王李元軌夫人)などがいる。

魏徴の彫像

概要[編集]

鉅鹿郡曲城県(現在の河北省邢台市巨鹿県晋州市邯鄲市館陶県)の人。

若いころから、高祖太宗の2代に仕えて、諫議大夫・左光禄大夫、秘書監、侍中を歴任して、鄭国公に封じられ、太宗に直諫(じかに諫言)することで有名であり、そのやりとりは『貞観政要』に多く載せられている。

略歴[編集]

幼少時は貧困で、末に李密瓦崗軍)のもとへ身を寄せた。しかし、李密が唐に敗戦したために、竇建徳の捕虜となり、その才能を見出された。竇建徳の兵が敗れると、唐へ帰順して、太子洗馬つまり皇太子李建成の側近の地位を得た。玄武門の変で李建成と李元吉兄弟が非業の死を遂げると、兄弟を討ち取った李世民(太宗)は率直さを評価して諫議大夫へ昇進させた、後に秘書監侍中などの職を転任した。癇癪を起こした太宗を二百回余りも諌めた。逝去した際に、文貞公と諱された。

太宗は彼の死を非常に哀しみ、侍臣へ以下のように言ったという。

人以銅為鏡、可以正衣冠。以古為鏡、可以見興替。以人為鏡、可以知得失。魏徵沒、朕亡一鏡矣(人は銅を以て鏡と為し、以て衣冠を正すべし。古きを以て鏡と為し、以て興替を見るべし。人を以て鏡と為し、以て得失を知るべし。魏徴の沒するや、朕 一鏡を亡(うしな)へり。」(『資治通鑑』巻一九六)。

太宗の命で編纂した『隋書』の序論、『梁書』、『陳書』、『齊書』の総論など、多くの著作がある。その言論は『貞観政要』に多く収められている。「人生意気に感ず」の句で有名な「述懐」というを詠んだ。

西遊記における魏徴[編集]

代の白話小説西遊記』では、魏徴は陽間(この世)と陰間(あの世)を往来できる人物として描かれ、太宗と囲碁の対局中にうたた寝した間に、天帝の命令により夢の中で涇河の龍王を処刑したことになっている。恨みを抱いた涇河龍王が太宗の夢枕に現れたため、太宗は衰弱死し、冥府めぐりを行って寿命を延ばし帰還した(詳細は西遊記の成立史)。