大分インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大分インターチェンジ
東九州自動車道 大分IC
東九州自動車道 大分IC
所属路線 E10 東九州自動車道
IC番号 12
料金所番号 01-865
本線標識の表記 国道10号標識 国道210号標識 大分 挟間
起点からの距離 107.6 km(北九州JCT起点)
別府IC (14.8 km)
(4.4 km) 大分光吉IC
接続する一般道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
大分県道21号標識
大分県道21号大分臼杵線
供用開始日 1992年平成4年)12月3日
通行台数 22,192台/日(2010年度)
所在地 870-0879
大分県大分市大字金谷迫字塚田1438番地
テンプレートを表示

大分インターチェンジ(おおいたインターチェンジ)は、大分県大分市大字金谷迫にある東九州自動車道インターチェンジである。大分市中心部に最も近いICである。

西日本高速道路九州支社大分高速道路事務所、および大分県警察高速道路交通警察隊の本隊が併設されている。

歴史[編集]

接続する道路[編集]

料金所[編集]

ブース数:6

入口[編集]

出口[編集]

  • ブース数:4
    • ETC専用:1
    • 一般:3

周辺[編集]

未成の本線料金所[編集]

当ICは建設当初は終点となる予定であったことから、別府IC寄りの大分市金谷迫(地図)に本線料金所を設置する計画であり、既に用地も確保されていた[1][2]。しかし、大分自動車道の終点が大分米良ICに変更されたことで、当ICの料金所はIC内に設置することになったため、本線料金所の用地は使用されずに放置されている。

なお、この計画変更で当ICは鳥栖・別府方面と大分県道21号大分臼杵線が直結する構造であったものが、大分米良IC方面の本線とも接続するように変更されたため、当ICは鳥栖・別府方面からのオフランプを除いて、急カーブが生じている。

[編集]

E10 東九州自動車道
(11) 別府IC - (12) 大分IC - (13) 大分光吉IC

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]