安心院インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
安心院インターチェンジ
東九州自動車道 安心院インターチェンジ(大分県宇佐市)
東九州自動車道 安心院インターチェンジ
(大分県宇佐市)
所属路線 E10 東九州自動車道
Japanese National Route Sign 0010.svg宇佐別府道路
IC番号 9-2
料金所番号 01-882
本線標識の表記 安心院
起点からの距離 71.2km(北九州JCT起点)
9.8km(宇佐IC起点)
院内IC (5.2km)
接続する一般道 大分県道42号山香院内線
供用開始日 1993年3月29日
通行台数 2,025台/日(2010年度)
所在地 872-0503
大分県宇佐市安心院町飯田字中ノ山280番地
テンプレートを表示
インター番号変更前

安心院インターチェンジ(あじむインターチェンジ)は、大分県宇佐市安心院町飯田にある東九州自動車道、および宇佐別府道路東九州自動車道並行する一般国道自動車専用道路であり、国道10号バイパス)のインターチェンジである。バス停留所を併設している。

歴史[編集]

  • 1993年(平成5年)3月29日院内IC - 速見IC間開通に伴い、供用開始[1]
  • 2018年(平成30年)8月5日:大分自動車道速見支線と大分自動車道本線(速見IC〜日出JCT〜大分米良IC)の道路名が東九州自動車道に変更される。当インターチェンジのインターチェンジ番号が9-2に変更される。

周辺[編集]

  • 宇佐市安心院支所
  • 家族旅行村安心院

接続する道路[編集]

料金所[編集]

  • ブース数:4

入口[編集]

出口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1 

バスストップ[編集]

バス事業者間では、高速安心院(こうそくあじむ)という名称が使われており、一般的にはこの通称名で呼ばれている。かつては大交北部バス運行の快速中津大分線が停車していたが、2009年4月1日に快速中津大分線が路線廃止になってからは停車路線はなかった。

2018年8月1日より、西鉄バス北九州運行の高速バス北九州 - 別府・大分線(ゆのくに号)が新規に停車[2]となり、9年ぶりに使用が再開された。

[編集]

E10 東九州自動車道Japanese National Route Sign 0010.svg宇佐別府道路
(9-1)院内IC - (9-2)安心院IC - (9-3)大分農業文化公園IC

脚注[編集]

  1. ^ 九州支社の歴史(あゆみ)”. 西日本高速道路. 2017年3月22日閲覧。
  2. ^ H30.8.1(水)ゆのくに号が新たに『高速安心院』バス停に停車します。”. にしてつバスっちゃ!北九州. 西鉄バス北九州. 2018年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]