移動保護されたページ

大分県警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Flag of Oita Prefecture.svg 大分県行政機関
大分県警察
Asahikage.svg
大分県庁舎本館(6階に大分県警察本部が入居)
大分県庁舎本館(6階に大分県警察本部が入居)
役職
本部長 石川泰三(警視長
警務部 山田鎌司(警視正
組織
上部組織 大分県公安委員会
内部組織 警務部生活安全部刑事部交通部警備部警察学校警察署
概要
所在地 大分県大分市大手町3丁目1番1号
定員 2,405人(警察官2,051人、職員354人)
年間予算 29,561,022千円(9月補正予算込)(平成21年度)
設置 1954年昭和29年)7月1日
前身 大分県警察部 - 国家地方警察大分県本部
ウェブサイト
大分県警察
テンプレートを表示
大分県庁舎新館(10-12階に大分県警察本部が入居)

大分県警察(おおいたけんけいさつ、Oita Prefectural Police)は、大分県が設置した警察組織であり、大分県内を管轄区域としている。大分県警と略称する。警察法上、大分県公安委員会の管理を受けるが、給与支払者は大分県知事である。警察庁九州管区警察局管内。

本部は、大分県庁舎本館6階、および新館10階から12階に位置する。

沿革[編集]

本部組織[編集]

警察署[編集]

全15警察署警察車両ナンバー地名はすべて「大分」である。すべての電話番号の下4桁は「2131」。警察署の電話番号は「0110」で統一されている都道府県が多く、大分県は大阪府の「1234」と並ぶ例外である。警察署長の階級は大分中央署が警視正、他署はすべて警視職。

地域 警察署名称 所在地 管轄区域
大分 大分中央警察署 大分市荷揚町 大分市中心部・西部
大分東警察署 大分市大字三佐五丁目 大分市東部・旧佐賀関町
大分南警察署 大分市大字横瀬 大分市南部・旧野津原町由布市
大分 別府 別府警察署 別府市田の湯町 別府市
杵築日出警察署 速見郡日出町大字藤原字友田 杵築市速見郡日出町
国東警察署 国東市国東町鶴川 国東市東国東郡姫島村
中津 豊後高田警察署 豊後高田市是永町 豊後高田市
宇佐警察署 宇佐市大字上田 宇佐市
中津警察署 中津市中央町一丁目 中津市
日田 日田警察署 日田市田島二丁目 日田市
玖珠警察署 玖珠郡玖珠町大字塚脇 玖珠郡玖珠町九重町
竹田 竹田警察署 竹田市大字拝田原 竹田市
豊後大野警察署 豊後大野市三重町内田 豊後大野市
佐伯 佐伯警察署 佐伯市大字鶴望 佐伯市
臼杵津久見警察署 臼杵市大字臼杵 臼杵市津久見市

警察署の再編[編集]

  • 2010年(平成22年)
    • 9月 - 「警察署等の配置見直し計画(案)」公表[1]
    • 11月 - 「警察署等の配置見直し計画」策定。
  • 2012年(平成24年)4月 - 17署体制から15署体制になる[2]

シンボルマスコット[編集]

シンボルマスコットは1992年に公募で選ばれたピンキー。高崎山をモチーフにしており、ポリスの「P」と「モンキー」とから名付けられた。

2009年にリニューアル。制服を着て、警察のマスコットであることが一目で分かるようになった。また、妻、男の子、女の子の家族もできた[3][4]

最近の主な事件[編集]

不祥事[編集]

  • 別府警察署2016年労働団体参議院選挙の選挙運動などに使用していた別府市内の施設の敷地内に、無断で隠しカメラを設置していたことが明らかになった。労働団体側は県警に被害届を提出し、これを受け県警は、建造物侵入容疑で捜査を行っており、関与した警察官の処分を検討している[5]
  • 2017年9月20日 - 中津警察署刑事課の男性巡査長(20代)が7月30日午後4時50分ごろ、豊後高田市内の知人女性宅で置き時計など2点(計200円相当)を盗んだとして、県警は9月20日付で窃盗の疑いで男性巡査長を書類送検した。さらに暴力団親交者との不適切な交際のほか、知り合いの豊後高田警察署地域課の巡査長(20代)とともに違法な薬物と考えた粉末を吸引したことなども判明。それぞれ停職(3カ月)と戒告の懲戒処分にした[6]
  • 2018年3月22日 - 臼杵津久見警察署生活安全課の男性巡査部長(30代)がわいせつ関連事案で押収などしたアダルト関連のCD-RやDVDなど百数点の捜査資料を盗んだり盗撮をしたして、県警は窃盗と県迷惑行為防止条例違反の両容疑で書類送検し、懲戒免職処分とした[7]
  • 2019年12月23日 - 大分中央警察署の男性警部(40代)が酒席でテレビ局の20代女性記者の体を触るなどのセクハラ行為をしたとして、県警は23日付で減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とし、男性警部は同日付で依願退職した[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]