愛媛県警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Flag of Ehime Prefecture.svg 愛媛県の行政官庁
愛媛県警察
Asahikage.svg
Ehime Police HQ.jpg
愛媛県警本部
役職
本部長 林学(警視長
警務部長 牧丈二(警視正
組織
上部組織 愛媛県公安委員会
内部組織 警務部生活安全部刑事部交通部警備部
概要
所在地 愛媛県松山市南堀瑞町2-2
ウェブサイト
愛媛県警察
テンプレートを表示

愛媛県警察(えひめけんけいさつ)は、愛媛県が設置した警察組織であり、愛媛県内を管轄区域としている。愛媛県警と略称する。警察法上、愛媛県公安委員会の管理を受けるが、給与支払者は愛媛県知事である。本部所在地は、松山市南堀端町2-2。警察庁四国管区警察局管内。

体制[編集]

  • 警察官 2,455人
  • 一般職員 415人
  • 警察署 16ヶ所
  • 交番 48ヶ所
  • 駐在所 129ヶ所
  • 警察官連絡所 30ヶ所
  • 警備派出所 2ヶ所
  • 検問所 3ヶ所

本部組織[編集]

  • 総務室


警察署[編集]

県内の警察署数は16。警察車両ナンバー地名はすべて「愛媛」である。

地域 警察署名称 所在地 管轄区域 前身
東予 四国中央警察署 四国中央市三島中央 四国中央市、新居浜市(別子山) 三島警察署
新居浜警察署 新居浜市久保田町 新居浜市(四国中央・西条署の各管内を除く)、今治市(四阪島
西条警察署 西条市新田 西条市東部(旧西条市域)、新居浜市(愛媛県道13号壬生川新居浜野田線以北かつ岩鍋川左岸以西)
西条西警察署 西条市周布 西条市西部(今治署管内を除く旧東予市小松町丹原町 東予警察署
今治警察署 今治市旭町 今治市南部(旧今治市・菊間町大西町波方町玉川町朝倉村関前村)、西条市(東予集団施設地区)
伯方警察署 今治市伯方町木浦甲 今治市北部(旧伯方町・四阪島を除く宮窪町吉海町大三島町上浦町)、越智郡上島町
中予 松山東警察署 松山市勝山町 松山市東部
松山西警察署 松山市須賀町 松山市西部
松山南警察署 松山市北土居町 松山市南部、東温市伊予郡砥部町
久万高原警察署 上浮穴郡久万高原町久万 上浮穴郡久万高原町 久万警察署
伊予警察署 伊予市下吾川 伊予市、伊予郡松前町 郡中警察署
南予 大洲警察署 大洲市東大洲 大洲市喜多郡内子町
八幡浜警察署 八幡浜市広瀬 八幡浜市西宇和郡伊方町
西予警察署 西予市宇和町卯之町 西予市 宇和警察署
宇和島警察署 宇和島市並松 宇和島市北宇和郡鬼北町松野町
愛南警察署 南宇和郡愛南町御荘平城 南宇和郡愛南町 御荘警察署

警察署の再編[編集]

平成8年4月1日:松山南警察署が新設。松山市南部・東温市・砥部町を松山東警察署から松山南警察署に移管。

2004年(平成16年)に策定された警察署再編計画では、内子・野村・鬼北の3署を近隣署と統合して19署体制から16署体制に再編することとされた。[1]

最近の主な事件[編集]

愛媛県警察では警察関連による不祥事が多く、特に後述の裏金問題においては当時の巡査部長に対する嫌がらせ、報復人事を超え、犯罪捜査のための通信傍受に関する法律を悪用(NTTの職員を再雇用など)するなどの事態が発覚して問題となっている[2][3]

  • 宇和島事件
  • 2000年11月、取り調べ中の男性容疑者に暴行を加え大けがをさせたとして、新居浜警察署の警部補ら警察官3人を特別公務員暴行陵虐致傷逮捕された[4]。この事件ののち愛媛県警は、逮捕された3人やその家族に嫌がらせが相次いでいるなどとして警部補以下の人事異動を公表しないことにした[5]
  • 県警捜査費不正流用事件、不当人事訴訟2004年5月大洲警察署の元会計課長が内部資料をもとに裏金問題を告発した。しかし県警は内部調査の結果、個人的な利得には使われておらず不正ではないなどとして幕引きを図ろうとした。翌2005年1月には裏金の存在を告発した鉄道警察隊仙波敏郎巡査部長が左遷のために新設された「通信指令室付」に異動させられ人事委員会に審査申し立て、及び提訴した。審査・訴訟共に仙波の申し立てが認められた[6][2][3]。一方で、仙波は引退後も退職警官の団体「警友会」から理由を示さないまま入会を拒否されている。
  • 2004年10月機動隊所属の30代の巡査部長が女子大学生の住む部屋にわいせつ目的で不法侵入、暗がりに潜んでいたところを当の学生ら女性数人に取り押さえられた。巡査部長は秋篠宮警護の帰りだった[7]
  • 2004年11月、松山市内の三叉路でスクーターに乗った当時16歳の高校生の少年が右折しようとして止まっていたところへ緊急走行中だった松山西警察署白バイが衝突、ともに重傷を負った。白バイを運転していた警察官は嫌疑不十分で不起訴処分となったが、少年は業務上過失傷害罪書類送検され、2005年6月、松山家庭裁判所交通短期保護観察処分が言い渡された。しかし高松高等裁判所は同年7月、「原判決に重大な事実誤認や処分の著しい不当がある」として松山家裁に差し戻し、翌2006年3月、差し戻し審で少年に対し不処分の決定が下った[8][9]
  • 2005年7月頃、同県警の警部の私物パソコンがウイルスに感染し、約6200名分の氏名やNシステムに記録された車のナンバープレート約60万台分を含む警察情報がファイル共有ソフトWinnyのネットワーク上に流出した。この情報の中で捜査に協力して謝礼を受け取ったとされた23人全員が実際には謝礼を受け取っておらず、捜査にまったく協力していない人物も含まれていたことが判明した。また民間警備会社のGPS発信器を捜査対象者の車に無断で取りつけ行動確認していたことを示す資料もあった。
  • 2008年9月西予警察署の40代の男性警部が西予市内のスーパーで下半身を露出させるなどして同署に通報された[10]
  • 2008年12月伯方警察署副署長の警部が署の公用車を使用して高速道路会社から貸与されている無料通行パスを同年夏から数回私的利用していたことが発覚。
  • 2009年1月、愛媛県警の30歳代の女性の一般職員が2003年1月以降、同県警の46歳の巡査部長から繰り返し性的暴行を受けたとしてこの巡査部長と愛媛県を相手取り、計880万円の損害賠償を求める訴訟松山地裁に起こした。2012年8月、一審で監察官室の事情聴取が違法と判断され、慰謝料など33万円の支払いが命じられた。原告被告の双方が高松高裁に控訴した二審では、2013年2月、「事情聴取を違法と認める証拠はない」などとして一審判決を取り消し、原告側の控訴を棄却した。原告側が上告したが、2013年6月、最高裁第一小法廷は上告棄却と上告不受理を決定した。
  • 2009年6月松山南警察署の盗犯担当であった29歳の巡査部長が岡山市で75歳の女性から現金約1万円が入った財布をひったくって地元の高校生2人に取り押さえられ、岡山中央警察署現行犯逮捕された[11]
  • 2009年10月今治市内で今治警察署が恐喝容疑で逮捕した容疑者を護送車から取り逃し逃走を許すという失態を演じた。容疑者は2週間後に京都市内で逮捕された。この事件をめぐり今治署は、当初手錠と腰縄を通常通り装着したと説明していたがのちに装着が緩かったと訂正(一部報道では手錠はしていなかったとされる。)、内規では護送時には容疑者の両隣に護送員が座るよう定められていたが護送員は容疑者の左隣にしか座っていなかったことも判明した[12]。さらに逃走直後に護送車が前方の乗用車と接触事故を起こしていたことを報道発表しなかったうえ[13]、広報対応にあたった今治署副署長の不倫疑惑が一部ネットメディアで報じられる[14]など不手際が相次いだ。この事件で警察官2人が停職1カ月の懲戒処分となり署長ら4人も戒告などの処分を受けた。容疑者の身柄確保に要した費用は約600万円に上ったことが県警本部長の県議会での答弁で明らかになっている[15]
  • 2010年12月、警察署所属の47歳の男性巡査部長が逮捕後に取り調べを担当し、起訴後勾留中だった被告から現金850万円を借り入れたほか一般女性と不適切な交際を続け、勤務時間中に職場を抜け出して松山市内のホテルで会うなどしていたとして、停職3カ月の懲戒処分を受けた。この巡査部長は依願退職した。
  • 2011年9月、松山西警察署地域課の20歳の巡査が、市道を歩いていた18歳の女性の尻をオートバイで追い越しざまに触ったとして県迷惑防止条例違反の疑いで書類送検され、減給10分の1・3カ月の懲戒処分を受けた。巡査は依願退職した。
  • 2011年11月松山東警察署留置管理課の25歳の巡査が、松山市内のマンションの一室で押し入れを物色しているところを居住者の男性に見つかり、別の住人とともにマンション駐車場で取り押さえられ、窃盗未遂と住居侵入の容疑で現行犯で逮捕された[16]
  • 2011年12月、新居浜市内で起きた交通事故の実況見分のさい、病院に運ばれ現場にいなかった女性について「現場に立ち会った」などと見分状況書に虚偽記載し、翌月、新居浜署に女性の家族が訪れると二重線を引いて消したとして同署交通課の男性巡査部長が虚偽有印公文書作成・同行使、公用文書毀棄の容疑で書類送検され、減給10分の1・3か月の懲戒処分を受けた[17]
  • 2012年2月2日、同県警の男性警部補が交番での勤務を終えて所属署に戻ったが、その際、拳銃をロッカーに放置し実弾を持ったまま帰宅した。同日夕方の点検で発覚し、この警部補は本部長訓戒の処分となった。
  • 2012年3月、女性警察官3人にセクハラ行為をしたとして、警察署勤務の男性警部補が減給10分の1・6か月の懲戒処分を受けた[18]
  • 2012年3月29日頃、松山西署地域課係長だった男性警部補(その後別の警察署に転勤)が被害届や供述調書、事件に使われたバットなど証拠品11点を自宅に持ち帰り隠蔽していたことが明らかとなり、県警は2013年3月15日にこの警部補を公用文書毀棄証拠隠滅の容疑で書類送検するとともに、停職3か月の懲戒処分とした[19]
  • 2012年4月20日、松山南警察署の敷地内にある倉庫から、制帽が盗まれる事件が発生した。同署は5月15日容疑者の男を逮捕したが、4月下旬以降に「倉庫の窓が割れている」などの住民からの指摘が出されていたにもかかわらず、同署は容疑者の知人から犯行を告白されるまで犯行を把握していなかった。
  • 2012年7月、妻の元同僚を交通違反で摘発したことを同年1月に妻に漏らしたとして、警察署地域課に勤務する男性巡査部長が地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで書類送検された。巡査部長は所属長訓戒処分となり同年3月、妻が元同僚の家族に話をしたため発覚した[20]
  • 2012年11月16日、今治警察署の独身寮の光熱費など約34万円を着服しスロットマシンに使ったとして、県警本部の22歳の男性巡査が業務上横領の疑いで書類送検され停職3カ月の懲戒処分を受けた。巡査は依願退職した[21]
  • 2013年3月15日、松山西署で保管すべき捜査資料や証拠品計約200点を自宅に持ち帰ったとして、同署地域課係長だった男性警部補が公用文書毀棄と証拠隠滅の容疑で松山地検に書類送検された。警部補は停職3カ月の懲戒処分を受け、依願退職した。
  • 2013年7月、警察署の男性警部が休日に2度公用車で隣接署管内のパチンコ店に行き、午前中から夕方までパチンコをしたとして所属長注意処分を受けた。
  • 2014年1月、松山市職員などから金銭を脅し取ろうとしたとして恐喝未遂の罪で起訴された元警察官の元松山市議会議員に対し、県警本部の男性警部が2012年9月と10月の2回、職場のパソコンなどから入手した男性3人の住所犯罪歴などの個人情報を漏らしたとして地方公務員法違反の疑いで書類送検され、戒告処分を受けた。警部は「元議員は以前の上司で、当時、現職の市議だったので、悪いことには使わないと思った」と話した。警部は不起訴となった。
  • 2017年5月、松山西署交通課の40代の男性巡査部長が、同僚警察官の現金や、警察署に届けられた落とし物の財布など計約38万円相当を盗むなどしたとして、このうち約24万円相当分について窃盗と遺失物横領の容疑で松山地検に書類送検された。巡査部長は懲戒免職処分となった。
  • 2017年6月、伊予署地域課の40代の男性巡査が、警察署内で同僚の財布から現金を盗むなどしたとして、供述した約20件のうち2件について窃盗と窃盗未遂の容疑で松山地検に書類送検された。巡査は停職1か月の懲戒処分を受け、依願退職した。

その他[編集]

  • 2012年4月ジャイアントから愛媛県警に特別仕様車16台が寄贈された。正規用8台、訓練用8台で、警察仕様のヘルメットとグローブ(手袋)も併せて寄贈された[22][23]

関連資料[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 愛媛県庁ホームページ 警察署の統合及び警察署の名称変更図 (PDF)
  2. ^ a b 東玲治 『ドキュメント・仙波敏郎 -告発警官1000日の記録-』
  3. ^ a b 仙波敏郎 『現職警官「裏金」内部告発』
  4. ^ 『容疑者への暴行で3警官を懲戒免職 愛媛県警』 毎日新聞 2000年12月20日
  5. ^ 県警裏金問題 - 日本国民救援会愛媛県本部
  6. ^ 原田宏二 『警察VS警察官』
  7. ^ 『四国管区の機動隊員、女子大生の部屋に侵入し捕まる』 読売新聞 2004年10月10日
  8. ^ 柳原三佳 『冤罪が晴れても、白バイの修理代を支払わされる理不尽』 2012年5月16日
  9. ^ <動画特集1>山本事件 ジャーナリスト・柳原三佳公式サイト
  10. ^ 『スーパーで40代警部が下半身を露出 愛媛県警が事情聴取』 産経新聞 2008年9月17日
  11. ^ 『巡査部長が75歳女性からひったくり 高校生が取り押さえる 岡山』 産経新聞 2009年6月5日
  12. ^ 『まるで手品師?手錠外し逃走 愛媛、護送車の窓から容疑者』 共同通信 2009年11月1日
  13. ^ 『護送車から逃走男、軽トラ盗み乗り捨て?』 読売新聞 2009年11月11日
  14. ^ 『釈明の村上正副署長と「婦人警官」の仲』 デジタル紙の爆弾
  15. ^ 『護送車逃走事件の捜査費用600万円 愛媛県警』 産経新聞 2009年12月4日
  16. ^ 『住居侵入の松山東署員を略式起訴』 愛媛新聞 2011年11月26日
  17. ^ 『虚偽記述:見分状況書に 新居浜署巡査部長、容疑で書類送検 - 県警/愛媛』 毎日新聞 2012年3月20日
  18. ^ 『警官ら懲戒免 最多62人』 愛媛新聞 2013年2月1日
  19. ^ 証拠のバットや供述調書…警部補が自宅に隠す 読売新聞 2013年3月15日
  20. ^ 『交通違反情報を妻に漏らす、警官が守秘義務違反』 読売新聞 2012年8月15日
  21. ^ NHKニュース 2012年11月16日
  22. ^ ジャイアントが愛媛県警に特別仕様車16台を寄贈グーサイクル(2012年4月19日)
  23. ^ GIANT 愛媛県に特別仕様のGIANT「SEEK 2」を寄贈サイクルスポーツ(2012年4月19日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]