日南東郷インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日南東郷インターチェンジ
日南東郷IC(2018年2月撮影)
日南東郷IC(2018年2月撮影)
所属路線 E78 東九州自動車道
Japanese National Route Sign 0220.svg日南・志布志道路
IC番号 32
本線標識の表記 日南東郷
起点からの距離 341.8km(北九州JCT起点)
0.0km(日南東郷IC起点)
日南北郷IC (9.0km)
(3.2km) 油津IC(事業中)
接続する一般道 宮崎県道434号風田星倉線
供用開始日 2018年3月11日
通行台数 x台/日
所在地 宮崎県日南市大字東弁分
備考 宮崎方面のみ通行可能
テンプレートを表示

日南東郷インターチェンジ(にちなんとうごうインターチェンジ)は、宮崎県日南市にある東九州自動車道日南・志布志道路(東九州自動車道に並行する一般国道自動車専用道路であり、国道220号バイパス)のインターチェンジである。

概要[編集]

宮崎方面のみ通行可能なハーフインターチェンジである。計画当初の仮称は日南インターチェンジ(にちなんインターチェンジ)であった。

清武JCT-油津IC新直轄方式に変更されたため、日南東郷ICに料金所は設置されておらず、該当する区間は無料で通行可能である。また、志布志方面は日南東郷IC - 油津IC間が国道220号日南・志布志道路として事業中であるが、油津IC - 夏井IC間については基本計画区間の為、着工の予定は決まっていない[1]

歴史[編集]

2008年10月時点の日南東郷IC予定地
  • 1997年(平成9年)3月北郷IC - 日南ICの工事着工式[2][3]
  • 2009年(平成21年):北郷IC - 日南IC間で建設中であった広渡川2号橋(全長265m)に桁の厚み、鉄筋量の不足などの設計ミスによるひび割れが見つかり、取り壊し再建造となった[4][5]。当初の完成予定は2011年7月であった[4][5]
  • 2012年(平成24年)度末:北郷IC - 日南IC間の事業進捗率は、事業費ベースで約46%、用地進捗率は約97%[6]
  • 2013年(平成25年)
    • 4月9日:清武IC - 日南IC区間最長となる猪八重トンネル(4858メートル)貫通[7][8]
    • 6月14日:国土交通省九州地方整備局は開通時期が未定だった北郷IC−日南IC間が2017年度に開通すると発表[9]
    • 10月11日:九州地方整備局は東九州自動車道で唯一事業化されていない日南IC - 志布志IC間(約40キロ)の3ルート案を提示[10]
  • 2014年(平成26年)度:日南IC - 北郷ICについて九州地方整備局の発表では事業進捗率約64%、用地進捗率約98%[11]
  • 2014年(平成26年)5月28日国土交通省九州地方整備局が日南 - 志布志間について、全区間を自動車専用道路として整備する方針を明らかし、福岡市で開いた有識者による小委員会で報告した[12][13]
  • 2015年(平成27年)6月:国土交通省が東九州自動車道、日南市 - 串間市間(約32キロ)のルート案とインターチェンジ(IC)4か所の設置案を明らかにした[14]
  • 2016年(平成28年)
    • 3月8日:未事業化区間である日南 - 志布志間 (40.7 km)のうち、日南IC - 油津IC間 (3.2 km)と夏井IC - 志布志IC間 (3.7 km)が国道220号日南・志布志道路として新規事業採択時評価の候補路線となる[1]
    • 3月18日:清武 - 日南間の道路には12本のトンネルが計画されているが、そのうちの1本の「椿山トンネル貫通」[15]
    • 4月1日:国道220号日南・志布志道路 日南IC - 油津IC間、同 夏井IC - 志布志IC間が事業化[16][17]
    • 9月2日:北郷IC(仮称)、日南IC(仮称)の正式名称がそれぞれ「日南北郷IC」、「日南東郷IC」に決定[18]
  • 2018年(平成30年)
  • 未定:日南東郷IC - 志布志IC間開通予定

周辺[編集]

飫肥城下町(国道222号
油津港

接続する道路[編集]

[編集]

E78 東九州自動車道Japanese National Route Sign 0220.svg日南・志布志道路区間を含む)
(31)日南北郷IC - (32)日南東郷IC - 油津IC(予定) - (基本計画区間)

脚注[編集]

  1. ^ a b 平成28年度新規事業候補箇所説明資料 一般国道220号 日南・志布志道路 (PDF)”. 国土交通省九州地方整備局 (2016年3月8日). 2016年3月8日閲覧。
  2. ^ 宮崎県の高速道路整備のあゆみ(平成21年1月末現在)
  3. ^ 東九州自動車道(清武~日南間)宮崎河川国道事務所
  4. ^ a b 2011/06/12 西日本新聞朝刊「造り直しの橋、ひび再び 日南市の東九州道 専門家集め協議へ」
  5. ^ a b 2010年02月11日 宮崎日日新聞朝刊「広渡川2号橋施工不良 業者負担で追加工事」
  6. ^ 東九州自動車道(北郷~日南)平成24年1月23日国土交通省九州地方整備局
  7. ^ “猪八重トンネル着工 東九州自動車道清武―日南”. 47NEWS. 宮崎日日新聞 (全国新聞ネット). (2009年6月25日). オリジナル2013年4月30日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130430232901/http://www.47news.jp/localnews/miyazaki/2009/06/post_20090626000942.html 2013年4月6日閲覧。 
  8. ^ 東九州自動車道 猪八重いのはえトンネル(仮称)の工事現場の取材案内について
  9. ^ “東九州道:開通時期、北郷−日南は17年度 北浦−須美江は2年前倒しに /宮崎”. 毎日新聞. (2013年6月15日). http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/m20130615ddlk45040599000c.html 2014年2月2日閲覧。 
  10. ^ “東九州自動車道 日南-志布志事業化へ3案提示”. 南日本新聞. (2013年10月11日). http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=51874 2014年1月31日閲覧。 
  11. ^ 九州地方整備局 - 平成26年度政府予算案に関する事業計画通知 - 宮崎県関連分
  12. ^ 九州地方整備局 - 東九州自動車道(日南 - 志布志)第3回説明資料
  13. ^ “東九州道日南-志布志、全区間を自動車専用に”. 西日本新聞. (2014年5月28日). http://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/91151 2014年6月28日閲覧。 
  14. ^ “東九州道・日南―串間、国交省がルート案”. 読売新聞. (2015年7月4日). http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/local/miyazaki/20150704-OYS1T50028.html 2015年7月4日閲覧。 
  15. ^ 平成28年3月16日宮崎河川国道事務所記者発表資料「東九州自動車道 椿山トンネル(仮称)が貫通します」
  16. ^ 国の新規事業に採択 日南-油津など2区間 - 宮崎日日新聞 2016年4月2日付
  17. ^ 平成28年度 国土交通省大隅河川国道事務所の予算と事業概要 (PDF) - 国土交通省 九州地方整備局 大隅河川国道事務所 2016年4月1日付
  18. ^ 東九州自動車道(北郷〜日南間)のインターチェンジ・橋梁の名称が決定 - 国土交通省 九州地方整備局 宮崎河川国道事務所 記者発表資料 2016年9月2日付
  19. ^ 東九州自動車道(日南北郷IC〜日南東郷IC)の平成30年3月11日16時に開通! 〜沿線地域の企業立地や観光を支援します〜 (PDF)”. 国土交通省九州地方整備局 宮崎河川国道事務所 (2018年2月1日). 2018年2月1日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]