大分宮河内インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大分宮河内インターチェンジ
東九州自動車道・大分宮河内IC料金所
東九州自動車道・大分宮河内IC料金所
所属路線 E10 東九州自動車道
IC番号 15
料金所番号 01-868
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0197.svg 大分宮河内
【補助標識】佐賀関
起点からの距離 121.6 km(北九州JCT起点)
大分松岡PA (3.3 km)
(14.0 km) 臼杵IC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0197.svg 国道197号
供用開始日 1999年平成11年度)11月27日
通行台数 14,524台/日(2010年度)
所在地 870-0317
大分県大分市大字宮河内字墨迫4337番地
テンプレートを表示
大分宮河内IC付近

大分宮河内インターチェンジ(おおいたみやがわうちインターチェンジ)は、大分県大分市大字宮河内にある東九州自動車道インターチェンジ。大分市のうち旧鶴崎市、旧佐賀関町両地域の最寄りインターチェンジである。2010年現在、大分道から来た場合、4車線区間はここまでで、その先は暫定2車線となる。当ICは、大分宮河内IC(おおいたみやがわうちインターチェンジ)と読み仮名が振られているが、大分市内の地名は「みやかわうち」とよみ、郵便局ではみやかわちと案内している。

歴史[編集]

周辺[編集]

接続する道路[編集]

料金所[編集]

  • ブース数:6

入口[編集]

出口[編集]

  • ブース数:4
    • ETC専用:1
    • 一般:3

[編集]

E10 東九州自動車道
(14) 大分米良IC - 大分松岡PA - (15) 大分宮河内IC - (16) 臼杵IC

脚注[編集]

  1. ^ a b 九州支社の歴史(あゆみ)”. 西日本高速道路. 2017年4月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]