蒲江インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
蒲江インターチェンジ
東九州自動車道 蒲江インターチェンジ(大分県佐伯市蒲江)
東九州自動車道 蒲江インターチェンジ
(大分県佐伯市蒲江)
所属路線 E10 東九州自動車道
IC番号 19
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0388.svg 蒲江 かまえインターパーク
起点からの距離 177.5km(北九州JCT起点)
佐伯堅田IC (15.3km)
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0388.svg国道388号
供用開始日 2013年2月16日
通行台数 x台/日
所在地 876-2404
大分県佐伯市蒲江大字森崎浦
テンプレートを表示

蒲江インターチェンジ(かまえインターチェンジ)は、大分県佐伯市蒲江にある東九州自動車道インターチェンジである。佐伯IC-北川IC間が新直轄方式に変更された為、当ICに料金所は設置されておらず、無料で通行できる。

蒲江IC付近(国道388号沿いの佐伯市森崎グラウンド跡地)には「かまえインターパーク 海べの市」が2015年3月20日にオープンした[1][2][3]

歴史[編集]

  • 2011年(平成23年)2月3日:東九州自動車道新設工事(大分県佐伯市大字上岡から宮崎県延岡市北川町長井まで)並びにこれに伴う二級河川及び市道付替工事について国土交通大臣より土地収用法に基づく事業認定が公示される[4]
  • 2013年(平成25年)2月16日蒲江IC - 北浦IC間開通に伴い、供用開始[5]
  • 2014年(平成26年)2月8日佐伯IC - 蒲江IC間の「佐伯トンネル」が貫通[6]。このトンネルは東九州自動車道(北九州〜宮崎間)の68本のトンネルのうちで最後に貫通したものである。平成元年の最初のトンネル貫通から、このトンネルの開通までには26年かかった[6]
  • 2015年(平成27年)
    • 2月19日:佐伯IC - 蒲江IC間で報道関係者を対象にした現地見学会が開催[7][8]
    • 3月21日:佐伯IC - 蒲江IC間開通[9][10]

周辺[編集]

大分県マリンカルチャーセンター

接続する道路[編集]

[編集]

E10 東九州自動車道
(18)佐伯IC/TB - (18-1)佐伯堅田IC - (19)蒲江IC/かまえインターパーク - (19-1)蒲江波当津IC - (20)北浦IC

脚注[編集]

  1. ^ 北から南から-つながる東九州道(21) - 夕刊デイリーWeb ヘッドラインニュース
  2. ^ 蒲江・北浦大漁海道だより
  3. ^ a b かまえインターパーク 海べの市 - 公式ホームページ
  4. ^ 国土交通省告示第八十二号 (PDF) - 国土交通省 平成二十三年二月三日
  5. ^ 東九州道(蒲江〜北浦)開通のお知らせ!! (PDF)”. 国土交通省 佐伯河川国道事務所、延岡河川国道事務所 (2013年1月16日). 2017年4月4日閲覧。
  6. ^ a b 九州地方整備局 - 東九州道(北九州~宮崎間)で最後のトンネルが貫通
  7. ^ “東九州道の佐伯蒲江間で報道向け見学会”. 大分放送. (2015年2月19日). http://www.e-obs.com/news/detail.php?id=02190029333&day=20150219 2015年2月19日閲覧。 
  8. ^ “東九州自動車道佐伯・蒲江間 お披露目”. 日本テレビ. (2015年2月19日). http://www.news24.jp/nnn/news8834494.html 2015年2月20日閲覧。 
  9. ^ 東九州自動車道 佐伯IC〜蒲江ICが平成26年度に開通します - 国土交通省九州地方整備局(平成25年12月25日閲覧)
  10. ^ 東九州自動車道 佐伯IC-蒲江IC 開通のお知らせ 〜大分市と宮崎市が高速道路でつながります!!〜 (PDF) - 国土交通省 九州地方整備局 記者発表資料 平成27年1月15日
  11. ^ 国道388号(小蒲江森崎浦バイパス)バイパス整備 (PDF) - 大分県 2011年9月13日
  12. ^ 国道388号(小蒲江バイパス)バイパス整備 (PDF) - 大分県 2011年9月13日

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]