宇佐海軍航空隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大日本帝国海軍
大日本帝国海軍旗
官衙
海軍省
軍令部
艦政本部
航空本部
外局等一覧
地方組織
鎮守府
警備府
要港部
艦隊
連合艦隊
北東方面艦隊
中部太平洋方面艦隊
南東方面艦隊
南西方面艦隊
第十方面艦隊
支那方面艦隊
海上護衛総司令部
海軍総隊
他作戦部隊
海軍航空隊
海軍陸戦隊
主要機関
学校一覧
歴史・伝統
日本海軍の歴史
日本海軍の軍服
その他
階級一覧
艦艇一覧
兵装一覧
 表示ノート編集履歴 

宇佐海軍航空隊(うさかいぐんこうくうたい)は、現在の大分県宇佐市の柳ヶ浦地区に開隊された大日本帝国海軍航空隊の部隊の一つであり、航空母艦に搭載する艦上爆撃機艦上攻撃機の搭乗員と偵察員の延長教育を実施する航空隊であった。太平洋戦争開戦時には、日本国内で唯一の艦上爆撃機の搭乗員と偵察員の延長教育を行なう航空隊であり、艦上攻撃機の搭乗員と偵察員の延長教育を行なう航空隊としても最大の規模であった。その後、艦上爆撃機と艦上攻撃機の搭乗員と偵察員の延長教育を行なう部隊として、名古屋海軍航空隊と百里原海軍航空隊が開隊されるものの、航空隊の規模としては宇佐海軍航空隊を上回ることはなかった。

太平洋戦争末期の沖縄戦において、保有する航空機と搭乗員において神風特別攻撃隊「八幡護皇(はちまんごおう)隊」を編成して沖縄本島西方沖の連合軍艦艇に特攻攻撃を実施した。

沿革[編集]

ロンドン軍縮条約の期限切れとともに、海軍は戦備の大増強を画策し、通称「マル3計画」を立案した。この中に14個航空隊の増設案が盛り込まれ、爆撃機・攻撃機搭乗員の訓練部隊のひとつとして、大分県宇佐郡柳ヶ浦村に飛行場を建設し、航空隊を設置することが決定した。周防灘に面し、洋上爆撃・雷撃訓練が容易なうえに、呉鎮守府にもほど近く、航空母艦を招いての発着艦訓練も頻繁に実施できた。

  • 昭和14年10月1日 呉鎮守府隷下の実用機訓練部隊として開隊。
  • 昭和14年10月31日 霞ヶ浦海軍航空隊より第47期操縦練習生転入、教育訓練開始。
  • 昭和14年12月1日 呉鎮守府第十二連合航空隊発足、隷下に入る。
  • 昭和14年12月25日 予科練甲飛第2期生入隊。19年12月31日、13期生の転入をもって終了。
  • 昭和15年2月20日 航空母艦龍驤到着、4月20日まで発着艦訓練を実施。
  • 昭和15年4月1日 予科練乙飛第8期生入隊。20年1月3日、18期生の転入をもって終了。
  • 昭和15年4月18日 第32期飛行学生入隊。18年9月、14期生の入隊をもって終了。
  • 昭和16年7月12日 予科練丙飛第2期生入隊。18年11月25日、16期生の入隊をもって終了。
  • 昭和16年10月7日 航空母艦翔鶴瑞鶴航空隊の慣熟訓練開始。11月19日ハワイ作戦のため出撃。
  • 昭和16年12月28日 ハワイ作戦より帰還した航空母艦蒼龍飛龍航空隊到着。1月11日蘭印攻略のため出撃。
  • 昭和17年12月1日 第10期飛行予備学生入隊。19年9月28日、14期生の転入をもって終了。
  • 昭和19年1月25日 予科練特乙第1期生入隊。同年7月30日、3期生の入隊をもって終了。
  • 昭和19年10月31日 第三航空艦隊進出決定。一式陸上攻撃機の離着陸に備えて滑走路拡張工事に着手。
  • 昭和19年11月5日 ガソリン使用停止。代替アルコール燃料が使えない九七式艦上攻撃機の訓練凍結。

         この頃より各地から実用機訓練部隊所属機が集結。

  • 昭和19年12月上旬 陸軍航空隊に施設貸与。飛龍靖国部隊の雷撃訓練を実施。
  • 昭和20年1月14日 アルコール燃料に起因する九六式艦上爆撃機の墜落・出火事故が激増し、九六艦爆の訓練凍結。
  • 昭和20年2月9日 豊橋飛行場より第七〇一海軍航空隊が進出。以後実施部隊が集結。
  • 昭和20年2月16日 特別攻撃隊編成命令が宇佐空に下令。のち「八幡護皇隊」と命名。
  • 昭和20年3月1日 第十航空艦隊新編、十二連空は隷下に入る。
  • 昭和20年3月18日 米艦載機の初空襲を受ける。
  • 昭和20年4月2日 第1八幡護皇隊、串良飛行場に進出。以後、後続隊も進出。
  • 昭和20年4月6日 第1八幡護皇隊36機出撃。生還3機。
  • 昭和20年4月12日 第2八幡護皇隊36機出撃。生還9機。
  • 昭和20年4月16日 第3八幡護皇隊24機出撃。生還3機。
  • 昭和20年4月21日 宇佐海軍航空隊がB-29による初空襲を受ける。飛行場施設壊滅、死者300名以上。柳ヶ浦町内も被害甚大。
  • 昭和20年5月5日 解隊。

以後は乙航空隊の西海海軍航空隊が管轄する航空基地として機能し、第九三一海軍航空隊第二〇三海軍航空隊戦闘三〇三飛行隊が展開した。そのため、米軍による空襲は終戦1週間前の8月8日まで続いた。

宇佐海軍航空隊への空襲[編集]

宇佐海軍航空隊は昭和20年3月18日に米艦載機による初空襲を受けた。宇佐海軍航空隊は同年5月5日付で解隊されたが、宇佐基地に対する空襲は終戦1週間前の8月8日までの間、計11回行なわれた。

  • 昭和20年3月18日 米艦載機による空襲
  • 昭和20年4月21日 B-29による空襲
  • 昭和20年4月26日 B-29による空襲
  • 昭和20年5月7日 B-29による空襲
  • 昭和20年5月10日 B-29による空襲
  • 昭和20年5月13日 米艦載機による空襲
  • 昭和20年5月14日 米艦載機による空襲
  • 昭和20年7月15日 B-24による空襲
  • 昭和20年7月24日 米艦載機による空襲
  • 昭和20年7月28日 米艦載機による空襲
  • 昭和20年8月8日 B-24による空襲

主力機種[編集]

歴代司令[編集]

  • 内田市太郎 大佐:1939年10月1日[1] - 1940年10月15日[2]
  • 松岡知行 大佐:1940年10月15日 -
  • 伊藤良秋 大佐:1942年4月10日 -
  • 三浦艦三 大佐:1943年1月20日 -
  • 山田豊:1943年4月1日 -
  • 山本栄:1943年12月1日 -
  • 浜田武夫:1943年12月25日 -
  • 直井俊夫:1944年7月10日 - 1945年5月5日解隊

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『日本海軍編制事典』(芙蓉書房出版 2003年)
  • 『航空隊戦史』(新人物往来社 2001年)
  • 『日本海軍航空史2』(時事通信社 1969年)
  • 戦史叢書 海軍航空概史』(朝雲新聞社 1976年)
  • 『宇佐海軍航空隊始末記―艦上攻撃機、艦上爆撃機メッカの全貌』(光人社 2005年)
  • 『連合艦隊海空戦戦闘詳報別巻1』(アテネ書房 1996年)
  • 『宇佐航空隊の世界Ⅴ 宇佐細見読本⑪』(豊の国宇佐市塾 2012年)

関連項目[編集]