伊藤良秋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 良秋(いとう よしあき、1893年(明治26年) - 1972年(昭和47年)7月30日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍少将

経歴[編集]

1893年(明治26年)、広島県に生まれる。1912年、旧制修道中学校(現修道中学校・修道高等学校)を卒業[1]。9月9日、海軍兵学校43期に入校。1915年12月16日、同校を卒業し、少尉候補生に任命される。1916年12月1日、少尉任官。1921年12月1日、大尉に昇進。1925年12月、横須賀航空隊分隊長に就任。1927年12月1日、少佐に昇進。1928年12月、横須賀航空隊飛行長に就任。1933年11月、中佐に昇進。1937年12月、霞ヶ浦航空隊教官。1938年4月6日、第十四航空隊副長に就任。11月、大佐に昇進。12月、佐伯航空隊司令に就任。1939年11月、大村航空隊司令に就任。1941年6月、高雄航空隊司令に就任。12月、太平洋戦争が始まり、フィリピンのアメリカ軍飛行場、マニラ湾停泊艦船への爆撃を指揮する。1942年4月、宇佐航空隊司令に就任。1943年1月、霞ヶ浦航空隊司令に就任。1943年8月、第23航空戦隊司令官に就任。ラバウルソロモンの航空戦を指揮した。1943年11月、少将に昇任。1944年10月、第13連合航空隊司令官に就任。1945年5月5日、第三航空艦隊所属の第13航空戦隊司令官に就任。本土決戦に備えるが、8月に終戦。9月15日、予備役に編入[2][3]。1972年7月30日、逝去、享年78。

脚注[編集]

  1. ^ 修道学園中高同窓会名簿第36号49頁
  2. ^ 日本海軍将官辞典254頁
  3. ^ 日本海軍将官総覧49頁

参考文献[編集]

  • 太平洋戦争研究会「日本海軍将官総覧」PHP研究所2010年
  • 福川秀樹「日本海軍将官辞典」芙蓉書房出版2000年

関連項目[編集]