夜明ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
夜明ダム
夜明ダム水門 2006年6月25日
所在地 左岸:福岡県うきは市浮羽町三春字袋野
右岸:大分県日田市夜明字夜明関町
位置 北緯33度20分18秒
東経130度50分43秒
河川 筑後川水系筑後川
ダム湖 名称未定
ダム諸元
ダム型式 重力式コンクリートダム
堤高 15.0 m
堤頂長 223.0 m
堤体積 29,000
流域面積 1,440.0 km²
湛水面積 85.0 ha
総貯水容量 4,050,000 m³
有効貯水容量 790,000 m³
利用目的 発電
事業主体 九州電力
電気事業者 九州電力
発電所名
(認可出力)
夜明発電所
(12,000kW
施工業者 星野組
着工年/竣工年 1952年/1954年
テンプレートを表示
ダム湖(2007年8月)

夜明ダム(よあけダム)は、福岡県うきは市浮羽町三春地先と大分県日田市夜明地先に跨る、筑後川本川に建設された発電専用ダムである。

筑後川の電源開発[編集]

筑後川水系は1913年(大正2年)の女子畑発電所建設以来筑後川(大山川)・玖珠川水力発電所を建設していたが、戦後電力需要の拡大を見越して筑後川中流部の夜明地点にダム式発電所の建設を図った。1952年(昭和27年)より建設に着手し、2年という短期間で完成させた。ダムの型式は重力式コンクリートダム、高さは15.0mである。

昭和28年6月・夜明ダム決壊[編集]

ダム建設中の1953年(昭和28年)6月、梅雨前線の活発化によって筑後川流域は500mm以上の集中豪雨が降り注ぎ、流域は有史以来の大水害である昭和28年西日本水害を経験した。この際にダム地点は上流からの激しい濁流に洗われていたが、遂に両岸の部分から越水・溢流し遂に決壊した。ダム本体も全面決壊とは至らなかったが、設備の一部が破損・流出した。この決壊事故が下流の水害を増幅させたのではないかという指摘が多く出され、翌年福岡県と大分県は共同で「夜明ダム調査報告書」を作成したが、ダム決壊による直接的被害というよりは河川整備の不備が今回の災害を齎したとの結論になった。

近代の日本におけるダム決壊事故の例は1868年(明治元年)の入鹿池決壊事故(入鹿切れ)によって941人が死亡した例とこの夜明ダムの他三例があるが(鉱滓ダムを除く)、これ以降のダム事業に大きな影響を与えた。また、ダム建設によって江戸時代より日田~大川間を結んだ筏運は途絶し、更に1676年に田代重栄によって建設された「筑後川四大取水堰」の一つである袋野堰が水没した。

交通の要衝[編集]

ダム地点は両岸に国道386号国道210号が通過し、大分自動車道JR九州久大本線も通り福岡・佐賀・長崎と大分を結ぶ交通の要衝である。故に山間部であるが交通量は多い。下流には保木公園があり、春には100本のサクラが咲く花見スポットである。ダム湖はカヌー等に利用されている。また1966年の大分国体ではボート競技の会場となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]