西条バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国道2号標識
接続路線
RP2
田万里バイパス
RP2eRP1
広島県道331号
RP2K+l RP2wenRP2 RP2K+r
RP2xRP2 RP2oRP2 RP2xRP2
広島県道32号
RP2Kl RP2wesRP2 RP2Kr
RP2K+l RP2wenRP2 RP2K+r
RP2xRP2 RP2oRP2 RP2xRP2
国道375号御薗宇バイパス
RP2Kl RP2wesRP2 RP2Kr
RP2K+l RP2wenRP2 RP2K+r
RP2xRP4 RP2oRP4 RP2xRP4
広島県道195号
RP2Kl RP2wesRP2 RP2Kr
(←ブールバール→)
RP2K+l RP2wenRP2 RP2K+r
RP2xRP2 RP2oRP2 RP2xRP2
広島県道332号
RP2xRP2 RP2oRP2 RP2xRP2
RP2Kl RP2wesRP2 RP2Kr
RP2K+l RP2wenRP2 RP2K+r
RP2xRP2 RP2uRP2 RP2xRP2
RP2Kl RP2wesRP2 RP2Kr
RP2K+l RP2wenRP2 RP2K+r
RP2oW RP2oW RP2oW
七ツ池
RP2nRP2 RP2oRP2 RP2nRP2
広島県道67号
tRP4ae
RP2K+l RP2wenRP2 RP2K+r
八本松IC
RP2eRP2 RP2nwRP2 RP2oRP2 RP2rf
国道2号 国道486号
広島県道83号
tRP2
安芸バイパス
西条バイパス(七ツ池ランプ付近)

西条バイパス(さいじょうバイパス)は、広島県東広島市街地西条町内)の慢性的な交通混雑の解消及び、交通安全の確保を目的として計画された、広島県東広島市西条町から同市八本松町に至る延長11.3km国道2号バイパスである。

概要[編集]

全線にわたって原動機付自転車及び125 cc以下の自動二輪車での通行が可能だが、早稲木交差点から終点までは七ツ池ランプを除き歩道が設置しておらず、全てインターランプ形式の立体交差であり自動車専用道路的な風格を有している。

  • 起点:東広島市西条町上三永(国道2号田万里バイパスと接続)
  • 終点:東広島市八本松町宗吉(国道2号安芸バイパスと接続)
  • 延長:11.3 km(バイパス部区間:8.5 km)
  • 規格:第3種第1級
  • 設計速度:80 km/h(現道拡幅区間:60 km/h)
  • 制限速度:60 km/h(全線)
  • 道路幅員
    • バイパス部区間:40.0 m
    • 現道拡幅区間:25.0 m
  • 車線幅員:3.5 m
  • 車線数:4車線(暫定2車線
  • 最高速度:60 km/h

現在、バイパス部区間の8.5 kmが暫定2車線で供用されている。

当該道路の位置関係[編集]

交差する道路[編集]

交差する道路 交差する場所 大阪から
(km)
国道2号田万里バイパス福山三原方面
県道331号下三永吉川線 -
県道32号安芸津下三永線 東広島駅入口(北) 東広島駅入口
国道375号御薗宇バイパス 御薗宇
東広島市道土与丸御薗宇線(旧国道375号) 道照 300.5
県道195号西条停車場線ブールバール 御薗宇ランプ
県道332号吉川西条線 下見北 下見南
県道67号馬木八本松線 七ツ池
国道2号 岩国広島八本松方面
国道486号
県道83号志和インター線
八本松IC
国道2号安芸バイパス

沿革[編集]

  • 1974年昭和49年) : 事業化
  • 1975年(昭和50年) : 下三永 - 宗吉(バイパス部区間)都市計画決定
  • 1978年(昭和53年) : 用地着手
  • 1980年(昭和55年) : 工事着手
  • 1985年(昭和60年)12月 : (市)御薗宇上三永線 - ブールバール (2.6km) 暫定2車線供用
  • 1987年(昭和62年)1月 : 上三永 - 下三永(現道拡幅区間)都市計画決定
  • 1988年(昭和63年)3月 : ブールバール - (都)上寺家下見線 (L=0.9km) 暫定2車線供用
  • 1993年平成5年)4月 : (都)上寺家下見線 - 八本松町宗吉 (5.0km) 暫定2車線供用により、バイパス部区間の全線開通
  • 2002年(平成14年)12月 : (都)田口下三永線との立体交差完成
  • 2012年(平成24年)2月末 : 現道拡幅区間(上三永 - 下三永:2.8 km)の完成4車線供用

今後の見通し[編集]

  • 未定

交通量[編集]

2005年度(平成17年度道路交通センサスより)
平日24時間交通量(台)

  • 東広島市西条町下三永上組(現道拡幅部):26,404
  • 東広島市西条町御薗宇早稲木(バイパス部):21,549
  • 東広島市西条町寺家切川(バイパス部):25,633

備考[編集]

  • 暫定2車線で供用したものの交通量は交通容量を上回っている。特に(市)土与丸御薗宇線と平面交差する道照交差点は主要渋滞ポイントとなっている。バイパス部の早期4車線化が求められている道路である。
  • 渋滞の激しい道照交差点の立体交差化が検討されている。
  • 2020年度、寺家地区に、道の駅西条が造られる予定である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]