市川橋 (兵庫県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
市川橋
Ichikawa river 06.jpg
市川橋北側西岸
基本情報
日本の旗 日本
所在地 姫路市東郷町 - 花田町一本松
交差物件 市川
建設 竣工:1941年(昭和16年)
座標 北緯34度49分37.4秒 東経134度43分4.3秒 / 北緯34.827056度 東経134.717861度 / 34.827056; 134.717861
構造諸元
形式 ゲルバー橋
材料 コンクリート
全長 246m
9m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

国道2号標識 市川橋(いちかわばし)は、兵庫県姫路市市川にかかり、姫路市東郷町と同市花田町一本松を結ぶ国道2号の橋である。

概要[編集]

江戸時代は、市川には橋が架けられず、渡し船で川を渡っていた。1875年明治8年)に木橋が架けられ、1908年(明治41年)6月、一本松より東郷町へ通じる国道に延長490m余の鉄橋が架けられた。その鉄橋は、当時兵庫県下で最長の橋であった[1]。現在の橋は、1941年昭和16年)内務省によって架け替えられた。橋長246m、全幅9m、11径間のRCゲルバー橋である[2]。付近に市川を渡る橋が少ないため、渋滞しやすい。

橋西側には、国道2号に沿って市川橋通の地名がある。

交通機関[編集]

市川橋通[編集]

国道2号の市川橋西詰交差点〜姫路天神前交差点間の両側に位置する地名である。2丁目まである。姫路天神前交差点では国道312号と接続しており、また兵庫県道516号姫路環状線の起点・終点でもある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 柳沢忠 (1982年8月). “船場川の流れ (pdf)”. p. 69. 2013年12月31日閲覧。
  2. ^ 杉山勝. “国道2号 市川橋橋梁補修工事”. 2013年12月27日閲覧。

外部リンク[編集]