岩田橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国道23号標識

岩田橋(いわたばし)は、三重県津市岩田川に架かる国道23号伊勢街道)のである。

歴史・概要[編集]

初めて岩田橋が架橋された時期は不明であるが、江戸時代初期には木橋が架けられ、欄干が擬宝珠で装飾されていた。「参宮道中の橋に擬宝珠をつけたのは、瀬田の唐橋とこの岩田橋以外には天下にない」といわれていた。当時の橋の大きさは 三間(約5.4m)、長さ 三十六間(約65m)だった。

その後、何度か架け替え工事が行われたが、擬宝珠はその都度流用され、戦災で焼失するまで使用された。残った擬宝珠は津市が保管している。

現在の橋は1960年昭和35年)に架け替えられ、その後車線が拡張されている。

沿線風景[編集]

岩田橋以北は省庁、本社支店などが存在し幅員50mの8車線道路である。また、橋の北詰には津市内唯一の百貨店津松菱がある。南詰西には百五銀行本店ビルがある。以南は中小商店などが存在している。

関連項目[編集]

座標: 北緯34度42分52秒 東経136度30分33秒 / 北緯34.714348度 東経136.509054度 / 34.714348; 136.509054