三重県道8号四日市鈴鹿環状線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 8.svg
三重県道8号標識
三重県道8号 四日市鈴鹿環状線
主要地方道 四日市鈴鹿環状線
地図
Mie Prefectural route 8 Yokkaichi-suzuka Ring Line.png
総延長 29.5713 km[1]
実延長 29.0694 km[1]
制定年 1977年(昭和52年)[1]
起点 四日市市[2]地図
終点 鈴鹿市[2]地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0001.svg 国道1号
Japanese National Route Sign 0365.svg 国道365号
Japanese National Route Sign 0447.svg 国道477号
Japanese National Route Sign 0023.svg 国道23号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

三重県道8号四日市鈴鹿環状線(みえけんどう8ごう よっかいちすずか かんじょうせん)は、三重県四日市市から鈴鹿市までを結ぶ県道主要地方道)である。

概要[編集]

四日市市と鈴鹿市の市街地を結ぶ重要路線である[3]

概ね片側1車線道路だが、四日市市笹川付近・同市采女付近等では、対向するのも厳しい狭道がある。さらに大字茂福の北部では乗用車一台分の幅しかなく大型車は通行不能。また、鈴鹿市神戸付近も道幅が狭く、一方通行区間がある。各所で改良が進められ、四日市市波木町から四日市市采女町の間で事業が行われる予定である[4]

路線データ[編集]

2016年(平成28年)4月1日現在[1]

  • 総延長:29.5713 km[1]
    • 実延長:29.0694 km[1]
    • 重用延長:0.5019 km[1]
  • 橋梁:37本(総延長:1.0543 km)[1]
  • 起点:四日市市東富田町1017-17番地先[1] - 近鉄富田駅口交差点=国道1号交点
  • 終点:鈴鹿市北玉垣町字細田1660の4番地先[1] - 北玉垣町交差点=国道23号交点

歴史[編集]

  • 1977年(昭和52年)3月18日 - 三重県道8号四日市環状線として路線認定される[2]
  • 1982年(昭和57年)4月2日 - 三重県道8号四日市鈴鹿環状線に改称する[5]
  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、県道白石川崎線の一部・県道宮城川崎線の一部が蔵王川崎線として主要地方道に指定される[6]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

利用状況[編集]

交通量[7]
地点 平日12時間 平日24時間
2005年度2010年度 2005年度2010年度
四日市市富田一丁目 4,226台⇒ 3,773台 5,156台⇒ 5,056台
四日市市垂坂新町 8,313台⇒ 7,059台 10,807台⇒ 9,388台
四日市市青葉町 14,606台⇒13,389台 18,988台⇒17,807台
四日市市波木町 2,559台⇒11,296台 3,122台⇒15,024台

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

支線
  • 国道1号(四日市市釆女町)
  • 三重県道8号四日市鈴鹿環状線 現道(鈴鹿市木田町)

沿線にある施設など[編集]

別名[編集]

  • あさけ通り(四日市市)
  • 伊勢街道(四日市市、鈴鹿市)
  • 伊勢参宮街道(四日市市、鈴鹿市)
  • 旧国道23号(四日市市、鈴鹿市)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 三重県 2016, p. 36.
  2. ^ a b c 三重県"昭和52年三重県告示第163号"昭和52年3月18日.
  3. ^ 三重県鈴鹿建設事務所"鈴鹿建設事務所/主要事業個表"(2012年6月24日閲覧。)
  4. ^ 三重県四日市建設事務所"平成24年度道路事業計画"(2012年6月24日閲覧。)
  5. ^ 三重県"昭和57年三重県告示第188号"昭和57年4月2日.
  6. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  7. ^ 国土交通省"平成22年度道路交通センサス 一般交通量調査 箇所別基本表"(2012年6月24日閲覧。)

参考文献[編集]

  • 『路線認定調書 平成28年4月1日』三重県、2016年、94頁。

関連項目[編集]