豊川橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国道23号標識
豊川橋(国道23号)

豊川橋(とよがわはし)とは、愛知県豊橋市豊川に架かる橋で、国道23号豊橋バイパスの一部である。

概要[編集]

元々は日本道路公団が管理する有料道路であったが、現在は無料で通行できる。料金徴収期間中は上流の渡津橋・前芝大橋に迂回する車両が多かったため交通量がさほど多くなかったが、無料開放後、交通量が激増したため両端の交差点を先頭に渋滞する事が多くなった。そのため、暫定2車線の時代には交差点の信号サイクルを変更したり、立体交差化、3車線化(上り線(豊橋方面)1車線、下り線(名古屋方面)2車線)が進められていた。有料道路時代、普通車の通行料は200円であった。

沿線風景[編集]

前芝(国道23号原道との交点より)の信号を過ぎ、上り坂を上ると、右側に三河湾が見え、左側に豊川が見える。やがて進んでいくと、防音壁があり、料金所跡を通過。豊川橋南ICにて終点(バイパスと市道との分岐)となる。

区間[編集]

  • 起点:愛知県豊橋市神野新田町
  • 終点:愛知県豊橋市前芝町
    • 全長:2.8km
    • 車線数:4車線

沿革[編集]

豊川架橋の他の橋[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯34度46分39.1秒 東経137度19分57.3秒 / 北緯34.777528度 東経137.332583度 / 34.777528; 137.332583