衣浦豊田道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

衣浦豊田道路(きぬうらとよたどうろ)は、愛知県豊田市から同県碧南市を結ぶ地域高規格道路である。そのうち豊田市生駒町から知立市新林町間の約4.3km有料道路となっている。有料道路区間は愛知道路コンセッションが管理[1]している。

豊田市にある仮出入口

概要[編集]

碧南市高浜市刈谷市知立市及び豊田市を縦貫し、衣浦港(衣浦臨海工業地帯)と西三河内陸工業地帯を結ぶ主要幹線道路である。合併施行方式で建設され、一部区間を道路整備特別措置法による有料道路で供用している。

路線データ[編集]

全区間
有料区間
  • 起点 : 豊田市生駒町東山(生駒IC
  • 終点 : 知立市新林町茶野(新林IC
  • 計画延長 : 4.3km
  • 幅員 : 19.5m
  • 車線数 : 4車線
  • 設計速度 : 80km/h
  • 道路建設費 : 235.1億円
  • 料金徴収期間 : 2004年3月6日 - 2034年3月5日[2]

構成道路[編集]

歴史[編集]

インターチェンジなど[編集]

IC番号 施設名 接続路線名 起点から
km
備考 所在地
新林IC 国道23号知立バイパス西中IC)、国道419号 知立市
牛田IC 国道1号
牛田TB
八橋IC 牛田方面の出入りのみ
生駒IC 国道155号豊田南バイパスE1A伊勢湾岸自動車道豊田南IC 豊田市
仮出入口 国道155号豊田南バイパス(E1A伊勢湾岸自動車道豊田南IC)

通行料金[編集]

料金表
車種 車種詳細 料金:単位(円)
全線利用 生駒 - 牛田 牛田 - 新林
普通車 小型乗用自動車
小型貨物自動車
普通乗用自動車
けん引自動車(けん引自動車が軽自動車で被けん引車が1軸)
200 100 100
中型車 普通貨物自動車(総重量8トン未満・最大積載5トン未満・3軸以下)
マイクロバス
けん引自動車(けん引自動車が軽自動車で被けん引車が2軸以上)
けん引自動車(けん引自動車が小型乗用及び普通乗用で被けん引車が1軸)
260 100 160
大型車 中型バス(8トン以上・9m以下・29人以下)
定期路線バス
普通貨物自動車(総重量8トン以上又は最大積載5トン以上・3軸以下)
普通貨物自動車(総重量25トン以下・4軸)
けん引自動車(小型・普通+2軸以上、普通貨物+1軸)
360 150 210
特大車 観光バス
普通貨物自動車(4軸以上)
大型特殊自動車
560 250 310
軽自動車 軽自動車
自動二輪車(125cc超)
150 50 100
軽車両 原動機付自転車(50cc超125cc以下) 20 10 10
  • 通行できない車両:小型特殊自動車、50cc以下の原動機付自転車、軽車両(自転車を含む)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 計画路線のうち、事業着手に向けて、都市計画決定手続き、環境影響評価手続き、予備設計等を進める区間。
  2. ^ 計画路線のうち、ルート選定、整備手法、都市計画、環境影響評価等の調査を進める区間。

出典[編集]

  1. ^ a b “愛知県有料道路運営等事業 公共施設等運営権実施契約の主な内容” (プレスリリース), 愛知県道路公社, (2016年8月31日), http://www.aichi-dourokousha.or.jp/wp-content/uploads/2016/08/2-gaiyou-shuusei.pdf 2016年9月9日閲覧。 
  2. ^ 経営計画【H23~H27】[リンク切れ]、愛知県道路公社、2011年7月、2頁
  3. ^ 地域高規格道路、愛知県建設部道路建設課
  4. ^ 衣浦豊田道路「有料道路区間」が3月6日(土)16時30分開通![リンク切れ]、刈谷市広報紙「市民だより」2004年2月15日号(No.1856)、12頁

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]