南勢バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般国道

Japanese National Route Sign 0023.svg国道42号標識

南勢バイパス
国道23号バイパス
路線延長 31.3 km
開通年 1975年
起点 三重県松阪市小津町
小津町交差点
主な
経由都市
松阪市、伊勢市
終点 三重県伊勢市宇治浦田町
中村町交差点
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0023.svg中勢バイパス
Japanese National Route Sign 0042.svg国道42号
伊勢自動車道
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
南勢バイパス(伊勢市楠部町)

南勢バイパス(なんせいバイパス)は、三重県松阪市から伊勢市にかけて市街地を迂回する国道23号バイパス。起点の松阪市小津町交差点から伊勢市通町I.Cまでは国道42号が重複している。

伊勢神宮を初めとする伊勢志摩への観光客で賑わう同区間の混雑解消を目的に建設された。年末年始等のパークアンドバスライド実施期間中は、内宮周辺区間でシャトルバス専用レーンが設けられる[1]

1970年(昭和45年)に事業化され、1975年暫定2車線で開通した。ほぼ全線が平面供用であるが、1994年(平成6年)には全線4車線化が完了し、2001年(平成13年)には伊勢地区の6車線化が完了している。

概要[編集]

  • 起点 三重県松阪市小津町(小津交差点)
  • 終点 三重県伊勢市宇治浦田町(中村町交差点)
  • 全長 31.3km
  • 車線数 4車線(松阪地区、伊勢地区は6車線)

接続するバイパス[編集]

利用状況[編集]

交通量[2]
地点 平日12時間 平日24時間
2005年度2010年度 2005年度2010年度
松阪市大平尾町 30,594台⇒26,447台 41,914台⇒35,796台
多気郡明和町大淀 25,223台⇒21,992台 34,443台⇒29,595台
伊勢市御薗町長屋 36,515台⇒34,879台 50,026台⇒47,087台
伊勢市黒瀬町 22,534台⇒21,908台 30,872台⇒25,194台
伊勢市中村町 5,516台⇒ 5,478台 6,558台⇒ 6,301台

脚注[編集]

  1. ^ 川原田喜子「パーク&バスライドで伊勢参り 年末年始の交通規制」中日新聞2015年12月30日付朝刊、三重版12ページ
  2. ^ 国土交通省"平成22年度道路交通センサス 一般交通量調査 箇所別基本表"(2016年2月22日閲覧。)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]