愛知御津駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
愛知御津駅*
駅舎(2006年10月)
駅舎(2006年10月)
あいちみと
Aichi-Mito
西小坂井 (3.7km)
(3.1km) 三河大塚
所在地 愛知県豊川市御津町西方松本
所属事業者 JR logo (central).svg東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 東海道本線
キロ程 302.1km(東京起点)
電報略号 アミ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
1,376人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1888年明治21年)9月1日[1]
備考 駅員無配置駅(自動券売機 有)
集中旅客サービスシステム導入駅
* 1948年に御油駅から改称。
テンプレートを表示

愛知御津駅(あいちみとえき)は、愛知県豊川市御津町西方松本にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線である。

概要[編集]

開業当時の駅名は、東海道本線の当初の敷設計画の経由地(旧東海道沿い)であり、駅設置予定地であった宝飯郡御油町(現豊川市内)の地名をそのまま採用し「御油駅」とした。のちに開業した愛知電気鉄道線(現名鉄名古屋本線)の御油駅は、当初「本御油駅」と命名された。

その後、「御津」、「三河御津」などの駅名変更が検討されたが、御津だけでは茨城県水戸駅と混同の恐れがあり、また旧国名をつける三河御津も、当時は三河大塚駅が存在しておらず三河三谷駅が隣接していたため、混同(「みかわみや」と「みかわみと」で一字違い)を防ぐため旧国名の「三河」ではなく県名の「愛知」の冠称を用いた。現在でも西側にある踏切の名は「御油踏切」で、当時を偲ばせている。

明治末期には、豊川鉄道御油支線が計画されたが、結局建設されなかった。

豊川市内のJR路線は飯田線のみであったが、旧宝飯郡御津町との市町村合併により、東海道本線に駅を持つこととなった。

歴史[編集]

駅構造[編集]

構内

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅。単式ホーム(1番線)が上り列車専用、島式ホーム外側(3番線)が下り列車専用である。島式ホームの内側(2番線)は上下共用の中線となっており、主にラッシュ時の下り普通列車の待避線として使用されている。また、島式ホームの更に外側には留置線を有している。駅舎は単式ホームに接し、島式ホームとは跨線橋で連絡している。

豊川駅が管理する無人駅である。

駅舎内には自動券売機TOICA非対応)が1台、簡易型自動改札機TOICA対応)が設置されている。改札内にトイレがある。かつて改札外に東海キヨスクがあったが、現在は閉店している。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 東海道本線 上り 豊橋浜松方面[4]  
2 待避列車のみ
下り 岡崎名古屋方面[4]
3  

利用状況[編集]

「豊川市の統計」によると、 1日あたりの乗車人員は以下の通りである。

  • 2002年度 - 1,544人
  • 2003年度 - 1,484人
  • 2004年度 - 1,411人
  • 2005年度 - 1,400人
  • 2006年度 - 1,357人
  • 2007年度 - 1,342人
  • 2008年度 - 1,350人
  • 2009年度 - 1,317人
  • 2010年度 - 1,319人
  • 2011年度 - 1,299人
  • 2012年度 - 1,332人
  • 2013年度 - 1,366人
  • 2014年度 - 1,328人
  • 2015年度 - 1,376人

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

2010年4月より御津地区福祉乗合タクシーが運行されていたが、市内バス路線再編により2011年11月から「豊川市コミュニティバス」となった。

  • 御津線(あかね児童館 - 愛知御津駅 - 御津支所 - 国府駅) ※一部の便は市役所まで直通
  • 赤根・大草線(愛知御津駅前 - 御津支所 - 福祉保健センター - あかね児童館前 - みなと住宅 - 愛知御津駅前) ※月・水・金曜運行
  • 金野・豊沢線(愛知御津駅前 - 御津支所 - 福祉保健センター - 熊野神社前 - 福祉保健センター - 御津支所 - 愛知御津駅前) ※月・水・金曜運行
  • 下佐脇・御馬線(愛知御津駅前 - 下佐脇新屋 - 御馬地区市民館 - 福祉保健センター - 御津支所 - 愛知御津駅前) ※火・木・土曜運行
  • 上佐脇・広石線(愛知御津駅前 - 東新屋集会所前 - 県営広石住宅前 - 福祉保健センター - 御津支所 - 愛知御津駅前) ※火・木・土曜運行

かつては、豊橋鉄道バス、名鉄バスの御津駅前バス停があったが、豊橋鉄道バスは1979年、名鉄バスは1988年に路線廃止となっている。

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道
東海道本線
特別快速・新快速・快速
通過
区間快速・普通
西小坂井駅 - 愛知御津駅 - 三河大塚駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「TOPIC PHOTOS」、『鉄道ピクトリアル』第38巻第12号、電気車研究会、1988年12月号、 92頁。
  2. ^ 「運輸省告示第193号」『官報』1948年7月19日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ a b 東海道本線 集中旅客サービスシステムの使用開始について (PDF)”. 東海旅客鉄道 (2017年9月5日). 2017年9月5日閲覧。
  4. ^ a b 駅構内の案内表記。これらはJR東海公式サイトの各駅の時刻表で参照可能(駅掲示用時刻表のPDFが使われているため。2015年1月現在)。

関連項目[編集]