御津山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
御津山
御津山
御津山
標高 94.8 m
所在地 日本の旗 日本
愛知県豊川市御津町広石
位置 北緯34度49分06.5秒
東経137度18分42.7秒
座標: 北緯34度49分06.5秒 東経137度18分42.7秒
御津山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

御津山(みとやま)は、愛知県豊川市御津町にある標高94.8mのである。

概要[編集]

山全体が、三河湾国定公園内にある。頂上には御津山遊園地が存在し、展望台があって御津町を見渡せる。山麓には、徳川ゆかりのである、御津山大恩寺がある。そのため別名大恩寺山とも呼ばれる。

第二次世界大戦中は、頂上に大砲がありB-29を撃ち落としていた。頂上にある大きな石碑は、戦時中に死去した人々の名を板に書いて保存したものである。

山を登っていくと、山の展望台にたどりつく前に、コンクリートで封鎖されている防空壕がある。

国定公園の面積は、5,000m2。園内に150本のが植えられていて、桜の名所としても知られる。

交通手段[編集]