この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

大垣西濃信用金庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大垣西濃信用金庫
THE OGAKI SEINO SHINKIN BANK
Oogakiinyoukinko1.jpg
本店
種類 信用金庫
本店所在地 日本の旗 日本
岐阜県大垣市恵比寿町1丁目1番地
設立 1924年大正13年)12月23日
業種 金融業
法人番号 1200005004297
金融機関コード 1531
事業内容 協同組織金融機関
代表者 西脇史雄(会長)
栗田順公(理事長
従業員数 639人
(2016年1月11日現在)
外部リンク 大垣西濃信用金庫
テンプレートを表示
大垣西濃信用金庫のデータ
法人番号 1200005004297
店舗数 47店舗
貸出金残高 3,280億円
預金残高 7,140億円
特記事項:
(2016年1月11日現在)
テンプレートを表示

大垣西濃信用金庫(おおがきせいのうしんようきんこ、英語THE OGAKI SEINO SHINKIN BANK)は岐阜県大垣市に本店を置く信用金庫である。

概要

岐阜県内の信用金庫のなかでは、岐阜信用金庫東濃信用金庫に次ぐ規模を誇る。

2016年1月12日、大野町に本店を置く西濃信用金庫合併大垣西濃信用金庫として発足した[1][2]。旧大垣信金本部を本部、旧西濃信金本部をみずほ本部とする2本部体制とした。また当面店舗体制は現状を維持するが、重複地域での統廃合は検討すると報じられている[3][4]

沿革

  • 1924年(大正13年)12月23日 - 大垣信用組合として設立。
  • 1951年(昭和26年)10月 - 信用金庫に転換、大垣信用金庫(おおがきしんようきんこ)に改組。
  • 1957年(昭和32年)8月 - 関連会社である大信土地(現・サンエス商事)を設立。
  • 1959年(昭和34年)6月 - 新本店竣工。
  • 1984年(昭和59年)3月 - 本部新築移転。
  • 1986年(昭和61年)5月 - 関連会社であるだいしんビジネスサービスを設立。
  • 1988年(昭和63年)10月 - 関連会社である恵比寿商事を設立。
  • 1989年(平成元年)11月 - 財団法人だいしんグリーン財団を設立。
  • 2016年(平成28年)1月12日 - 西濃信用金庫と合併し大垣西濃信用金庫発足[5]

営業エリア

営業エリアは岐阜県、愛知県、三重県と3県にわたっているが、店舗は岐阜県以外では愛知県に2店舗のみで、三重県には開設されていない。

岐阜県

大垣市岐阜市羽島市各務原市関市(旧武儀郡を除く)、瑞穂市本巣市海津市安八郡不破郡養老郡羽島郡揖斐郡本巣郡

愛知県

一宮市稲沢市清須市北名古屋市西春日井郡

三重県

桑名市多度町(旧桑名郡多度町地区)

脚注

  1. ^ “県南西部の2信金合併”. NHKNEWSWEB 岐阜県のニュース. (2015年1月9日). http://www3.nhk.or.jp/lnews/gifu/3084567341.html?t=1420804814500 2015年1月9日閲覧。 
  2. ^ 「大垣信金と西濃信金、合併へ」『日本経済新聞電子版』 2015年1月9日
  3. ^ “大垣西濃信金誕生 大垣と西濃両信金合併”. 岐阜新聞Web (岐阜新聞社). (2016年1月13日). http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20160113/201601130854_26508.shtml 2016年1月17日閲覧。 
  4. ^ “大垣西濃信金が発足 「合併で地域密着深化」栗田理事長”. 日本経済新聞電子版 (日本経済新聞社). (2016年1月13日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO96028500S6A110C1L91000/ 2016年1月17日閲覧。 
  5. ^ “大垣西濃信金:誕生セレモニー”. 毎日新聞 中部朝刊いりゃっせ名古屋 (毎日新聞社). (2016年1月13日). オリジナル2016年4月9日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20160409210921/http://mainichi.jp/articles/20160113/ddq/008/020/004000c 2016年4月10日(JST)閲覧。 

関連項目

外部リンク