OMS戯曲賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

OMS戯曲賞(おーえむえす ぎきょくしょう)は、大阪ガスが主催する戯曲の賞。次代を担う新たな劇作家の発掘と同時に、既に評価のある中堅劇作家への刺激も兼ねて、過去に受賞歴のある作家も選考の対象にしており、関西発信の戯曲賞として全国的に注目を集めている[1][2]

OMS戯曲賞[編集]

OMS(扇町ミュージアムスクエア)10周年記念事業の一環として1994年に創設された[3]。 前年に書き下ろし上演された作品を対象に、大賞、佳作をそれぞれ1本ずつ選び[注 1]、受賞作(大賞・佳作)と選評、選考過程を収録した本を出版する。賞金は、大賞30万円(1名)、佳作10万円(通常1名)。大賞受賞作品を受賞翌年度の3月末日までに再演する場合には、追加で50万円を助成する[4]

受賞作品一覧[編集]

受賞者名の後の()内は上演団体名 [5]

  • 第2回(1995年) 応募数 46篇
  • 第4回(1997年) 応募数 73篇
    • 大賞 - 「ここからは遠い国」岩崎正裕(199Q太陽族)
    • 佳作 - 「鈴虫のこえ、宵のホタル」花田明子三角フラスコ
  • 第5回(1998年) 応募数 67篇
    • 大賞 - 「滝の茶屋のおじちゃん」蟷螂襲(PM/飛ぶ教室)
    • 佳作 - 「パノラマビールの夜」久野那美箱の階
  • 第8回(2001年) 応募数 74篇
    • 大賞 - 「ひとよ一夜に18片」樋口美友喜(劇団Ugly duckling)
    • 佳作 - 「祭りの兆し」山岡徳貴子魚灯
  • 第12回(2005年) 応募数 73篇
  • 第14回(2007年) 応募数 60篇
  • 第16回(2009年) 応募数 54篇
    • 大賞 - 「山の声」大竹野正典(くじら企画)
    • 佳作 - 「裏山の犬にでも喰われろ!」土橋淳志A級MissingLink
  • 第19回(2012年) 応募数49編
    • 大賞 - 「留鳥の根」稲田真理(伏兵コード
    • 佳作 - 「限定解除、今は何も語れない」土橋淳志(A級MissingLink)
  • 第20回(2013年) 応募数58編
  • 第21回(2014年)応募数50編
    • 大賞 - 「或いは魂の止まり木」土橋淳志(A級MissingLink)
    • 佳作 - 「夜の素」田中遊正直者の会
  • 第24回(2017年)応募数53編
  • 第25回(2018年)応募数50編
    • 大賞 - 「同郷同年」くるみざわしん(光の領地)
    • 佳作 - 「あ、カッコンの竹」山本正典コトリ会議
  • 第26回(2019年)応募数48編

主催者[編集]

  • 第1回 - 第10回 - 株式会社アーバネックス(大阪ガスグループ)
  • 第11回 - 現在 - 大阪ガス株式会社

事務局の運営[編集]

  • 第1回 - 第11回 - 株式会社ラネットワーク(大阪ガスグループ)
  • 第12回 - 現在 - 大阪ガスビジネスクリエイト株式会社

ハイスクールOMS戯曲賞[編集]

次代の劇作家育成の一環として2012年に新設された。大阪府内に在住または府内の高校等に在学する高校生によるオリジナル戯曲で、前年に上演された作品を対象とする。賞と賞品は、優秀賞 図書カード3万円(1名)、佳作 図書カード1万円(1名)。

受賞作品一覧[編集]

  • 第3回(2014年) 応募数 18篇
    • 優秀賞 - 「八月のロブスター」小野明日香(清教学園高等学校2年)
    • 佳作 - 「迷・マインド (まい・まいんど)」同志社高等学校演劇部 代表者:阿部友香、中川結友(同志社高等学校3年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 最終選考の結果、大賞該当作品なしの場合もあり、第14回は佳作が1作品のみ、第26回は佳作が3作品となる。

出典[編集]

  1. ^ OMS戯曲賞とは”. 大阪ガス. 2019年10月2日閲覧。
  2. ^ メセナアワード 2011 演劇ともしび賞”. 公益社団法人 企業メセナ協議会. 2019年10月2日閲覧。
  3. ^ 関西発の劇 才能発掘25年 OMS戯曲賞に新選考委員”. 日本経済新聞 (2019年4月26日). 2019年10月2日閲覧。
  4. ^ OMS戯曲賞 募集要項”. 大阪ガス. 2019年10月2日閲覧。
  5. ^ OMS戯曲賞 これまでの受賞作”. 大阪ガス. 2019年10月2日閲覧。
  6. ^ “大賞作品なし、佳作3作品同時受賞の大波乱~「第26回OMS戯曲賞」授賞式&公開選評会レポート”. SPICE (イープラス). (2019年12月25日). https://spice.eplus.jp/articles/263066 2021年3月7日閲覧。 
  7. ^ 山本正典に大賞 OMS戯曲賞”. 中日新聞 (2020年12月22日). 2021年3月7日閲覧。

外部リンク[編集]