江戸川台駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:東口・西口(最新の駅名看板・駅全景)の画像提供をお願いします。2019年12月
江戸川台駅
Edogawadai Eki Nisiguti 2.jpg
西口(2013年12月20日
えどがわだい
Edogawadai
TD 19 運河 (1.9 km)
(1.7 km) 初石 TD 21
千葉県流山市江戸川台東一丁目3番地
北緯35度53分51秒 東経139度54分36.3秒 / 北緯35.89750度 東経139.910083度 / 35.89750; 139.910083座標: 北緯35度53分51秒 東経139度54分36.3秒 / 北緯35.89750度 東経139.910083度 / 35.89750; 139.910083
駅番号 TD20
所属事業者 東武鉄道
所属路線 野田線
(東武アーバンパークライン)
キロ程 35.1 km(大宮起点)
電報略号 エド
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
19,748人/日
-2021年-
開業年月日 1958年昭和33年)2月16日
テンプレートを表示
西口駅前ロータリー(2012年12月11日)
東口(2012年4月28日)

江戸川台駅(えどがわだいえき)は、千葉県流山市江戸川台東一丁目にある、東武鉄道野田線(東武アーバンパークライン)のである。駅番号TD 20

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅で、橋上駅舎を有する。東口・西口および各ホームとコンコースを連絡するエスカレーターエレベーターが各1基設置されている。トイレは改札内コンコース部にあり、多機能トイレを併設する。かつては各出口階段横に連絡する車椅子用のスロープが存在していたが、エレベーター設置工事の際に移設され、整備完了後にエレベーターまでの通路に転用された。

駅舎内には自動券売機自動改札機公衆電話があり、売店パン屋なども出店している。

かつての駅舎は各ホーム毎に設置され、跨線橋構内踏切など改札内での各ホーム間の連絡手段は存在しない珍しい形態の駅であった。

当駅は複線区間にありながら、信号機の閉そく割りの関係で、出発相当となる閉そく信号機が無い。発車の際の喚呼は、知らせ灯・ブザー合図・次駅停車確認のみである。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 TD 東武アーバンパークライン 上り 野田市春日部大宮方面
2 下り 流山おおたかの森船橋方面
画像

利用状況[編集]

2021年度の1日平均乗降人員19,748人である[2]

近年の1日平均乗降・乗車人員の推移は下表のとおりである。

年度別1日平均乗降・乗車人員
年度 1日平均
乗降人員[3]
1日平均
乗車人員[4]
1985年(昭和60年) 13,770
1990年(平成02年) 16,428
1995年(平成07年) 16,522
2000年(平成12年) 15,249
2001年(平成13年) 29,790 14,915
2002年(平成14年) 29,102 14,564
2003年(平成15年) 28,746 14,368
2004年(平成16年) 28,266 14,116
2005年(平成17年) 27,746 13,812
2006年(平成18年) 27,492 13,591
2007年(平成19年) 27,501 13,587
2008年(平成20年) 26,879 13,292
2009年(平成21年) 25,890 12,827
2010年(平成22年) 25,176 12,477
2011年(平成23年) 24,655 12,285
2012年(平成24年) 24,883 12,386
2013年(平成25年) 25,161 12,516
2014年(平成26年) 24,446 12,160
2015年(平成27年) 24,393 12,137
2016年(平成28年) 24,361 12,151
2017年(平成29年) 24,425 12,187
2018年(平成30年) 24,345 12,148
2019年(令和元年) 24,035
2020年(令和 2年) 18,270
2021年(令和 3年) 19,748

駅周辺[編集]

江戸川台駅前商店街(東口駅前)

東口・西口駅前にはロータリーが整備されている。駅東側には商店街が広がる。西側には千葉県道5号松戸野田線流山街道が走り、南側には常磐自動車道流山インターチェンジ柏インターチェンジ)が走る。

西口[編集]

流山市江戸川台西富士見台中野久木美原方面

東口[編集]

流山市江戸川台東こうのす台柏市西原・みどり台方面

バス路線[編集]

流山駅流山おおたかの森駅方面、柏市西原・柏の葉方面の路線バスと、流山市のコミュニティバス流山ぐりーんバス」が発着する。停留所名は、東口が「江戸川台駅東口」、西口が「江戸川台駅」(流山ぐりーんバスは「江戸川台駅西口」)である。

乗場 番号 系統番号 主要経由地 行先 運行会社
西口 1番 江戸川台西ルート 富士見台・流山北高校・平方・美原 【循環】江戸川台駅西口 京成バス(松戸
流02 江戸川台西四丁目・西初石三丁目・流山郵便局 流山おおたかの森駅西口
2番 松71 流山駅 南流山駅北口
流山駅・南流山駅南口・船戸・日大病院入口 松戸駅
松73 流山駅・南流山駅南口・南流山中学校・日大歯科病院 松戸駅
松74 流山駅・南流山駅南口・南流山中学校・日大病院入口 松戸営業所/松戸駅
東口 JAビル前 西柏04 青田・東大前・国立がん研究センター 柏の葉キャンパス駅西口 東武バス(西柏
西柏10 みどり台中央・流経大柏高校前・東大前
ちば興銀前 江戸川台東ルート 江戸川台東・こうのす台・東深井 【循環】江戸川台駅東口
西柏06 西原四丁目・初石病院前・西柏台・駒木 流山おおたかの森駅東口
タイムズ前 流01 わんぱく公園・初石駅入口・東初石三丁目 京成バス(松戸)
エドパチ向かい スクールバス 流通経済大学付属柏高等学校 東武バス(西柏)

隣の駅[編集]

東武鉄道
TD 東武アーバンパークライン
急行
通過
区間急行・普通
運河駅 (TD 19) - 江戸川台駅 (TD 20) - 初石駅 (TD 21)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “東京駅-江戸川台に高速バスを運行”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 4. (2001年6月26日) 
  2. ^ 駅情報(乗降人員) - 東武鉄道
  3. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  4. ^ 千葉県統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]