コバルトーレ女川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コバルトーレ女川
原語表記 Cobaltore女川
呼称 コバルトーレ女川
クラブカラー      コバルトブルー
創設年 2006年
所属リーグ 日本フットボールリーグ
ホームタウン 宮城県牡鹿郡女川町
ホームスタジアム 女川町総合運動公園第二多目的運動場
運営法人 有限会社コバルトーレ
代表者 近江弘一
監督 村田達哉
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

コバルトーレ女川(コバルトーレおながわ、Cobaltore Onagawa)は、宮城県牡鹿郡女川町をホームタウンとするサッカークラブ。Jリーグ加盟を目指すクラブの1つである。

概要[編集]

2006年4月、スポーツを通じた町作りを目指す「女川スポーツコミュニティー構想」に基づいて創設された。クラブ名のコバルトーレは、「女川の青い海」(「コバルトブルー」)と、スペイン語で森を意味する「フォーレ」より取られた造語である[1]

歴史[編集]

2006年4月に創設され、初代監督に元日本代表主将の藤島信雄が就任。2007年宮城県社会人サッカーリーグへ、2008年に東北社会人サッカーリーグ2部南へ昇格。2009年は東北リーグ2部南で初優勝し、2部リーグ優勝決定戦でも総合優勝して、2010年より東北1部に昇格したが最下位となり1年で降格。

2011年3月11日に発生した東日本大震災により女川町は大きな被害に遭った。選手全員の無事は確認されたが[2]、クラブハウスと選手寮として使用していた建物が損壊し、チームは活動を1年間休止し地域貢献活動に取り組んだ[3][4]

2012年東北社会人サッカーリーグ2部南に復帰して2位の成績。東北2部北2位のヴァンラーレ八戸との昇格戦に敗れたが、東北1部1位の福島ユナイテッドFC日本フットボールリーグ(JFL)に昇格した為、東北1部に昇格した。

また、2012年からの震災復興工事で女川町総合運動公園陸上競技場が復興工事宿舎となったため女川町での公式戦が行えなかったが、2014年女川町総合運動公園第2多目的グランドが落成して女川町で公式戦を開催できるようになった。

2016年は東北リーグ1部で初優勝。全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2016に初出場したがグループリーグで敗退。2017年も東北リーグ1部で2年連続優勝。全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2017はグループCでテゲバジャーロ宮崎に次ぐ2位となったもののワイルドカード(各組2位の最上位成績)で決勝リーグ進出、決勝リーグでは2試合連続PK勝ちから最終戦で90分勝利し優勝した[3]。 12月6日の日本フットボールリーグ(JFL)理事会で2018年度からのJFL入会が承認された[5]

チーム成績・歴代監督[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 天皇杯 監督
2006 石巻市 優勝 54 18 18 0 0 127 4 123 県予選敗退 藤島信雄
2007 宮城県 優勝 32 14 10 2 2 49 17 32
2008 東北2部南 2位 33 14 11 0 3 53 9 44
2009 優勝 37 14 12 1 1 30 7 23 中島礼司
2010 東北1部 8位 8 14 1 5 8 13 29 -16
2011年は東北地方太平洋沖地震により活動休止 阿部裕二
2012 東北2部南 2位 35 14 11 2 1 48 11 37 県予選敗退
2013 東北1部 4位 32 18 10 2 6 42 29 13
2014 2位 47 18 15 2 1 59 8 51
2015 3位 44 18 14 2 2 62 12 50
2016 優勝 43 18 13 4 1 66 9 57
2017 優勝 49 18 16 1 1 73 10 63
2018 JFL 30 村田達哉

タイトル[編集]

アカデミー[編集]

2007年にジュニアユースを、2008年にユースをそれぞれ創設した。現在のカテゴリは以下の通り。

  • 選手コース
    • ユース
    • ジュニアユース
    • ジュニア
  • 育成コース
  • なでしこコース
  • ゴールキーパーコース

所属選手・スタッフ[編集]

2018年

スタッフ[編集]

役職 氏名 前職 備考
監督 日本の旗 村田達哉 日テレ・ベレーザコーチ 新任
トレーナー 日本の旗 藤原幸彦 アップルスポーツカレッジ
フィジカルコーチ 日本の旗 内藤悠二 東松島接骨院

選手[編集]

Pos No. 選手名 年齢 前所属 備考
GK 21 日本の旗 近嵐大地 24歳 JAPANサッカーカレッジ
30 日本の旗 石井龍誠 24歳 北東大札幌キャンパス
31 日本の旗 冨澤雅文 21歳 コバルトーレ女川U-18
DF 3 日本の旗 宮坂瑠 22歳 駒澤大学
23 日本の旗 湯浅秀紀 25歳 国士舘大学
28 日本の旗 野口龍也 23歳 日本の旗 HBO東京
-- 日本の旗 鳥山祥之 25歳 日本の旗 栃木ウーヴァFC 新加入
-- 日本の旗 舛沢樹 24歳 日本の旗 ヴァンラーレ八戸 新加入
-- 日本の旗 土遠修平 27歳 日本の旗 アルテリーヴォ和歌山 新加入
MF 6 日本の旗 黒田涼太 27歳 仙台大学
7 日本の旗 小川和也 28歳 JAPANサッカーカレッジ
8 日本の旗 嶺岸祐介 28歳 日本の旗 アイン食品
10 日本の旗 池田幸樹 27歳 JAPANサッカーカレッジ
17 日本の旗 畑中秀斗 27歳 仙台大学
18 日本の旗 森蔭冬威 19歳 尚志高校
20 日本の旗 佐藤明生 26歳 日本の旗 ヴァンラーレ八戸
22 日本の旗 高橋晃司 24歳 仙台大学
25 日本の旗 武田晃平 23歳 仙台大学
27 日本の旗 國分俊樹 21歳 日本の旗 横須賀マリンFC
-- 日本の旗 井上丈 23歳 日本の旗 グルージャ盛岡 新加入
FW 9 日本の旗 千葉洸星 19歳 コバルトーレ女川U-18
13 日本の旗 成田星矢キャプテン 31歳 日本の旗 青森Angel
14 日本の旗 吉田圭 30歳 三浦学苑高校
-- 日本の旗 橋本光晟 23歳 日本の旗 ヴァンラーレ八戸 新加入
ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

ユニフォーム[編集]

チームカラー[編集]

  •     コバルトブルー、   

スポンサー[編集]

提出個所 スポンサー名 表記 提出年 備考
高政 高政 2006-
背中 仙台トヨペット 仙台トヨペット 2014-
まぐろ屋 明神丸 明神丸 2017-
パンツ (1st):無添加計画 無添加計画 2017-
(2nd):BOLBOP BOLBOP 2014-

ユニフォームメーカー[編集]

応援番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ストーリー(女川とともに生きる)”. コバルトーレ女川. 2017年11月26日閲覧。
  2. ^ 東北関東大震災被災の報告とご案内 コバルトーレ女川オフィシャルウェブサイト、2011年3月21日
  3. ^ a b コバルトーレ女川が初V、大震災乗り越えJFL昇格”. 日刊スポーツ (2017年11月26日). 2017年11月26日閲覧。
  4. ^ ストーリー(被災地からのリスタート)”. コバルトーレ女川. 2017年11月26日閲覧。
  5. ^ “第20回日本フットボールリーグ新入会チーム決定!” (プレスリリース), 日本フットボールリーグ, (2017年12月6日), http://www.jfl.or.jp/jfl-pc/view/s.php?a=1252 2017年12月6日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]