コバルトーレ女川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コバルトーレ女川
原語表記 コバルトーレ女川
愛称 コバルトーレ、コバル
クラブカラー      コバルトブルー
創設年 2006年
所属リーグ 東北社会人サッカーリーグ
所属ディビジョン 1部
クラブライセンス (未承認)
ホームタウン 宮城県牡鹿郡女川町
ホームスタジアム 女川町総合運動公園第二多目的運動場
運営法人 有限会社コバルトーレ
代表者 近江弘一
監督 阿部裕二
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

コバルトーレ女川(コバルトーレおながわ、Cobaltore Onagawa)は、宮城県牡鹿郡女川町をホームタウンとするサッカークラブである。Jリーグ加盟を目指すクラブの1つである。

概要[編集]

クラブ名のコバルトーレとは、「コバルトブルーの海」の「コバルト」と、スペイン語で森を意味する「フォーレ」を合わせた造語であり、女川の自然溢れる地形を表している[1]。地元企業の支援を仰ぐと同時にソシオ制度による運営を取り入れ、地元密着型の社会人サッカークラブとして運営されている。

またスポーツを通じて、少子化や過疎化、さらには東日本大震災からの復興という課題と向き合う町を活性化させようと、「女川スポーツコミュニティー構想」という壮大な構想をオフィシャルHP上にて提唱している。 ホームタウンとしている女川町は、かつては人口1万人強の町だったが、震災で1割に及ぶ犠牲者が出るなど、甚大な被害を受けた。そうした中で、コバルトーレ女川が、サッカーを通して地域の復興・発展を実現しようとする“町ぐるみの取り組み”に、多方面から注目が集まっている。

歴史[編集]

2006年4月チームが誕生。監督に元日本代表主将の藤島信雄を迎える。 石巻市民リーグ1部を全勝優勝。宮城県リーグ昇格決定戦を勝利し宮城県リーグ昇格を決める。

2007年中学生世代のコバルトーレ女川Jr.ユースが発足。宮城県リーグ優勝。昇格戦である東北南3県リーグチャレンジマッチに進出。東北南3県リーグチャレンジマッチを首位で終了。2008年度東北社会人サッカーリーグ2部へ昇格。

2008年地域のユース世代の育成、他地域からの選手受け入れを目的としてコバルトーレ女川ユースが発足。

2009年東北社会人サッカーリーグ2部南優勝。2部リーグ優勝決定戦に進出。東北社会人サッカーリーグ2部総合優勝。2010年度1部リーグ昇格も最下位となり1年で降格。

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震と津波の影響によりホームタウンとしている女川町は壊滅的な被害に遭う。選手全員の無事が確認されたが[2]、クラブハウスと選手寮として使用していた建物が損壊。グラウンドと練習施設は被害を受けなかったものの、自衛隊の宿営地となっている[1]。チームは選手活動を1年間休止し地域貢献活動に取り組んでいる[1][3]

2012年東北社会人サッカーリーグ2部南に復帰。年間成績は2位で終わり、2部北2位のヴァンラーレ八戸との昇格戦は0-1で敗退。しかし1部1位の福島ユナイテッドFCがJFLに昇格した為、繰り上がりで1部に昇格した。

2014年シーズン。2012年シーズンから震災復興工事が開始され、それまでのホームグランドの女川町総合運動公園陸上競技場が復興工事宿舎となったため女川町での公式戦が行わえなかったものが、女川町総合運動公園第二運動広場の落成に伴い2シーズンぶりに女川町でほとんどのホームゲームを開催できるようになった。

2016年、コバルトーレ女川選手会が発足。「もう一度クラブの理念を見直し、地域とのつながりを深めていこう」と、選手主体の周知活動や地域貢献を柱に掲げる。東北1部リーグ初優勝。

チーム成績・歴代監督[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 監督
2006 石巻市 優勝 54 18 18 0 0 127 4 123 藤島信雄
2007 宮城県 優勝 32 14 10 2 2 49 17 32
2008 東北2部南 2位 33 14 11 0 3 53 9 44
2009 優勝 37 14 12 1 1 30 7 23 中島礼司
2010 東北1部 8位 8 14 1 5 8 13 29 -16
2011 東北地方太平洋沖地震により不参加 阿部裕二
2012 東北2部南 2位 35 14 11 2 1 48 11 37
2013 東北1部 4位 32 18 10 2 6 42 29 13
2014 2位 47 18 15 2 1 59 8 51
2015 3位 44 18 14 2 2 62 12 50
2016 優勝 43 18 13 4 1 66 9 57
2017 優勝 49 18 16 1 1 73 10 63

所属選手・スタッフ[編集]

2017年

スタッフ[編集]

役職 氏名 前職 備考
監督 日本の旗 阿部裕二 ソニー仙台FC
トレーナー 日本の旗 藤原幸彦 アップルスポーツカレッジ
フィジカルコーチ 日本の旗 内藤悠二 東松島接骨院

選手[編集]

Pos No. 選手名 年齢 前所属 備考
GK 21 日本の旗 近嵐大地 24歳 JAPANサッカーカレッジ
30 日本の旗 石井龍誠 24歳 北東大札幌キャンパス
31 日本の旗 冨澤雅文 21歳 コバルトーレ女川U-18
DF 3 日本の旗 宮坂瑠 22歳 駒澤大学 新加入
4 日本の旗 木内瑛 27歳 日本の旗 ブラウブリッツ秋田
5 日本の旗 照井謙吾 27歳 富士大サッカー部
15 日本の旗 青柳健汰 23歳 コバルトーレ女川U-18
16 日本の旗 阿部航太 25歳 富士大学
23 日本の旗 湯浅秀紀 25歳 国士舘大学
24 日本の旗 木戸優次 27歳 コバルトーレ女川 再加入
26 日本の旗 本郷裕人 25歳 日本の旗 マリソル松島
MF 6 日本の旗 黒田涼太 27歳 仙台大学
7 日本の旗 小川和也 28歳 JAPANサッカーカレッジ
8 日本の旗 嶺岸祐介 28歳 日本の旗 アイン食品
10 日本の旗 池田幸樹 26歳 JAPANサッカーカレッジ
17 日本の旗 畑中秀斗 26歳 仙台大学
18 日本の旗 森蔭冬威 18歳 尚志高校 新加入
20 日本の旗 佐藤明生 26歳 日本の旗 ヴァンラーレ八戸
22 日本の旗 高橋晃司 24歳 仙台大学
25 日本の旗 武田晃平 23歳 仙台大学 新加入
27 日本の旗 國分俊樹 21歳 日本の旗 横須賀マリンFC 新加入
FW 9 日本の旗 千葉洸星 19歳 コバルトーレ女川U-18 新加入
11 日本の旗 熊谷紋司 26歳 日本の旗 ヴァンラーレ八戸
13 日本の旗 成田星矢キャプテン 31歳 日本の旗 青森Angel
14 日本の旗 吉田圭 30歳 三浦学苑高校

獲得タイトル[編集]

チームカラー[編集]

  • メインカラー:コバルトブルー
  • アウェイカラー:ホワイト
ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

ユニフォーム[編集]

スポンサー[編集]

提出個所 スポンサー名 表記 提出年 備考
高政 高政 2006-
仙台トヨペット 仙台トヨペット 2014-
まぐろ屋 明神丸 明神丸 2017-
パンツ(1st) 無添加計画 無添加計画 2017-
パンツ(2nd) BOLBOP BOLBOP 2014-

ユニフォームメーカー[編集]

応援番組[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]