前田喜史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
前田 喜史 Football pictogram.svg
名前
愛称 ヨシ
カタカナ マエダ ヨシフミ
ラテン文字 MAEDA Yoshifumi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1977-04-25) 1977年4月25日(42歳)
出身地 東京都府中市
身長 177cm
体重 69kg
選手情報
在籍チーム ペスカドーラ町田
ポジション アラ・フィクソ
背番号 19
利き足
代表歴
2000-????[1] 日本代表
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

前田 喜史(まえだ よしふみ、1977年4月25日 - )は、東京都府中市出身[2]の元フットサル選手、現フットサル指導者。

経歴[編集]

クラブ[編集]

小学2年時にサッカーをはじめ、堀越学園高等学校卒業後にはブラジルに渡ったが、膝を痛めたため2年後に帰国[3]。リハビリとしてフットサルをはじめた[3]

カスカヴェウに在籍していた2001年には全日本フットサル選手権大会で優勝[1]。全日本選手権終了後にはブラジル・パラナ州リーグのカスカヴェウ(東京都のカスカヴェウの由来となったクラブ)と契約し、2001年7月28日にはパラナ州リーグのクリチーバ戦で同リーグ日本人初となる得点を挙げている[1]。パワープレー時には前田がゴレイロのユニフォームを着てパス回しに参加することがあった。

2012年5月には古巣の府中アスレティックに加入[2]。2012-13シーズンには府中アスレティックをプレーオフに導く活躍を見せたが[4]、2013-14シーズンは怪我に苦しんで開幕から1試合も出場することができず[4]、2013年7月に一身上の都合で府中アスレティックを退団した。

2013年8月29日にはペスカドーラ町田に加入[5]、2013-14シーズンの1シーズンを町田でプレーし、2014年の全日本選手権を最後に引退した[6]

2014年には四国フットサルリーグ徳島ラパスの強化責任者に就任し、2015年の第20回全日本選手権予選では実質的な監督(肩書きはコーチ)として本大会初出場に導いた。

日本代表[編集]

2000年からフットサル日本代表に選出され、2004 FIFAフットサル世界選手権2008 FIFAフットサルワールドカップFIFAフットサルワールドカップに2大会連続出場。2004年大会のパラグアイ戦で得点を記録した。

所属クラブ[編集]

サッカー
フットサル

タイトル[編集]

カスカヴェウ
名古屋オーシャンズ

代表歴[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 オーシャン杯 全日本選手権 期間通算
2000-01 カスカヴェウ SuperLeague
2001 カスカヴェウ パラナ州1部
2001-02 カスカヴェウ SuperLeague
2002-03 関東
2003-04
2004-05
2005-06 府中 関東
2006-07
2007-08 名古屋 15 Fリーグ 16 6
2008-09 20 8
2009-10 23 7
2010-11 23 6
2011-12 3 0
2012-13 府中 6 21 6
2013-14 0 0
2013-14 町田 19 14 1
通算 日本 Fリーグ 120 34
日本
総通算

脚注[編集]

[ヘルプ]