北原亘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北原 亘 Football pictogram.svg
名前
カタカナ キタハラ ワタル
ラテン文字 KITAHARA Wataru
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1982-08-02) 1982年8月2日(38歳)
出身地 東京都
身長 179cm
体重 72kg
選手情報
ポジション フィクソ・アラ
利き足
代表歴
日本の旗 日本代表
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

北原 亘(きたはら わたる、1982年8月2日 - )は、東京都出身のフットサル選手である。フットサル日本代表

来歴[編集]

暁星高校早稲田大学卒。暁星高校卒業後の2001年、暁星高校サッカー部メンバーと共に結成した「森のくまさん」というプライベートチームでフットサルを本格的に始め、初代キャプテンも務めた。また、それと並行して俳優袴田よしひこ率いるアマチュアチームBAHIA ECにてアサヒ飲料杯優勝天竜リーグでも活躍。早稲田大学のサッカーサークルである稲穂キッカーズに在籍していた。関東大学フットサルリーグでは2005年に優勝を果たす。フットサル日本代表の稲葉洸太郎須賀雄大は、暁星高校サッカー部や「森のくまさん」のチームメイトであり、暁星高校の後輩の星翔太バルドラール浦安)も「森のくまさん」、稲穂キッカーズなどのチームメイトであった。「森のくまさん」がBOTSWANA FC MEGUROに合流したこともあり、2005年にはBOTSWANA FC MEGUROでプレー[1]

2006年、大洋薬品/BANFFに初期メンバーとして入団し、プロ契約選手となった[2]。チームは2007年に名古屋オーシャンズに改称してFリーグに加盟し、Fリーグ9連覇、AFCフットサルクラブ選手権2011優勝など、数多くのタイトルを手にした。フットサル日本代表にも招集され続けており、2008年、2012年のFIFAフットサルワールドカップ日本代表に選出された。名古屋、日本代表の両方においてキャプテンを経験した。

2016年3月に現役引退。引退試合はペドロ・コスタとの合同で行われた。引退後はフットサルを離れ、父が経営する会社の手伝いをするという。

エピソード[編集]

  • 2012年末入籍。ウェディングプランナー、チーム関係者、夫婦で話し合った結果、2012-13シーズン終了後の2013年3月23日、名古屋のホームアリーナであるテバオーシャンアリーナでサポーターを招いて結婚式を挙行することとなった[3]
  • SNS系が苦手であることを認めつつも、2012年頃からTwitterFacebookを用いた積極的なピッチ外の情報発信を試みてファン層を広げた[4]
  • アマチュアフットサル選手時代はビール会社で働いていた[5]

タイトル[編集]

名古屋オーシャンズ
フットサル日本代表
個人

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 オーシャン杯 全日本選手権 期間通算
2007-08 名古屋 3 Fリーグ 19 8
2008-09 21 9
2009-10 26 12
2010-11 ?? ?
2011-12 ?? ?
2012-13 27 12
2013-14 ?? ?
2014-15 ?? ?
2015-16 ?? ?
通算 日本 Fリーグ
日本
総通算

脚注[編集]

  1. ^ vol.1 星翔太 フウガすみだ
  2. ^ 森岡薫自伝 生まれ変わる力 135ページ(白夜書房、2013年、ISBN 9784861919695
  3. ^ 北原 亘選手よりご報告 名古屋オーシャンズ 2013.2.13
  4. ^ 参考:Fリーグオフィシャルガイド2013/2014 18ページ
  5. ^ <スポ友>サッカー・フットサル日本代表・北原亘4 浅田舞のスポ友!【詳録】 yorimo 2013.2.7

外部リンク[編集]