森岡薫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
森岡 薫 Football pictogram.svg
名前
カタカナ モリオカ カオル
ラテン文字 MORIOKA Kaoru
基本情報
国籍 日本の旗 日本[1]
生年月日 (1979-04-07) 1979年4月7日(40歳)
出身地 ペルーの旗 ペルー
身長 175cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム ペスカドーラ町田
ポジション ピヴォ
背番号 99
利き足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

森岡 薫(もりおか かおる、1979年4月7日 - )は、ペルー出身のフットサル選手。ペスカドーラ町田所属。ポジションはピヴォ。Fリーグ最優秀選手賞4回、Fリーグ得点王4回受賞。

経歴[編集]

クラブ[編集]

日系2世の父とペルー人の母を持つ日系3世[2]。12歳のころ父親の仕事の都合で来日する。千葉県の中学校を卒業し、高校へ進学するも中退。建築現場などで働きながら生活していたが[3]、21歳のころ目にした雑誌の個人フットサル参加(個サル)の広告を見たのをきっかけに、フットサルを始める。その後、個サル参加をきっかけにクラブチームに誘われ、ブラックショーツファイルフォックスなどの関東フットサルリーグのチームへ所属。そこで大洋薬品/BANFF(現・名古屋オーシャンズ)の櫻井嘉人ゼネラルマネジャーにスカウトされ、2006年に東海フットサルリーグの大洋薬品/BANFFに加入[2]。2007年にはFリーグが発足し、大洋薬品/BANFFは名古屋オーシャンズと名を変えて参戦した。

2007-08シーズンの名古屋オーシャンズはFリーグ初代王者となり、森岡はリーグ最優秀選手に輝いた[4]2011-2012シーズンは自身2度目の最優秀選手に加え、初のリーグ得点王に輝いた。2012-13シーズンと2013-14シーズンにも最優秀選手に選ばれ、3年連続での同賞受賞者となった[4]。2012-13シーズン、2013-14シーズン、2014-15シーズンにも得点王となっており、得点王は4年連続で獲得している[4]。2015-16シーズンのリーグ制覇を決めた翌日の2016年1月11日、2015-16シーズン限りでの名古屋オーシャンズ退団が発表された[4]

2016年3月から4月には、1か月間の契約で中国フットサルリーグの深圳南嶺鉄狼FCにレンタル移籍した[5]。4月1日、ペスカドーラ町田との契約が発表された[5][6][7]。2018年3月から5月には短期間の契約でインドネシアプロリーグのビンタン・ティムール・スラバヤにレンタル移籍した。なお、同期間には渡邉知晃も同様にレンタル移籍している。

代表[編集]

ペルーに生まれ、南米選手権でフットサルペルー代表に選出された経験を持つが、国際Aマッチに出場した場合、帰化後に日本代表に入れないこともあって、日本代表への想いから練習参加のみで帰国した。2012年8月2日付で日本に帰化[1]し、10月には2012 FIFAフットサルワールドカップにおける日本代表に初めて選出された。代表初ゴールは、2012年11月4日ポルトガル戦。

所属クラブ[編集]

2018.3-2018.5 →インドネシアの旗 ビンタン・ティムール・スラバヤ(レンタル移籍)

タイトル[編集]

名古屋オーシャンズ
フットサル日本代表
個人
  • Fリーグ最優秀選手(4) : 2007-08, 2011-12, 2013-14, 2014-15
  • Fリーグベスト5(5) : 2007-08, 2011-12, 2013-14, 2014-15, 2015-16
  • Fリーグ得点王(4) : 2011-12, 2012-13, 2013-14, 2014-15

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 オーシャン杯 全日本選手権 期間通算
2007-08 名古屋 9 Fリーグ 19 14
2008-09 21 15
2009-10 27 16
2010-11 24 15
2011-12 26 34
2012-13 24 34
2013-14 35 38
2014-15 31 31
2015-16 26 32
通算 日本 Fリーグ 233 229
日本
総通算

脚注[編集]

外部リンク[編集]