本庄第一高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本庄第一高等学校
Honjodaiichi highschool.jpg
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人塩原学園
設立年月日 1925年
創立者 塩原市三郎
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 11507A
所在地 367-0002
埼玉県本庄市仁手1789
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

本庄第一高等学校(ほんじょうだいいちこうとうがっこう)は、埼玉県本庄市仁手にある私立の高等学校男女共学。設置者は学校法人塩原学園。略称は「えんげん」であり、前身の塩原裁縫女学校にちなむ。高等学校転換後も長らく家政科のみの女子校だったが、ご多分に漏れず共学化し進学校を指向し始めた。

設置学科[編集]

全日制普通科

  • 特別進学類型
    • S特別進学コース
    • 特別進学コース
  • 進学類型
    • 進学αコース
    • 進学βコース

それぞれ2008年度よりスタート。

なお、特別進学コースについてはA、Bの2種類の特待制度があり、A特待は入学金・授業料などを全額免除、B特待は入学金全額免除および授業料が半額となる。

S特別進学コースは主に国公立大学を目指すクラス、特別進学コースは主に私立大学を目指すコースである(2年からは文系・理系に分かれる)。

ちなみに、S特別進学・特別進学コース1,2年は基本的に8時間授業、S特別進学クラス1,2年は土曜に補習がある。

廃止学科[編集]

  • 普通類型
    • 普通コース
    • 商経コース
  • 留芸類型
    • 留芸コース
  • 体育類型
    • 体育コース

それぞれ2008年度より募集停止、2010年度で廃止。

沿革[編集]

  • 1925年 - 塩原裁縫女学校を開設(埼玉県知事認可) 校長 塩原市三郎
  • 1931年 - 塩原高等女学校(甲種実業学校)と改称(文部大臣認可)
  • 1939年 - 本庄高等家政女学校(甲種実業学校)と改称
  • 1954年 - 学校法人塩原学園により新制高等学校として本庄家政高等学校開校、家庭科課程設置、同法人設置の本庄家政専門学校を同校に併設させる。
  • 1957年 - 普通科課程設置、これに伴い本庄女子高等学校に改称
  • 1959年 - 商業科課程設置
  • 1979年 - 現在地に全面移転
  • 1990年 - 類型コース制導入
  • 1991年 - 国際コース設置
  • 1993年 - 男女共学化、これに伴い本庄第一高等学校に改称
  • 1998年 - 芸術コース設置
  • 2004年 - 国際コースと芸術コースと併せ、留学・芸術コースを設置
  • 2007年 - S特別進学コース設置
  • 2008年 - 新コース体制導入

教育方針[編集]

学園理念として響生ということばを制定している。この理念を前提に週に一度「響生の時間」という集会を催し、決められたテーマに沿って校長が話をするほか、外部から講師を招き講演会を開く。

また、教育方針とは少々それるが、土日休日でも多くの生徒が自主的に訪れ、学習していくことで近日有名になっている。特別進学コースの教員も多くが休日登校する生徒の質問に答えるための体制をとっている。生徒が教員に1対1で教わるような場面もよく見られ、自主性や積極力も自然と養われている。

クラブ活動[編集]

おもな卒業生[編集]

交通[編集]

JR高崎線本庄駅より徒歩40分 スクールバスで10分

本庄駅からスクールバスを運行

関連項目[編集]

外部リンク[編集]