佐々木竹見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐々木竹見
Takemi-Sasaki20111215.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 青森県上北郡上北町
(現・東北町
生年月日 (1941-11-03) 1941年11月3日(76歳)
騎手情報
所属厩舎

青野四郎(川崎)

→金井弘(川崎)
勝負服 赤・黄山形一文字
初免許年 1960年
騎手引退日 2001年
重賞勝利 143勝
通算勝利 地方39060戦7151勝/中央20戦2勝
テンプレートを表示

佐々木 竹見(ささき たけみ、1941年11月3日 - )は青森県出身の元騎手。のち地方競馬全国協会参与。現役時の所属は川崎競馬場、愛称は「鉄人」「川崎の鉄人」。

来歴[編集]

青森県上北郡上北町(現・東北町)出身。友人たちと歩いていたところを、たまたま出会った日本画家の上泉華陽に見出され、中学校を卒業すると同時に川崎競馬場の青野四郎厩舎に入門する。

八王子の騎手養成所を経て、1960年6月に騎手としてデビュー(6頭立て6着)。同年7月に初勝利を挙げる(騎乗馬サチトップ)。「竹見マジック」ともいわれた逃げ先行の戦法を得意とし、デビュー2年目には早くも165勝を挙げるなど頭角を現す。1964年には南関東のリーディングジョッキーに輝き、1969年12月5日には須田茂の持っていた通算2896勝の日本記録を追い抜いた[1][注 1]。以後も数度の落馬事故を乗り越えて、2001年の現役引退まで42年の長きに渡り地方競馬のトップジョッキーとして活躍し続ける。

1966年に記録した年間505勝(2384戦)は当時の世界記録であり、2006年に内田博幸(大井)が更新するまで40年もの間日本記録でもあった。なお、内田の勝利数にはJRAでの勝利数が含まれており、地方競馬のみの記録としては現在も最多勝記録である。このほか、1965年から1967年まで史上初の3年連続400勝突破も達成している。

最後の騎乗

2000年11月に現役引退を表明、その後引退に際して『佐々木竹見騎手ラストランシリーズ』と銘打って全国各地の競馬場でレース騎乗することを発表。2001年7月8日の川崎競馬最終レース、佐々木竹見引退記念・ラストラン賞をもって現役引退。最終レースでは圧倒的1番人気に推されたものの6着に敗れた[注 2]

地方競馬における生涯成績は39060戦7151勝(うち重賞143勝)[注 3][1]南関東のリーディングジョッキーも通算17度獲得している。地方競馬では勝負服が騎手別となっているが、その偉業を称えて佐々木の勝負服の服色(赤・黄山形一文字)は永久保存となった。また引退に際して思い出の馬としてトライバルセンプーテツノカチドキツキノイチバンを、思い出のレースとしてテツノカチドキ東京大賞典東京記念[注 4]、それにヒガシユリの東京ダービーを挙げている[1][注 5]

現役引退後は栃木県那須塩原市にある地方競馬教養センターの参与[注 6]となり、騎手養成コースの講師として技術指導を行っていたが、2012年3月限りで勇退した。

引退後もオーストラリアの旗 オーストラリアフレミントン競馬場での国際ジョッキーOB戦「レジェンドレース」に2002年と2004年の2度招待されている。また、2008年に東京競馬場で行われた「第2回ジョッキーマスターズ」にも参戦した。

川崎競馬場では現役時代の功績を讃えて「佐々木竹見カップ・ジョッキーズグランプリ」という特別競走が行われている。

表彰歴[編集]

  • 1987年、1992年 農林水産大臣賞
  • 1990年、1992年、1993年 NARグランプリ優秀騎手賞
  • 1999年 同フェアープレー賞
  • 1990年、1998年、2000年 同特別賞(1990年は特別功労者賞)
  • 1998年 神奈川県知事賞
  • 1989年 日本プロスポーツ大賞功労者賞
  • 1999年 同特別賞

エピソード[編集]

  • 現役時代は非常にストイックなまでの体調管理に努めており、知人と食事に行っても午後8時になると「明日の調教がありますので」と言い残して帰っていったという。
  • 人一倍努力家でもあった。園田姫路の実況アナウンサー吉田勝彦によると、園田の重賞『楠賞全日本アラブ優駿』にグリンファストで騎乗することになった際、園田が初体験であった彼は、レース前日の夜、雨上がりの馬場を裸足で歩き、砂の感じを確かめたという。本番レースではその甲斐あって、2着に2馬身半差と素晴らしい勝ちを収めた。
  • 一方で現役時代はかなりのヘビースモーカーでもあり、たばこを毎日3箱以上吸っていた(本人談)。
  • 現役引退後はファンのイベントではどんなファンに対しても自ら話しかけ、現役時代を知っているファンから「あの竹見さんが」と驚かれることも珍しくなかった。
  • 大井競馬場所属の元騎手・現調教専門厩務員の佐々木学は

主な騎乗馬[編集]

各年成績[編集]

西暦 騎乗数 1着数 勝率
1960年 195 37 .189
1961年 1159 165 .142
1962年 1344 214 .159
1963年 987 171 .173
1964年 1905 320 .167
1965年 2020 401 .198
1966年 2384 505 .211
1967年 2214 401 .181
1968年 1849 366 .197
1969年 1769 345 .195
1970年 1551 312 .201
1971年 1464 295 .201
1972年 1211 247 .203
1973年 1485 253 .170
1974年 1312 261 .198
1975年 1259 227 .180
1976年 1078 205 .190
1977年 1017 192 .188
1978年 885 182 .205
1979年 5 2 .400
1980年 963 190 .197
1981年 1005 175 .174
1982年 56 16 .285
1983年 748 95 .127
1984年 676 129 .190
1985年 621 131 .210
1986年 714 143 .200
1987年 712 142 .199
1988年 645 113 .175
1989年 660 129 .195
1990年 469 77 .164
1991年 435 66 .151
1992年 540 110 .203
1993年 524 69 .131
1994年 548 86 .156
1995年 428 71 .165
1996年 334 46 .137
1997年 405 69 .170
1998年 571 85 .148
1999年 411 52 .126
2000年 336 33 .098
2001年 164 23 .140
通算 39060 7151 .183

数字は地方競馬のみ、勝利数の太字は南関東リーディング[1]。そのほか中央競馬20戦2勝、日本国外遠征12戦0勝(アメリカ)[1]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、須田のこの記録は1950年以降の南関東公営競馬でのものに限られており、高崎時代の数字は含まれていない。
  2. ^ レースは山野勝也騎乗のグローバルファイタが勝利したが、単勝が万馬券となる人気薄だったこともあり馬番連勝単式馬券(馬単)の払戻金は当時日本競馬史上2位となる813,300円という大波乱となった。
  3. ^ 2014年現在、世界最多勝はラッセル・ベイズの1万勝超)
  4. ^ テツノカチドキは福島競馬場で行われた地方競馬招待競走を制していたが、この東京記念ロツキータイガーとの接戦に敗れジャパンカップへの出走権を逃した。
  5. ^ 同馬は所属厩舎の青野四郎厩舎の管理馬であった。
  6. ^ 「地方競馬教養センター参与」という役職は、地方競馬の統括団体である地方競馬全国協会の関係者に該当するため、地方競馬では競馬中継番組のゲストとしてテレビ出演し、レースについてのコメントやレース後の解説をすることはあっても、レースについて具体的な買い目などの予想を行うことはない。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 「佐々木竹見、栄光の軌跡」地方競馬全国協会『Furlong』2001年7月号、22-27頁。

外部リンク[編集]