シャマルダル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャマルダル
欧字表記 Shamardal
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2002年3月27日
死没 -
Giant's Causeway
Helsinki
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Brilliant Stable
馬主 Gainsborough Stud
Godolphin
調教師 Mark Johnston
Saeed bin Suroor
競走成績
生涯成績 7戦6勝
獲得賞金 1,099,290ポンド
テンプレートを表示

シャマルダル (Shamardal) とはイギリス競走馬である。プール・デッセ・デ・プーラン(フランス2000ギニー)、ジョッケクルブ賞(フランスダービー)などに勝った。名前の由来はアラビアンナイトに登場する魔神シャマルダルから。

戦績[編集]

2歳時[編集]

最初の馬主はアーメッド・ブハルーダだったが、2004年10月上旬にブハルーダがイギリスロンドンカジノで大負けしたのが原因との見方で、同月下旬にゴドルフィンに権利が譲渡されている。管理調教師もブハルーダが馬主だったときはイギリスのマーク・ジョンストン、ゴドルフィンに移ってからはゴドルフィン専属調教師サイード・ビン・スルールに代わっている。

シャマルダルは2004年7月12日、イギリス・エア競馬場で行われた7頭立てのメイドン(未勝利戦、直線芝6ハロン)で1番人気に推され、8馬身差の圧勝でデビュー戦を飾る。この勝利から2005年2000ギニーの前売り1番人気に一時的に支持されている。続く2戦目は7月28日にイギリス・グッドウッド競馬場で行われたヴィンテージステークス(芝7ハロン・グループ2)に出走、10頭立てで1番人気だったが、のちのブリーダーズカップ・ジュヴェナイルの優勝馬ウィルコ (Wilko) に2馬身半の差で優勝、デビュー2戦目で重賞初制覇となった。

次にアイルランドカラ競馬場ナショナルステークス(直線芝7ハロン)に向かう予定だったが調教に一頓挫があったことから同レースを回避して、同年10月16日、イギリス・ニューマーケット競馬場で行われたイギリス2歳最強馬決定戦のデューハーストステークスに駒を進めた。このレースでは同年9月10日にイギリス・ドンカスター競馬場のシャンペンステークス(直線芝7ハロン・グループ2)を出遅れながら勝利し、シャマルダルを抜いて2000ギニー前売り1番人気となっていたエトラーラ (Etlaala) が1番人気に推され、ほかにもフランス2歳最強馬決定戦ジャン・リュック・ラガルデール賞の優勝馬オラトリオ (Oratorio II) 、ドバイディスティネーションの半弟リブレッティスト (Librettist) 、2003年カルティエ賞最優秀3歳牝馬ラシアンリズムの半弟パーフェクトパフォーマンス (Perfectperformance) などが出走していたが、道悪な馬場を内ラチ寄りで逃げたシャマルダルは他馬を寄せ付けず、2着のオラトリオに2馬身半の差で逃げ切り、G1初勝利を成し遂げた。その活躍から2004年のカルティエ賞最優秀2歳牡馬に選出された。

3歳時[編集]

2005年に入り、イギリスの2000ギニーを目指すものと思われたシャマルダルは、馬主であるゴドルフィンが大目標としているケンタッキーダービー制覇のために、同年3月26日ドバイナド・アルシバ競馬場ドバイミーティングのひとつであるUAEダービーダート1800メートル、グループ2)へ出走した。圧倒的1番人気に推されたが、初めてのダートレースへの適応に苦戦したシャマルダルは、見せ場なく12頭立ての9着と生涯唯一の大敗をしてしまう。

このレース結果を重く見たゴドルフィンはシャマルダルのケンタッキーダービー出走を断念し、再度芝路線に活路を見出そうとするが、調整が遅れて同年4月30日に行われた2000ギニーには間に合わず、同年5月15日、フランス・ロンシャン競馬場プール・デッセ・デ・プーラン(芝1600メートル・グループ1)に矛先を変えた。

プール・デッセ・デ・プーランには、前年にフランス・サンクルー競馬場で行われたクリテリウムアンテルナシオナル(芝1600メートル、グループ1)の優勝馬エリオスケルクス (Helios Quercus) 、ロンシャン競馬場で行われた前哨戦フォンテンブロー賞(芝1600メートル・グループ2)の優勝馬レイヴァーロック (Laverock) などが出走しており、シャマルダルはヘリオスケスカルに次ぐ2番人気だった。しかしレースはシャマルダルがマイペースの逃げに持ち込み、シャマルダルを捉えに行った後方集団の仕掛けが遅れたこともあり、後方から追い上げたインデサシェル (Indesatchel) をアタマ差で退け優勝。G1・2勝目を挙げるとともに、先のイギリスの2000ギニーを制したフットステップスインザサンド (Footstepsinthesand) に続き、父・ジャイアンツコーズウェイにヨーロッパクラシック競走2勝目をプレゼントした。

次にシャマルダルはフランス二冠を目標に、同年6月5日、フランス・シャンティイ競馬場ジョッケクルブ賞(芝2100メートル・グループ1)に出走した。このレースではロンシャン競馬場で行われた前哨戦オカール賞(芝2200メートル・グループ2)を5馬身差で圧勝した3戦3勝のハリケーンラン (Hurricane Run) が圧倒的1番人気に推されていたが、プール・デッセ・デ・プーランと同様にマイペースの逃げに持ち込んだシャマルダルは、仕掛けに手間取ったハリケーンランをクビ差退け、1970年ササフラ (Sassafras) 以来、実に35年ぶりとなるフランス二冠を達成した。

ジョッケクルブ賞から9日後の同年6月14日、シャマルダルはイギリス・ヨーク競馬場ロイヤルアスコット開催のなかで行われた欧州3歳マイル王決定戦・セントジェームズパレスステークス(直線芝8ハロン・グループ1)に強攻策で出走した。このレースには同じサイード・ビン・スルール厩舎のアイリッシュ2000ギニー優勝馬・ドバウィ (Dubawi) も出走登録していたが、最終的にはシャマルダルだけが出走した。ジョッケクルブ賞のようにマイペースの逃げにこそ持ち込めなかったが、アドヴァロレム (Ad Valorem) に3馬身の差をつけて逃げ切り、G1・3連勝を成し遂げた。

セントジェームズパレスステークスを制覇したあとは、同年7月2日サンダウン競馬場で行われるエクリプスステークス(芝10ハロン7ヤード・グループ1)に向けて調整中だったが、7月1日に右前脚球節の剥離骨折を起こし、陣営から即日に引退が発表された。引退後はアイルランドのキルダンガンスタッド種牡馬となっている。

競走成績[編集]

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
2004.07.12 エア 未勝利S 芝6f 1着 J.ファニング 8馬身 (No Commission)
2004.07.28 グッドウッド ヴィンテージS G2 芝7f 1着 J.ファニング 2 1/2馬身 Wilko
2004.10.16 ニューマーケット デューハーストS G1 芝7f 1着 K.ダーレイ 2 1/2馬身 (Oratorio)
2005.03.26 ナドアルシバ UAEダービー G2 D1800m 9着 L.デットーリ 11.52秒 Blues and Royals
2005.05.15 ロンシャン プール・デッセ・デ・プーラン G1 芝1600m 1着 L.デットーリ アタマ (Indesatchel)
2005.06.05 シャンティイ ジョッケクルブ賞 G1 芝2100m 1着 L.デットーリ クビ (Hurricane Run)
2005.06.14 ヨーク セントジェームスパレスS G1 芝8f 1着 K.マカヴォイ 3馬身 (Ad Valorem)

おもな産駒[編集]

血統表[編集]

シャマルダル血統ストームキャット系 / Halo5×4=9.38% Natalma5×5=6.25% Hail to Reason5×5=6.25%) (血統表の出典)

Giant's Causeway
1997 栗毛
父の父
Storm Cat
1983 黒鹿毛
Storm Bird Northern Dancer
South Ocean
Terlingua Secretariat
Crimson Saint
父の母
Mariah's Storm
1991 鹿毛
Rahy Blushing Groom
Glorious Song
Immense Roberto
Imsodear

Helsinki
1993 鹿毛
Machiavellian
1987 鹿毛
Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Coup de Folie Halo
Raise the Standard
母の母
Helen Street
1982 鹿毛
Troy Petingo
La Milo
Waterway Riverman
Boulevard F-No.1-l


叔父ドバイワールドカップを制したストリートクライがいる。

外部リンク[編集]