岡田祥嗣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岡田祥嗣
Yoshitsugu-Okada20111219.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県福山市
生年月日 (1971-10-16) 1971年10月16日(51歳)
身長 160cm
血液型 A型
騎手情報
所属厩舎 栗東・フリー
勝負服 胴青・黄菱山形一本輪、袖赤(NAR)
初免許年 1991年
免許区分 平地[1]
経歴
所属 高本修一(福山)→
吉井英隆(福山)→
弓削和彦(福山)→
栗東笹田和秀(JRA)→
栗東・フリー
テンプレートを表示

岡田 祥嗣(おかだ よしつぐ、1971年10月16日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) の騎手

父は福山競馬場の元厩務員[2]。中央競馬に所属している騎手としては少数派である高校卒業者である[3]

来歴[編集]

盈進高校卒業後に地方競馬教養センター短期騎手課程に第22期生として入る[4]。同期は岩田康誠ら。

地方競馬福山競馬場高本修一厩舎に所属して1991年7月27日、福山競馬第6競走(アラブ系C2条件戦)でレース初騎乗(騎乗馬はシズヒロヒカリ、8頭立て7番人気6着)。同年8月15日、福山競馬第2競走(アラブ系3歳一般戦)でアレッポランク(9頭立て2番人気)に騎乗し、初勝利を挙げる。

1992年8月9日、第7回全日本新人王争覇戦出場(10人中8位)[5]

デビューして数年で福山競馬のリーディング上位に定着し、1999年2001年2003年[2]2006年[2][6]にはリーディングジョッキーとなる。

2008年2月24日京都競馬第7競走(3歳500万下)でウルトラエナジーに騎乗(16頭立て11番人気16着)し、中央競馬初騎乗[7]。同年3月1日、福山競馬第9競走でユノギャラクシアに騎乗し、地方競馬通算1500勝を達成[8]

高知競馬場福山競馬場の所属騎手により争われる「スタージョッキーシリーズ」では、2007年7月[9]2009年3月[10]の2度総合優勝している。両競馬場の連携により高知競馬場での騎乗機会が増え、2010年には重賞の黒潮マイルチャンピオンシップでも優勝した[11]

2010年6月20日、福山競馬第9競走のくちなしの花特別(A3)でナリタブラック(8頭立て2番人気)に騎乗し、地方競馬通算1700勝を達成した。

これまでにもJRA挑戦の試験を受け続けていたが、2011年には日本中央競馬会(JRA)移籍を目指すことを発表し、同年の一次試験に合格したが、二次試験で不合格となった。翌2012年も受験し一次試験、二次試験ともに合格した[12]。9回目での合格であった[13]。2013年3月1日付でJRAの騎手となる。所属は笹田和秀厩舎で、笹田とは高校の先輩後輩の間柄であり、さらに「サッカー部の主将」という共通点もあって、20年近くに渡って親交がある[14]

地方通算成績は12714戦1968勝・2着1726回・3着1552回・勝率15.5・連対率29.1%(2013年2月28日現在)。

2013年5月11日、京都競馬場で行われた第10競走彦根ステークス(3歳上・1600下)で、リュンヌに騎乗(2番人気)し移籍後73戦目にしてJRA初勝利を挙げた[15]

2014年3月1日、所属の笹田厩舎を離れフリーとなる[16]

2020年5月17日、ヴィクトリアマイルでメジェールスーに騎乗し、移籍7年目でGI初騎乗(16頭立て14番人気16着)。

受賞歴[編集]

騎手成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
地方 初騎乗 1991年7月27日 7回福山1日6R アラ系一般C2 シズヒロヒカリ 8頭 7 6着
初勝利 1991年8月15日 8回福山3日2R アラ系3才 アレッポランク 9頭 2 1着
重賞初勝利 1992年2月23日 18回福山2日9R キングカップ イムラッドキング 10頭 3 1着
中央 初騎乗 2008年2月24日 2回京都8日7R 3歳500万下 ウルトラエナジー 16頭 11 16着
初勝利 2013年5月11日 3回京都7日 彦根ステークス リュンヌ 15頭 2 1着
重賞初騎乗 2013年8月18日 2回小倉8日 北九州記念 カラフルデイズ 15頭 14 9着
GI初騎乗 2020年5月17日 2回東京8日 ヴィクトリアマイル メジェールスー 16頭 14 16着
年度 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率
2008年 0 0 0 4 .000 .000 .000
2013年 4 5 5 242 .017 .037 .058
2014年 6 1 2 193 .031 .036 .047
2015年 4 5 4 157 .025 .057 .083
2016年 7 11 5 145 .048 .124 .159
2017年 4 4 10 133 .030 .060 .135
2018年 9 6 4 152 .059 .099 .125
2019年 7 11 11 166 .042 .108 .175
2020年 3 2 3 102 .029 .049 .078
2021年 0 4 4 89 .000 .045 .090
中央 44 49 48 1383 .031 .067 .102

主な騎乗馬[編集]

  • イムラッドキング(1992年キングカップ、1993年新春賞、ローゼンホーマ記念) 
  • ゴウドウトップラン(1995年クイーンカップ
  • ボールドインター(1997年ヤングチャンピオン)
  • アキフジクラウン(1998年福山ダービー、鞆の浦賞、1999年ローゼンホーマ記念、福山桜花賞、福山菊花賞、2000年福山大賞典全日本セイユウ賞アラブ大賞典
  • コピエ(1999年銀杯)
  • ユノアウトロー(1999年ヤングチャンピオン)
  • イクノシンプウ(2000年クイーンカップ)
  • ギャラクシア(2000年ヤングチャンピオン)
  • モナクマリン(2000年アラブ王冠
  • ドリーミング(2001年金杯
  • シュウホウウイーク(2001年福山3歳牝馬特別)
  • モナクカバキチ(2002年銀杯)
  • ムツミセンター(2004年九州アラブ栄冠)
  • モナクラムセス(2006年新春賞)
  • モナクリュウオー(2006年鞆の浦賞)
  • イテオンウイーク(2007年新春賞)
  • イケノスリリング(2007年福山アラブダービー、アラブ王冠)
  • ウルトラエナジー(2008年クイーンカップ)
  • モナクキララ(2008年福山チャンピオンシップ
  • ブラウンコマンダー(2009年福山マイラーズカップ)
  • ファンドリコンドル(2009年福山スプリントカップ
  • ナリタブラック(2010年福山大賞典)
  • ウィークリーショウ(2010年鞆の浦賞)
  • ジョインアゲン(2010年黒潮マイルチャンピオンシップ
  • キングサラディン(2011年高知県知事賞
  • アグリノキセキ(2012年福山弥生賞)
  • グランシュヴァリエ(2012年ファイナルグランプリ
  • サマースピード(2012年福山桜花賞)
  • ミッドコサージュ(2012年福山3歳牝馬特別)
  • キモンエンジェル(2012年鞆の浦賞)
  • エンジェルフェイス(2018年新春ステークス)
  • アイラブテーラー(2019年舞子特別) - デビューから4戦目までコンビを組む

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 平成28年度 騎手免許試験合格者 (PDF)”. 日本中央競馬会 (2016年2月11日). 2016年3月25日閲覧。
  2. ^ a b c 福山競馬61年 ひと・模様 <9> 真剣な走りで恩返しYOMIURI ONLINE、2010年12月20日。
  3. ^ JRA競馬学校第1期生世代に相当する1966年生以降のJRA所属騎手で、高校を卒業した騎手は横山賀一細江純子クリストフ・ルメール小牧加矢太とこの岡田の5人のみである(ただし競馬学校出身は細江のみである)。また、大学に進学して卒業した騎手も川合達彦のみである(高校には進学していないものの、旧・大学入学資格検定を現役騎手時代に受検し、現役生活を続けながら大学に入学し卒業)
  4. ^ 現在は短期課程は廃止されている。
  5. ^ 『優駿』1992年10月号、日本中央競馬会、134-135頁
  6. ^ 特別企画「リーディングドリームマッチ」競走について”. 2012年8月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年3月19日閲覧。
  7. ^ 2月24日(日)『フェブラリーS(東京)、地方勢は10着が最高』他ラジオNIKKEI競馬実況web、2008年2月25日。
  8. ^ 福山の岡田祥嗣騎手、地方通算1500勝達成netkeiba.com、2008年3月1日。
  9. ^ 福山vs高知騎手対抗戦は岡田祥嗣騎手が優勝」netkeiba.com、2007年7月22日。
  10. ^ 3月 7日(土)『福山・こうちスタージョッキーズシリーズは岡田祥嗣騎手』他」ラジオNIKKEI競馬実況web、2009年3月7日。
  11. ^ 岡田祥嗣騎手が「第6回黒潮マイルチャンピオンシップ」(高知競馬場)で優勝!”. 2012年8月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年3月19日閲覧。
  12. ^ 2013年度 調教師・騎手免許試験合格者”. JRA 日本中央競馬会 (2013年2月7日). 2013年2月7日閲覧。
  13. ^ 【中央移籍から3年半】岡田祥嗣騎手(1)『9年越しの悲願成就 福山のトップからJRAへ』”. netkeiba.com. 2021年12月4日閲覧。
  14. ^ 41歳の新人ジョッキー(井上) - 地方KEIBAリレーブログ|CLUB A-PAT CAFE、2013年2月14日
  15. ^ 福山競馬出身、41歳岡田祥嗣騎手が73戦目でJRA初勝利 - ネットケイバ
  16. ^ 中舘、丹内らフリーに所属変更 - スポニチ Sponichi Annex ギャンブル” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2021年8月24日閲覧。
  17. ^ 『NARグランプリ2009』表彰馬・表彰者決定!」地方競馬全国協会、2010年1月7日。
  18. ^ 2008年年間リーディング表彰式のご案内”. 2009年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]