ハヤヤッコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハヤヤッコ
Hayayakko Aldebaran Stakes 2020.jpg
欧字表記 Hayayakko[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 白毛[1]
生誕 2016年2月10日(6歳)[1]
登録日 2018年4月5日
キングカメハメハ[1]
マシュマロ[1]
母の父 クロフネ[1]
生国 日本の旗 日本北海道安平町[1]
生産者 ノーザンファーム[1]
馬主 金子真人ホールディングス(株)[1]
調教師 国枝栄美浦[1]
競走成績
生涯成績 30戦6勝[1]
獲得賞金 1億9620万5000円[1]
(2022年8月21日現在)
勝ち鞍
GIII レパードS 2019年
GIII 函館記念 2022年
Listed ブラジルC 2020年
テンプレートを表示

ハヤヤッコ(欧字名:Hayayakko2016年2月10日 - )は、日本競走馬[1]。主な勝ち鞍は2019年レパードステークス2022年函館記念

馬名の意味は、「速くて白い」[2]白毛馬として初めて中央競馬 (JRA) の重賞競走に優勝した[3][2][4][5][6]

出自[編集]

2016年2月10日、北海道安平町ノーザンファームで誕生。突然変異白毛として生まれた祖母シラユキヒメから広がる白毛一族の一頭である。

母マシュマロは白毛馬として史上初となる新馬勝ち[7][8]を達成した競走馬。伯父ホワイトベッセルは白毛馬として史上初のJRA競走勝ち馬[9]。伯母ユキチャン関東オークスで白毛馬として史上初となる重賞勝利を達成する[10][11]など地方交流重賞3勝を挙げた。

2022年ヴィクトリアマイルを勝った同じく白毛のソダシいとこにあたる。

前述の4頭及び父キングカメハメハ・母父クロフネと同じく金子真人の所有馬となり、美浦国枝栄厩舎に入厩した。

戦績[編集]

  • 特記事項なき場合、本節の出典はJBISサーチによる[12]

2歳(2018年)[編集]

2018年6月24日、東京競馬場での芝の新馬戦でデビューし、3着[13]。白毛一族は主にダートで成績を残しているが、管理する国枝が可能性を探るため芝の新馬戦が選ばれた[14]。2走目の新潟競馬場での未勝利戦で初勝利を挙げる[15]。10月20日東京のアイビーステークスクロノジェネシスの8着となったあと、初ダート戦となる11月17日もちの木賞でノーヴァレンダの4着に入った[16]

3歳(2019年)[編集]

2019年初戦、1月26日の500万下競走、3月3日の500万下競走を2戦連続で2着としたのち[17][18]、3月23日の500万下競走で2勝目を挙げた[19]。5月12日、青竜ステークスは8着に終わったものの、8月4日に行われたレパードステークスでは10番人気の評価を覆してデルマルーヴルを差し切り優勝、史上初となる白毛馬によるJRA重賞制覇を達成した[3][20][2][4][5][6][注釈 1]。この勝利はイギリスの競馬新聞社レーシング・ポストも取り上げた[23]。このレパードステークスは直前に急死したディープインパクトの追悼競走でもあり、馬主の金子にとっては自身の所有馬であったディープインパクトの追悼競走を自身の所有馬で制したこととなった[4][24][5][6]。その後はシリウスステークスみやこステークスへの出走を視野に入れていたが[25][26]、喉の炎症による休養が長引き、レースには出走せず2019年のシーズンを終える[27]

4歳(2020年)[編集]

2020年は初戦のポルックスSでスワーヴアラミスの2着に入る[28]。しかしアルデバランステークスは10着と惨敗[29]。次走の総武ステークスでは再び2着と盛り返した[30]が、平安ステークスでは12着、別定58kgで挑んだアハルテケステークスは10着とともに惨敗する。続くBSN賞は勝ち馬から0.1秒差の3着に入る。次走、ラジオ日本賞は5着に敗れるがブラジルカップを道中最後方から直線半ばで外に出すと上がり最速の末脚でグレートタイムに2馬身差をつけ快勝。約1年2か月ぶりの勝利となった[31]

5歳(2021年)[編集]

2021年初戦、東海ステークスは最後方から仕掛けるも6着に敗れた。続く総武ステークスは後方から追い込み3着に入る。次走、マーチステークスは5着、ブリリアントステークスは8着に敗れたが、続くスレイプニルステークスは道中最後方に構えると直線で外から一気に各馬を差し切り、2着バンクオブクラウズに3/4馬身差をつけ優勝、5勝目を飾った[32]。その後は休養に入り、3か月半ぶりとなったシリウスステークスは10着に沈んだ。昨年優勝したブラジルカップは後方2番手から追い込んだが4着に敗れた。

6歳(2022年)[編集]

6歳初戦として東海ステークスに出走したが、14着に敗れた。続いて2歳以来の芝のレースとなる日経賞に出走し、5着に入賞した。その次走も芝の天皇賞(春)となったが、15着に惨敗した。

7月17日、デビュー以来初めての北海道でのレースとなる函館記念に出走[33]。前日から降り続いた雨によって重馬場でレースが施行される中、中団前方インコースのポジショニングから3コーナーで外目に持ち出し、最後の直線入口で先頭に立つとそのまま3/4馬身差をつけて優勝[34][35]。3歳時のレパードステークス以来となる重賞2勝目、芝での重賞初勝利を挙げた。

競走成績[編集]

以下の内容は、JBISサーチ[12]およびnetkeiba.com[36]に基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上がり3F)
着差 騎手 斤量
[kg]
1着馬(2着馬) 馬体重
[kg]
2018.06.24 東京 2歳新馬 芝1800m(重) 14 8 14 006.60(3人) 03着 R1:50.8(34.7) -0.3 0三浦皇成 54 アンブロークン 444
0000.08.05 新潟 2歳未勝利 芝1800m(良) 10 8 10 001.70(1人) 01着 R1:49.4(34.2) -0.6 0C.ルメール 54 (アトミックフォース) 452
0000.10.20 東京 アイビーS OP 芝1800m(良) 10 6 6 007.70(4人) 08着 R1:49.5(33.1) -0.9 0C.ルメール 55 クロノジェネシス 456
0000.11.17 京都 もちの木賞 500万下 ダ1800m(良) 10 7 8 006.20(3人) 04着 R1:53.0(37.8) -0.8 0浜中俊 55 ノーヴァレンダ 460
2019.01.26 東京 3歳500万下 ダ1600m(良) 14 3 4 004.60(2人) 02着 R1:39.4(36.9) -0.0 0O.マーフィー 56 リープリングスター 466
0000.03.03 中山 3歳500万下 ダ1800m(稍) 10 7 8 004.70(3人) 02着 R1:54.5(37.9) -0.2 0武豊 56 マドラスチェック 470
0000.03.23 中山 3歳500万下 ダ1800m(良) 16 8 15 003.00(2人) 01着 R1:54.3(38.2) -0.6 0武豊 56 (ゴルドマイスター) 468
0000.05.12 東京 青竜S OP ダ1600m(良) 12 3 3 018.90(6人) 08着 R1:37.6(36.1) -1.0 0武豊 56 デュープロセス 464
0000.08.04 新潟 レパードS GIII ダ1800m(良) 15 4 6 024.0(10人) 01着 R1:51.3(37.8) -0.0 0田辺裕信 56 デルマルーヴル 466
2020.01.12 中山 ポルックスS OP ダ1800m(良) 15 3 4 005.20(3人) 02着 R1:53.4(37.3) -0.7 0O.マーフィー 56 スワーヴアラミス 482
0000.02.08 京都 アルデバランS OP ダ1900m(良) 16 6 11 006.90(3人) 10着 R1:59.4(37.7) -2.1 0川田将雅 56 ロードレガリス 482
0000.03.08 中山 総武S OP ダ1800m(重) 16 6 11 006.40(3人) 02着 R1:53.1(36.9) -0.2 0L.ヒューイットソン 57 メイショウワザシ 480
0000.05.23 京都 平安S GIII ダ1900m(良) 14 3 4 076.0(11人) 12着 R1:57.8(36.9) -1.8 0斎藤新 57 オメガパフューム 474
0000.06.27 東京 アハルテケS OP ダ1600m(稍) 13 4 5 016.20(8人) 10着 R1:37.2(36.2) -1.1 0田辺裕信 58 アシャカトブ 468
0000.08.29 新潟 BSN賞 L ダ1800m(良) 10 2 2 007.70(3人) 03着 R1:50.6(36.0) -0.1 0田辺裕信 56 ロードブレス 472
0000.09.19 中山 ラジオ日本賞 OP ダ1800m(良) 16 8 16 005.00(2人) 05着 R1:52.5(38.2) -0.9 0内田博幸 57 レピアーウィット 472
0000.10.25 東京 ブラジルC L ダ2100m(良) 11 1 1 006.00(2人) 01着 R2:08.8(36.6) -0.4 0田辺裕信 56 (グレートタイム) 474
2021.01.24 中京 東海S GII ダ1800m(不) 15 6 10 008.20(3人) 06着 R1:49.9(36.9) -0.7 0田辺裕信 56 オーヴェルニュ 488
0000.03.07 中山 総武S OP ダ1800m(良) 16 8 15 005.90(3人) 03着 R1:53.7(37.3) -0.2 0田辺裕信 58 ナムラカメタロー 486
0000.03.28 中山 マーチS GIII ダ1800m(稍) 16 4 8 013.50(4人) 05着 R1:51.8(37.7) -0.8 0三浦皇成 57 レピアーウィット 480
0000.05.09 東京 ブリリアントS L ダ2100m(良) 16 3 6 004.30(2人) 08着 R2:11.0(36.9) -1.4 0田辺裕信 57 ヒロイックテイル 480
0000.06.19 東京 スレイプニルS OP ダ2100m(重) 16 5 9 009.70(5人) 01着 R2:08.0(35.6) -0.1 0田辺裕信 58 (バンクオブクラウズ) 482
0000.10.02 中京 シリウスS GIII ダ1900m(良) 16 5 10 010.70(6人) 10着 R1:59.1(38.8) -1.7 0田辺裕信 57.5 サンライズホープ 488
0000.10.24 東京 ブラジルC L ダ2100m(良) 16 8 16 006.30(3人) 04着 R2:09.8(36.1) -0.4 0内田博幸 57.5 グレートタイム 484
0000.12.28 阪神 ベテルギウスS L ダ1800m(良) 16 5 9 016.10(9人) 09着 R1:53.1(37.0) -1.4 0坂井瑠星 59 アイオライト 494
2022.01.23 中京 東海S GII ダ1800m(良) 16 4 7 030.60(9人) 14着 R1:53.8(38.7) -2.1 0池添謙一 56 スワーヴアラミス 498
0000.03.26 中山 日経賞 GII 芝2500m(稍) 15 2 2 103.6(13人) 05着 R2:35.8(34.6) -0.4 0大野拓弥 56 タイトルホルダー 484
0000.05.01 阪神 天皇賞(春) GI 芝3200m(稍) 18 6 12 058.1(11人) 15着 R3:21.1(39.6) -4.9 0武豊 58 タイトルホルダー 476
0000.07.17 函館 函館記念 GIII 芝2000m(重) 16 1 1 018.80(7人) 01着 R2:03.6(37.8) -0.2 0浜中俊 57 (マイネルウィルトス) 480
0000.08.21 札幌 札幌記念 GII 芝2000m(良) 16 4 7 029.10(8人) 10着 R2:02.4(36.6) -1.2 0池添謙一 57 ジャックドール 474
  • 競走成績は2022年8月21日現在

血統表[編集]

ハヤヤッコ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ミスタープロスペクター系
[§ 2]

キングカメハメハ
2001 鹿毛
父の父
Kingmambo
1990 鹿毛
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Miesque Nureyev
Pasadoble
父の母
*マンファス
1991 黒鹿毛
*ラストタイクーン *トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird Blakeney
The Dancer

マシュマロ
2009 白毛
*クロフネ
1998 芦毛
*フレンチデピュティ Deputy Minister
Mitterand
*ブルーアヴェニュー Classic Go Go
Eliza Blue
母の母
シラユキヒメ
1996 白毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
*ウェイブウインド Topsider
Storm and Sunshine
母系(F-No.) ウェイブウインド(USA)系(FN:2-w) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer S5×S5×M5 = 9.38% [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ[37]およびnetkeiba.com[38]
  2. ^ netkeiba.com[38]および競馬ラボ[39]
  3. ^ JBISサーチ[37]
  4. ^ JBISサーチ[37]およびnetkeiba.com[38]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 日本国外での白毛馬による重賞勝ちとしては、イギリスのルースブラン (Russe Blanc) [21]が2016年に障害競走クラシックチェイス英語版 (G3) を制している例がある[22][23]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o ハヤヤッコ” (日本語). JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2022年8月21日閲覧。
  2. ^ a b c 【レパードS】史上初!ハヤヤッコ、白毛JRA重賞V” (日本語). sanspo.com. 産経デジタル (2019年8月5日). 2022年7月16日閲覧。
  3. ^ a b 【レパードS】10番人気ハヤヤッコがV! 史上初、白毛馬のJRA重賞制覇!/JRAレース結果 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2019年8月4日). 2019年8月4日閲覧。
  4. ^ a b c 【レパードS】ハヤヤッコが白毛馬初のJRA重賞制覇 ディープ追悼競走でディープのオーナーが勝利 田辺「歴史的なこと」” (日本語). スポーツ報知. 報知新聞社 (2019年8月4日). 2019年8月4日閲覧。
  5. ^ a b c 松田直樹 (2019年8月5日). “白毛ハヤヤッコ重賞Vついに歴史動いた/レパードS” (日本語). nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 2022年7月16日閲覧。
  6. ^ a b c 【レパードS】ハヤヤッコ来た!JRA重賞史上初の白毛馬V” (日本語). sponichi.co.jp. スポーツニッポン新聞社 (2019年8月5日). 2022年7月16日閲覧。
  7. ^ マシュマロが白毛馬初のデビューV/新馬” (日本語). nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2011年11月13日). 2013年6月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年8月4日閲覧。
  8. ^ マシュマロ初陣V 白毛馬の新馬勝ちは初” (日本語). sanspo.com. 産経デジタル (2011年11月13日). 2019年6月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年7月16日閲覧。
  9. ^ JRA初、白毛馬ホワイトベッセルが勝利 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2007年4月1日). 2019年8月4日閲覧。
  10. ^ ユキチャン白毛馬初重賞V/関東オークス” (日本語). nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2008年6月19日). 2015年4月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年8月4日閲覧。
  11. ^ ユキチャン、白毛馬初の重賞V! | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2008年6月18日). 2022年7月16日閲覧。
  12. ^ a b 競走成績:全競走成績|ハヤヤッコ” (日本語). JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2022年7月16日閲覧。
  13. ^ 【メイクデビュー東京レース後コメント】アンブロークン石川裕紀人騎手ら | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2018年6月24日). 2019年8月4日閲覧。
  14. ^ 【POG】“白毛一族”ハヤヤッコが芝デビュー 国枝師「可能性探りたい」 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2018年6月20日). 2019年8月4日閲覧。
  15. ^ 【2歳未勝利】(新潟1R)〜白毛馬ハヤヤッコが4馬身差の快勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI” (日本語). radionikkei.jp. 日経ラジオ社 (2018年8月5日). 2019年8月4日閲覧。
  16. ^ 【もちの木賞】ノーヴァレンダが2番手から抜け出し2連勝/JRAレース結果 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2018年11月17日). 2020年4月6日閲覧。
  17. ^ 【3歳500万下】(東京4R) リープリングスターがしぶとく脚を伸ばし2勝目をあげる | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2019年1月26日). 2019年8月4日閲覧。
  18. ^ 【3歳500万下】(中山4R) 初ダートのマドラスチェックが逃げ切り | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2019年3月3日). 2019年8月4日閲覧。
  19. ^ 【3歳500万下】(中山6R) ハヤヤッコが好位から突き抜け快勝 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2019年3月23日). 2019年8月4日閲覧。
  20. ^ 島田明宏 (2019年8月4日). “【勝負の分かれ目 レパードS】田辺騎手の好リードで、白毛のニュースター誕生 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2019年8月4日閲覧。
  21. ^ Russe Blanc | Race Record & Form” (英語). racingpost.com. Racing Post. 2019年8月4日閲覧。
  22. ^ Full Result 3.35 Warwick | 16 January 2016” (英語). racingpost.com. Racing Post (2016年1月16日). 2019年8月4日閲覧。
  23. ^ a b Masakazu Takahashi (2019年8月4日). “Extremely rare white thoroughbred wins Group 3 in Japan” (英語). racingpost.com. Racing Post. 2019年8月5日閲覧。
  24. ^ 【レパードS】ディープ追悼競走でディープオーナー所有馬が快挙 ハヤヤッコが白毛馬初の重賞制覇” (日本語). 東スポWeb. 東京スポーツ (2019年8月4日). 2019年8月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年7月16日閲覧。
  25. ^ 【次走】白毛重賞馬ハヤヤッコはシリウスSを視野に | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2019年8月8日). 2020年1月12日閲覧。
  26. ^ 【次走報・関東馬】ロードクエストはスワンS、ハヤヤッコはみやこSへ | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2019年9月13日). 2020年1月12日閲覧。
  27. ^ 【ポルックスS】ハヤヤッコ ノドの炎症で休養長引くも「今は問題ない」” (日本語). 東スポWeb. 東京スポーツ新聞社 (2020年1月8日). 2020年1月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年1月12日閲覧。
  28. ^ 【ポルックスS】スワーヴアラミスが早め先頭から押し切り完勝/JRAレース結果 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2020年1月12日). 2020年4月6日閲覧。
  29. ^ 【アルデバランS】ロードレガリスが断然人気に応えて6連勝/JRAレース結果 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2020年2月8日). 2020年4月6日閲覧。
  30. ^ 【総武S】メイショウワザシがマイペースで逃げ切る/JRAレース結果 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2020年3月8日). 2020年4月6日閲覧。
  31. ^ ハヤヤッコV、田辺「手応えバッチリ」/ブラジルC|極ウマ・プレミアム” (日本語). nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2020年10月25日). 2021年10月28日閲覧。
  32. ^ 【スレイプニルS結果】白毛のハヤヤッコが直線一気でV! | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2021年6月19日). 2021年10月28日閲覧。
  33. ^ 【函館記念】ハヤヤッコ陣営から“キラーワード”が出た! 「函館の水が合う」/トレセン発秘話 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2022年7月19日閲覧。
  34. ^ 【函館記念・直前馬場情報】池添「内というより全体的に重い」 タフな戦いで現地記者が激走候補に挙げる伏兵馬とは?” (日本語). 東スポ競馬. 2022年7月19日閲覧。
  35. ^ 【函館記念結果】白毛馬ハヤヤッコが鮮やかな変わり身で芝ダート両重賞制覇達成 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2022年7月19日閲覧。
  36. ^ ハヤヤッコ | 競走馬データ” (日本語). netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2022年7月16日閲覧。
  37. ^ a b c 血統情報:5代血統表|ハヤヤッコ|JBISサーチ(JBIS-Search)” (日本語). JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月4日閲覧。
  38. ^ a b c ハヤヤッコの血統表 | 競走馬データ” (日本語). netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2019年8月4日閲覧。
  39. ^ ハヤヤッコ - Hayayakko - 競走馬データベース” (日本語). 競馬ラボ. 株式会社do Innovation. 2022年7月16日閲覧。

外部リンク[編集]