新川恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新川恵
Megumu-Shinkawa20100313.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県
生年月日 (1943-11-24) 1943年11月24日(76歳)
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 阪神・佐藤勇(1962年 - 1968年)
阪神・澁川久作(1968年 - 1969年)
中山・稗田敏男(1969年)
中山・中野吉太郎(1970年 - 1972年)
中山・松永光雄(1972年 - 1973年)
栗東・布施正(1973年 - 引退)
初免許年 1962年
免許区分 平地
騎手引退日 1978年
通算勝利 1953戦175勝
調教師情報
初免許年 1978年(1979年開業)
調教師引退日 2013年2月28日
経歴
所属 栗東T.C.
テンプレートを表示

新川 恵(しんかわ めぐむ、1943年11月24日 - )は、日本中央競馬会栗東トレーニングセンターに所属していた元調教師で、元騎手。義理の父(妻の父)に元調教師の布施正、義理の妹たち(妻の妹たち)の配偶者に元調教師の岩元市三柴田光陽らがいる。新川は結婚前の姓で、結婚後は布施姓となっていたが、その後ふたたび新川姓に戻っている。

来歴[編集]

1961年阪神佐藤勇厩舎所属の騎手見習いとなる。翌1962年騎手免許を取得し、同厩舎所属でデビュー。1968年に同じく阪神の澁川久作厩舎所属、1969年に関東・中山稗田敏男厩舎所属、1970年には中山の中野吉太郎厩舎所属、1972年に中山の松永光雄厩舎所属、1973年に再び関西の栗東布施正厩舎所属と、いくつもの厩舎を渡り歩いた。 1978年に調教師免許を取得し、騎手を引退した。騎手成績は中央競馬通算1952戦175勝。

1979年に厩舎を開業。初出走は同年10月20日中京第8競走のシゲルファイターで11着、初勝利は同年12月22日阪神第7競走のベルアンドベルで、延べ11戦目であった。1981年京都大賞典をイナドコトブキで制し、重賞初勝利を挙げた。G1競走勝利は達成出来なかった。

騎手は小牧太芹沢純一、弟子である高井彰大の起用が特に多く、この3人が主戦騎手と言える存在であった。

2013年2月28日付で、調教師を引退した[1]


騎手成績[編集]

通算成績 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率
平地 141 137 168 1798 .078 .155
障害 34 30 22 155 .219 .413
175 167 190 1953 .090 .175
日付 競走名 馬名 頭数 人気 着順
重賞初騎乗 1965年6月20日 アラブ大障害(春) トツプモード 6頭 5 5着
GI級初騎乗 1966年4月10日 桜花賞 タニノジヨウイナ 23頭 22 13着

調教師成績[編集]

日付 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 1979年10月20日 - シゲルファイター - - 5着
初勝利 1979年12月22日 - ベルアンドベル - - 1着
重賞初出走 1980年5月11日 阪急杯 イナドコトブキ 13頭 1 3着
重賞初勝利 1981年10月4日 京都大賞典 イナドコトブキ 8頭 2 1着
GI初出走 1981年11月8日 菊花賞 アジシバオー 21頭 4 6着

主な管理馬[編集]

主な厩舎所属者[編集]

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

  • 栄森己喜男(1980年-1981年 騎手)
  • 高井彰大(2003年-2010年 騎手)

脚注[編集]

  1. ^ 引退調教師情報  新川 恵(シンカワ メグム)”. 日本中央競馬会. 2013年3月15日閲覧。

関連項目[編集]