小西喜蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小西喜蔵
Konishi kizou.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岩手県岩手郡米内村(現・盛岡市
生年月日 1908年7月17日
死没 1989年7月28日(81歳没)
騎手情報
所属団体 東京競馬倶楽部
日本競馬会
国営競馬
日本中央競馬会
所属厩舎 田中和吉・新潟(1926年 - ?)
田中和一郎目黒-東京(1929年 - 1950年)
初免許年 1929年
騎手引退日 1950年
重賞勝利 14勝
G1級勝利 6勝
通算勝利 1337戦298勝
調教師情報
初免許年 1950年8月24日
調教師引退日 1989年3月1日(定年)
重賞勝利 20勝
G1級勝利 2勝
通算勝利 5885戦575勝(1954年以降)
経歴
所属 東京競馬場(1950年 - 1978年)
美浦T.C.(1978年 - 1989年)
テンプレートを表示

小西 喜蔵(こにし きぞう、1908年7月17日 - 1989年7月28日)は、日本の騎手新潟競馬倶楽部東京競馬倶楽部日本競馬会国営競馬)、調教師。(国営競馬、日本中央競馬会)。

岩手県岩手郡米内村上田(現在の盛岡市高松)出身。日本競馬史上初のクラシック三冠達成騎手。

仁王小学校卒業、盛岡高等小学校(現・下橋中学校)卒業。

子息は1男4女であり、帝京大学教授小西厚子は長女[1]。元調教助手と厩務員であった小西聖一は長男(厚子の弟で5人兄妹の4番目)[2]であり、1943年9月1日生まれである[3]

経歴[編集]

騎手時代[編集]

1908年7月17日岩手県岩手郡米内村の農家に11人兄弟の次男として生まれた。1923年高等小学校を卒業した後岩手種馬所の牧夫になった小西は、種馬所に近い小岩井農場に繋養されていたサラブレッドを目にするうちにその美しさに魅せられ、騎手を志すようになった。1926年、小西は岩手種馬所を退職し、かねてから面識のあった新潟競馬場調教師田中和吉に弟子入りした。

弟子入りしてまもなく田中が死去した。1929年4月に田中の弟・和一郎が目黒競馬場に厩舎を開業すると小西はその弟子となり、同年秋に騎手としてデビューした。デビュー当初の小西は障害競走で活躍を見せた。代表的な騎乗馬はハナフブキ(1939年の中山大障害(春)優勝馬コクオー半兄)で、小西とハナフブキのコンビは6勝を挙げた。小西がハナフブキに騎乗して障害を飛越しているところを撮影した写真がポスターになったこともある。平地競走においても堅実な成績を収めていたが、厩舎の先輩騎手には野平省三や田村仁三郎がおり、師である田中和一郎自身も騎手を務めた(この時代の調教師は騎手を兼ねることができた)ため、活躍の場はなかなか巡ってこなかった。そんな中、1936年にはツキヤスに騎乗して目黒記念(秋)を優勝。重賞初制覇を果たしている。

1937年に田中が調教師に専念するようになって以降は、東京優駿(大)競走に毎年出場するなど小西の活躍の場は増えていった。1939年カブトヤマガヴアナー全弟にあたるロツキーモアーに騎乗して帝室御賞典(秋)優勝を果たした。

セントライトに騎乗する小西喜蔵

1941年春、小西は3歳の牡馬セントライトとコンビを組むことになった。デビュー当時小西のセントライトに対する評価はあまり高くはなかったが、セントライトは7番人気で迎えたデビュー戦を優勝すると続く横浜農林省賞典四歳呼馬も優勝して小西を驚かせた。東京優駿競走では小西が「苦心したところがない」と振り返るレースぶりで2着馬に8馬身の差をつけて優勝。クラシック三冠のうち二冠を制覇した。小西とセントライトのコンビは10月の京都農林省賞典四歳呼馬も優勝し、それぞれ史上初のクラシック三冠達成騎手、クラシック三冠馬となった。なお、小西はクラシック三冠競走において2700円の進上金を獲得したが、償還期間が10年の国債で支払われたため、太平洋戦争終結とともに紙屑と化した。

1942年、小西はセントライトの半弟・アルバイト(後にクリヒカリに改名)に騎乗して横浜農林省賞典四歳呼馬を優勝。1943年には同馬に騎乗して帝室御賞典(秋)を優勝した。

太平洋戦争が激化すると小西は家族を故郷の米内村に疎開させ、自身は近くの滝沢村巣子にあった日本競馬会東北支所で能力検定競走に携わった。太平洋戦争終戦後の1946年10月17日に競馬が再開されると小西は騎手として復帰し、東京競馬場の第1競走で優勝。再開後初の競走での優勝騎手となった。

調教師時代[編集]

1950年8月10日、小西は調教師免許を取得し厩舎を開業した。同年9月24日に初出走を果たし、翌10月8日に初勝利を挙げた。

1952年サチヒカリで中山大障害(秋)を優勝し、重賞初制覇を達成。1957年にはヤマカブトで中山大障害(秋)を優勝した他、ラプソデー菊花賞を優勝し、八大競走初制覇を達成した。1960年川崎競馬場から転厩してきたタカマガハラは小西の下で実力を本格化させ、1961年天皇賞(秋)など重賞を3勝。1962年にはアメリカジョッキークラブカップを優勝しワシントンDCインターナショナルに日本産馬・日本調教馬として初めて出走を果たすなど小西の調教師生活における最大の活躍馬となった。

その後の小西の管理馬の中で最も有名なのはラプソデーの半弟ミハルカスである。ミハルカスは、セントライト以来日本競馬史上2頭目のクラシック三冠馬となったシンザン第10回有馬記念で戦い、レース史上に残る競り合いを演じたことで知られる。同馬に騎乗した加賀武見第4コーナーでシンザンに馬場状態の悪いインコースを走らせる意図で故意に外側のラチ近くに進路をとった。これに対しシンザンはミハルカスのさらに外、テレビカメラの視野から消え去るほど外に進路をとってミハルカスを交わし、優勝した。レース後、小西はシンザンの管理調教師であった武田文吾に近づき、「シンザンを超える馬は当分出てこないだろう」と賛辞を送った。

1989年3月1日に調教師を引退。その4か月後の7月28日に老衰のため死去した。

人物[編集]

  • 小西は温厚で無口な人物で知られた。後輩の野平好男は騎手として度々小西の指導を受けたが、怒られたことは一度もないと述べている。また長年に渡り親交のあった稲葉幸夫は小西の死に際し、「僕はついぞ、小西君が人の悪口を言うのを見たことがない」と述べた。
  • 生来手先が器用で、少年時代には鳥を飼う籠や馬に履かせる草履を自分で編んでいた。騎手になった後は狩猟を趣味とし、多摩川付近で魚を捕ったり鉄砲で鳥を撃つなどした。投網や鉄砲に籠める弾は自ら作った。

成績[編集]

騎手成績[編集]

通算成績 1着 2着 3着 4着以下 騎乗回数 勝率 連対率
298 217 195 637 1337 .229 .385

主な騎乗馬[編集]

※括弧内は小西騎乗時の優勝重賞競走。太字クラシックおよび御賞典競走

調教師成績[編集]

  • 通算成績5885戦575勝、うち重賞20勝(日本中央競馬会発足以後)

主な管理馬[編集]

※括弧内は小西管理下の優勝重賞競走。太字八大競走

主な厩舎所属者[編集]

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

  • 横山富雄(1961年-1968年 騎手)
  • 関口健太郎(1975年-1983年 騎手)
  • 三浦堅治(1982年-1985年 騎手)
  • 小西聖一(不明-1989年 調教助手、厩務員)

関連項目[編集]

  • 岩下密政 - 同門の後輩。小西と岩下、阿部正太郎の3人は「田中和一郎厩舎の三羽烏」と呼ばれた。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 井上康文 『新版 調教師・騎手名鑑1964年版』 大日本競馬図書出版会、1964年
  • 『調教師の本』 中央競馬ピーアール・センター、日本中央競馬会、1990年
  • 吉永みち子 『シンザン物語 蹄跡よ永遠に』 大和出版、1995年ISBN 4-8047-6044-X