横山富雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横山富雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道虻田郡豊浦町
生年月日 (1940-02-25) 1940年2月25日
死没 (2009-09-18) 2009年9月18日(69歳没)
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会
所属厩舎 東京小西喜蔵(1961 - 1968)
東京→美浦フリー(1968 - 1983)
初免許年 1961年3月5日
免許区分 平地(初期には障害免許も保持)
騎手引退日 1983年
1982年2月21日(最終騎乗)
重賞勝利 30勝
G1級勝利 7勝
通算勝利 4192戦559勝
テンプレートを表示

横山 富雄(よこやま とみお、1940年2月25日 - 2009年9月18日)は、北海道虻田郡豊浦町出身の元騎手調教助手

長男の横山賀一は元騎手・調教助手で現競馬学校教官、次男の横山典弘、孫の横山和生横山武史は現騎手[1]。娘婿は元騎手・現調教師の菊沢隆徳

人物[編集]

実家は農家であったが、横山が騎手になった頃には馬も生産していた。七人兄弟の三男として生まれ、実家の近くにはタカオーダイナナホウシュウなどの生産牧場として知られる飯原農場があり、子供の頃からよく遊びに行っていた。そこの場長に薦められて1955年に15歳で上京し、東京小西喜蔵厩舎に入門。騎手見習いとして働きながら、馬事公苑の短期講習生となる。1週間ほどの講習を年に2、3回受講するため、一般に、2年間しっかりと受講研修する長期講習生と比べて試験に合格するまで時間がかかる。そのため横山も弟子入りしてから試験に合格するまで6年の時間を要し、21歳になった1961年3月に騎手免許を取得[2]。同期生には吉永正人中野渡清一がいる。中野渡がデビューした翌日の同5日に東京第2競走4歳以上・マサミノルで初騎乗を果たし(12頭中9着)、吉永のデビュー日と同じ11日に2戦目となる東京第11競走5歳以上70万下・ウシワカで初勝利を挙げる[3]。デビューから1週間後に勝ち星を挙げ、1年目は平地と障害で5勝ずつの合計10勝で全国81位。一番勝ち星を挙げたのは中野渡の32勝(17位)で、吉永は横山より2勝少ない8勝(101位)であった。2年目の1962年4月22日に行われた中山大障害(春)・コウギヨレントゲンで重賞初騎乗を果たすと、3年目の1963年にはフジノオーを制して重賞初制覇を飾り、同年は前年の8勝から25勝で25位と順位も上げた。本当は稲部和久がフジノオーに騎乗する予定であったが、稲部が主戦を務めていたキンタイムも出走するため、横山に回ってきた。前哨戦のオープンから手綱を任され、4頭立ての4番人気で大障害1勝目に導いた[4]。以後同馬で1964年に春秋制覇、1965年には春で67kgを背負いながら、弟のフジノチカラに大差を付けて4連覇を達成。長男・賀一が誕生した1966年には3月26日中山第5競走障害5歳以上未勝利・フジノホマレで100勝目を挙げ、1967年にはリコウでステイヤーズSを制して平地重賞初制覇。リーディングでも自己最多の39勝を挙げ、ベストテン入りは逃したものの、自己最高の12位に入る。次男・典弘が誕生した1968年にはフジノホマレで中山大障害(春)を制し、同レース5勝目を挙げる。この年は障害で自己最多の26勝を挙げたほか、10月20日の東京第3競走障害4歳以上未勝利・クインサーフで障害通算100勝を達成。障害での勝率は.419、連対率は.629と驚異的な数字を残した[5]。同年から騎乗機会を求めて小西厩舎からも独立し、渡辺正人小野定夫に次ぐフリー騎手の先駆けとなる。渡辺は横山がデビューした2年後の1963年に引退し、小野は横山がフリーになった翌1969年に落馬事故が原因で亡くなった。1979年田村正光がフリーになるまで、横山がただ一人のフリー騎手であった[6]。1969年は徳吉一己がお手馬のメジロタイヨウを家庭の不幸により騎乗を辞退し、鞍上未定となっていたところを八木沢勝美調教師に「富雄は障害出身で長手綱だから、長距離に向いているのでは」と推薦されたことによってメジロタイヨウの主戦騎手となる[7]。同年5月アルゼンチンJCCスピードシンボリをハナ差抑えて平地重賞2勝目を挙げると、11月に不良馬場で行われた天皇賞(秋)では強豪のマーチスリュウズキフイニイを相手に八大競走及びGI級レース初制覇。その間の6月21日には中山第5競走4歳未勝利・メルドで200勝も達成。派手さはないものの職人肌の堅実な騎乗で人気があり、1970年には2月11日の東京第6競走サラ4歳オープン・キクノホープで平地通算100勝を達成。中央では史上初の平地・障害両方で通算100勝を達成した騎手となったが、この年を最後に障害競走の騎乗を止める。この年の夏には騎乗停止になったが、八木沢の薦めで函館に滞在していたメジロの馬に調教をつけた。それがきっかけでメジロムサシの主戦となり[8]北野豊吉率いるメジロの主戦騎手としても活躍。1971年からは平地に専念し、メジロムサシで天皇賞(春)宝塚記念を制覇。宝塚記念では3月目黒記念(春)に続くメジロアサマとのワンツーを決めており[9]、表彰式では2頭が揃って記念撮影を行った[10]1973年にはニットウチドリとのコンビで牝馬クラシック戦線を沸かせ、阪神4歳牝馬特別桜花賞キシュウローレルを相手に逃げ切る。続く優駿牝馬ではナスノチグサに2着と惜敗したものの、ナスノチグサと春以来の直接対決となったビクトリアカップで二冠を制覇。暮れの有馬記念ではハイセイコータニノチカラベルワイドら牡馬の強豪を引き連れるようにして逃げ、ストロングエイトの2着に粘って、同年の優駿賞最優秀4歳牝馬に輝いた。フリーの先駆者で競馬評論家に転身していた渡辺は、後に横山を「長距離レースのペース判断は現役騎手では一、二を争う」と称え、スピードタイプのニットウチドリが長い距離で活躍できたのは「馬に力があったのと同時に、横山の技術があってこそできた芸当だ」とも語っている[11]。同年5月19日に東京第4競走4歳未勝利・メジロオーサカで300勝を達成し、1975年には2月1日香港ハッピーバレー競馬場で行われた国際騎手招待競走「インターナショナルインビテーションカップ」[12]に日本人騎手として初めて参戦[13]。第4競走の騎手招待プレート(1235m・8頭立て)ではチョコレートボーイに騎乗して5着に終わったが[14] [15] [16]、第6競走の騎手招待杯(1800m・13頭立て)ではパリヌラスに騎乗してレスター・ピゴットイギリスの旗 イギリス)、ジョニー・ロー&パット・エデリーアイルランドの旗 アイルランド)、イヴ・サンマルタンフランスの旗 フランス)、ビル・スケルトン ニュージーランド)、ビル・ハータックアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)ら各国のチャンピオン騎手を抑えて優勝[17] [18] [19] [20]。見事に4万6875香港ドル日本円で280万円を獲得し[21]、現地の英字新聞でも報じられた[22] [23]11月8日にはツキサムホマレと共にワシントンDCインターナショナル(アメリカ)へ参戦し、グランドナショナルに出走したフジノオーは現地の騎手、凱旋門賞・ワシントンDC国際に出走したメジロムサシは野平祐二が騎乗したために海外のビッグレース初騎乗を果たす。レースでは発走前に落鉄してスタート時間を遅らせてしまうも、果敢な先行策で道中3番手に付けるなど見せ場を作ったが、向正面で一杯になると後退する一方で、結局は勝ち馬のノビリアリー(フランス)から30馬身離された9着に惨敗[24] [25]。終了後は日本短波放送の特別番組で国際電話によるインタビューに応えている[26]1976年11月14日に東京第8競走4歳以上600万下・トシマタケルで400勝目を挙げると、1978年には5番人気ながら単勝17.2倍の抽せん馬ファイブホープで優駿牝馬を制覇して牝馬三冠騎手となる[27]1979年宝塚記念からはメジロファントムとコンビを組み、天皇賞(秋)はスリージャイアンツに、有馬記念ではグリーングラスにそれぞれハナ差及ばずの2着。天皇賞では最後の直線でスリージャイアンツと併せ馬の形となったのが裏目となり、有馬記念ではカネミノブで連覇を狙った加賀武見インターフェアではないかと訴えられる程のアグレッシブな騎乗も、3年連続3度目の挑戦で引退レースのグリーングラスには通じなかった。有馬記念の1週前に行われた朝日杯3歳Sをリンドタイヨーで制しているが、これが最後のGI級レース制覇となった。1980年には東京4歳Sも楽勝してクラシックの最有力候補となったが、故障で皐月賞東京優駿には出られなかった[28]プリテイキャストダイヤモンドSを逃げ切っているが、これが最後の重賞勝利となる。5月11日の東京第7競走青葉賞・ファイブダンサーで500勝を達成。同年の天皇賞(秋)ではメジロファントムに騎乗したが、かつて主戦騎手を務めたプリテイキャストの大逃げに手も足も出ず、カツラノハイセイコホウヨウボーイ・シルクスキーには先着したものの、7馬身差で2年連続2着と完敗。有馬記念では1番人気に推されたが、失速したプリテイキャストの鞭が見せ鞭となるアクシデントによりホウヨウボーイの4着に終わった。1981年の天皇賞(春)ではカツラノハイセイコ、宝塚記念ではカツアールの3着。第1回ジャパンカップにも参戦したが、15頭中11着と外国馬には全く歯が立たなかった。1982年には調教中に病気で倒れ、1983年に現役を引退。1982年2月6日の東京第7競走5歳以上800万下・シャダイベリーが最後の勝利、同21日の東京第12競走5歳以上800万下・オキノバショウ(9頭中3着)が最後の騎乗となった。

引退後は1985年から沢峰次厩舎の調教助手として活動を開始し[29]2005年に定年で退いた。騎手時代の落馬で手術を受けた際、輸血が原因で患った肝炎と長期にわたり悩まされており、2009年9月に入ってからは体調を崩す。同18日午前1時10分に病気のため死去。69歳没。同22日には美浦トレーニングセンターの厚生会館分館で告別式が営まれ、喪主は長男の賀一が務めた。式には633人が参列し、調教師の尾形充弘松永幹夫、元騎手の岡部幸雄ら多くの厩舎関係者や知人が詰めかけた。

エピソード[編集]

  • 現役時代は同期の吉永、中島啓之大崎昭一菅原泰夫、田村らと共に、飲み仲間のサークル「仲よし会」を結成していたことで知られる。中国文学者で競馬ライターとしても活動していた西野広祥など、競馬サークル外部の人物とも親交があり、西野は会の様子を文章化して発表している。
  • 評論家の原良馬とはデイリースポーツ記者時代から親交があり、夏の北海道シリーズ函館開催時には「夕食を食べに行こうか」と声をかけ、厩舎が全休となる月曜日に松風町喫茶店で夕方に待ち合わせ、行き付けの寿司屋で新鮮なネタ寿司を頬張りながら、原と競馬談義に花を咲かせた[30]

騎手通算成績[編集]

通算成績 1着 2着 3着 4着以下 騎乗回数 勝率 連対率
平地 439 444 379 2513 3775 .116 .234
障害 120 88 65 144 417 .288 .499
559 532 444 2657 4192 .133 .260

主な騎乗馬[編集]

太字は旧八大競走を含むGI級レース。

脚注[編集]

  1. ^ 和生と武史との間に一般人の次男がいる。
  2. ^ 江面弘也「昭和の名騎手」三賢社、2020年4月30日、 ISBN 4908655162、p103。
  3. ^ ⚫⚫訃報⚫⚫ 横山富雄さん69歳=元騎手|競馬実況web|ラジオNIKKEI
  4. ^ 江面、p104
  5. ^ 江面、p105
  6. ^ 江面、p105
  7. ^ 江面、p106
  8. ^ 江面、p106
  9. ^ 最初のワンツーを決めた目黒記念は当時「メジロ記念」と呼ばれ、3着も共にスピーデーワンダーとこちらも同じであった。
  10. ^ その後、ムサシとアサマは10月に行われたハリウッドターフクラブ賞でもワンツーを決めたが、このレースでは初めてアサマがムサシに勝利した。
  11. ^ 江面、p107(アサヒ芸能1977年4月28日号)
  12. ^ 1972年に創設され、インターナショナルジョッキーズチャンピオンシップの基礎となった。
  13. ^ 1976年には郷原洋行1977年には武邦彦が参戦。
  14. ^ 1975-02-01 Jockeys Invitation Plate race-card
  15. ^ 1975-02-01 Skelton MONEY FIRST Tam M K Cumine Jockeys Invitation Plate win
  16. ^ 1975-02-01 Skelton MONEY FIRST Tam M K Cumine Jockeys Invitation Plate result
  17. ^ 香港競馬の概要
  18. ^ 1975-02-01 Jockeys Invitation Cup race card
  19. ^ Yokoyama PALINURUS Brown Lyth Jockeys Invitation Cup Presentation
  20. ^ 競馬歴史新聞編纂委員会「横山富雄騎手 香港で快勝」『競馬歴史新聞』日本文芸社1998年、111頁。ISBN 978-4537026689
  21. ^ 昭和50年2月2日朝日新聞朝刊15面「スポーツ短信 横山、香港競馬で優勝
  22. ^ 1975-02-01 Tomio Yokoyama Jockeys Invitation Cup news
  23. ^ 1975-02-01 Yokoyama Skelton Jockeys Invitation races news
  24. ^ 昭和50年11月11日朝日新聞朝刊17面「ツキサムは最下位 ワシントンDC競馬
  25. ^ 競馬歴史新聞編纂委員会「ツキサムホマレ ワシントンDCで最下位」『競馬歴史新聞』日本文芸社1998年、111頁。ISBN 978-4537026689
  26. ^ インタビュアーは長岡一也(当時・日本短波放送アナウンサー)。鈴木淑子の地球は競馬でまわってる 2014年6月6日「ラジオNIKKEIアーカイブズ」13:04~
  27. ^ 江面、p108-109
  28. ^ 江面、p109
  29. ^ 吉川良『競馬情話ー中年ジャンプ』本坊書房、1990年5月1日ISBN 4886210775
  30. ^ 競馬かわらVAN(リレーコラム)第73回 横山富雄騎手とコンビを組んだ名馬たち