プリテイキャスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プリテイキャスト
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1975年3月20日
死没 1995年6月28日(20歳没・旧21歳)
カバーラップ二世
タイプキャスト
母の父 プリンスジョン
生国 日本の旗 日本
北海道勇払郡早来町
生産 吉田牧場
馬主 高田久成
調教師 石栗龍雄東京美浦
競走成績
生涯成績 41戦8勝
獲得賞金 1億7333万6400円
勝ち鞍 天皇賞(秋)(1980年)
ダイヤモンドステークス(1980年)
テンプレートを表示

プリテイキャスト1975年3月20日 - 1995年6月28日)は、日本中央競馬会競走馬繁殖牝馬半弟フジヤマケンザンの父・ラッキーキャストがいる。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

プリテイキャストは1975年3月20日北海道勇払郡早来町吉田牧場で誕生した。

母のタイプキャストは、1972年アメリカ最優秀古牝馬を受賞した名牝で、吉田牧場の基礎牝馬とすべく、引退直後の1973年に行われたセリ市で、繁殖牝馬に対する価格としては当時世界最高額の72万5000ドル、当時の日本円レートで約2億2300万円という価格で競り落とされた。

一方、父のカバーラップ二世は、1953年にアメリカから輸入され、日本で「セイカン」の競走名で走るも7戦2勝と振るわなかったが、その血統と馬格の良さに惚れこんだ牧場の2代目・吉田一太郎が種牡馬として牧場に繋養し、ワカクモリュウズキカシュウチカラなど数々の活躍馬を輩出していた。吉田牧場の至宝ともいうべき種牡馬であったが、当時すでに晩年に差し掛かっており、1980年8月に死亡している。

幼駒の頃は細身ながら健康かつ活発な馬で、目立つ存在であった。また目元が美しく、本馬の馬主となる高田久成によって「可憐な視線」を意味する「プリテイキャスト」と命名された。書籍等で「プリテキャスト」と表記される場合もあるが、「プリテ」が正しい。

競走年齢の3歳を翌年に控えた1976年12月東京石栗龍雄厩舎へ入厩。石栗によれば当時のプリテイキャストは400kgもない小柄さで牧場時代とは印象が大きく変わっており、石栗は「何か病気をしているのではないか」と思い、血液検査を依頼したという。調教でもなかなか仕上がらず、デビューは当初の予定より大幅に遅れた1977年秋となった。

戦績① デビューから天皇賞まで[編集]

3歳時[編集]

1977年11月6日に東京の新馬戦でデビューしたが、スタート直後に左右の馬に挟まれて立ち後れ、6着と敗れた。更にこの出来事により他馬を怖がるようになり、折り返しの新馬戦は2着だったものの、未勝利戦は11着に敗れた。2戦目に2着がある以外、全て2秒前後差の惨敗を繰り返した。後に石栗は「能力はあったので、あのアクシデントがなく順調にいっていれば、桜花賞も狙えた」としている。

4歳時[編集]

1978年も東京、中山のダート戦で3連敗するなど、ここまで6戦に騎乗した横山富雄も頭を抱えるほどの気難しさが問題であった。5月新潟に遠征。オークス前日の20日に行われた未勝利戦をブリンカー初着用で挑み、その効果もあってか徳吉一己騎乗で待望の初勝利を挙げた。

夏は函館に遠征し、手綱を横山に戻した。昇級戦の湯川特別(300万下)は4着に終わったが、立待岬特別(300万下)、五稜郭特別(700万下)を連勝し、札幌に移動して臨んだ道新杯(1100万下)は2着だった。重賞初挑戦のクイーンS増沢末夫が初めて騎乗したが、13頭立ての8着に惨敗。続く京都はオープンは鹿戸明に乗り替わり、秋の天皇賞馬・ホクトボーイの4着と健闘し、牝馬三冠最終戦・エリザベス女王杯は3番人気に支持された。絶好調で臨んだがスタートで出遅れ、最後の直線で追い込むもリードスワローに差されて4着に終わった。年末はクリスマスハンデキャップ(1100万下)を柴田政人騎乗で快勝し、オープンクラスに昇格。本格化を期待させる内容でシーズンを終えた。

5歳時[編集]

1979年東京新聞杯17着、目黒記念(春)13着、中山牝馬S[1]14着と年頭から2桁着順の惨敗を続け、新潟遠征の2戦(谷川岳S、新潟大賞典)はいずれも最下位入線の13着という有り様であった。当初の予定を前倒しして同年夏での引退も視野に入れられたが、条件戦に降級して臨んだ札幌開催では久々に横山が手綱を取り、道新杯(1200万下)を2着、HBC杯(800万下)は1番人気に応えて勝利し、大雪ハンデキャップ(1200万下)を2着と好成績を残した。吉田牧場代表の吉田重雄は「タイプキャストに似て晩成なのか」と思い直し、繁殖牝馬入りを遅らせ、現役続行を決意した。

その後の函館遠征では大沼S(1200万下)、みなみ北海道S(1200万下)と2戦連続10着で逆戻りしてしまい、秋は中山に戻って10月の紅葉ハンデキャップ(1200万下)6着、11月の東京・ユートピアS(1200万下)5着と持ち直す。最終戦のステイヤーズSは「牝馬の嶋田」の異名を持つ嶋田功と初めてコンビを組んだが、こちらも5着と浮き沈みの激しかったシーズンを終えた。

6歳時[編集]

1980年は迎春賞(1200万下)、初富士賞(1200万下)を共に5着で、昨年秋から数えて4戦連続5着となった。3戦連続のダート戦となった金蹄賞で6勝目を挙げると、再びオープンクラスに昇格して挑んだダイヤモンドSでは13頭中8番人気と信用されていなかったが、向正面で先頭に立ってそのままゴールまで逃げ切り、2着に7馬身差をつけて重賞初制覇を挙げた。天皇賞(春)[2]では期待されて八大競走に初出走したが、道中で失速してニチドウタローの15着と大敗した。

夏は例年通りゲンのいい北海道シリーズに遠征し、札幌日経賞、札幌記念では共に1番人気に推されて2着であった。ちなみに札幌日経賞の勝ち馬はダービー馬ラッキールーラである。函館記念では不良馬場に逃げ足を殺されて6着に沈んだ。秋の初戦は毎日王冠だったが、主戦騎手の横山がメジロファントムに騎乗するため、この競走から柴田が手綱を執った。このレースではカネミノブの3着に逃げ粘って関係者を喜ばせたが、続く目黒記念(秋)では最下位の11着に失速して、関係者を落胆させた。

それでも陣営は、予定通りプリテイキャストを11月23日第82回天皇賞(秋)に出走させることにした。

戦績② 天皇賞[編集]

当日の馬場状態は、レース2日前に降った雨の影響で重馬場であった。

1番人気は前年のダービーカツラノハイセイコ、2番人気はホウヨウボーイ、プリテイキャストは8番人気であった。石栗は関西の逃げ馬・ハシハリーが出走を回避したことや単走で行った最終追い切りでカツラノハイセイコを凌ぐタイムを記録していたことなどから、このレースの勝機を見出していたが、競走前には「恵まれた展開になっても、我慢できるのは直線の坂下まで。3着が精一杯」と弱気な見通しを語っていた。プリテイキャストは抑えられると闘志を失うため、逃げなければ持ち味を発揮できないという馬なのだが、スタートが悪いという難しい馬であった。

プリテイキャストの鞍上を任された柴田はスタートに全神経を集中させた。スタートが切られるとプリテイキャストは珍しく好ダッシュから先頭を奪い、そのまま後続を引き離していった。競りかける馬もいなかったため、程なく一人旅となった。第4コーナーを抜けて最初のゴール板を通過したところで、この辺りから母譲りの気性難が出てしまい、後続馬が折り合いを付けてペースダウンしている中、プリテイキャストは柴田の指示に従わず暴走し始めた。しかし、それも柴田は予期していたため、全く動じることなくマイペースで走らせることにした。

後方ではカツラノハイセイコが2番手に付けて隊列を先導する形となり、ホウヨウボーイも3番手につけた。プリテイキャストはそれを尻目に差をどんどん広げていき、2周目の1~2コーナーでは50~60メートル、向正面では約100メートル以上の差を付ける大逃げの形となった。ペースはさして速くなく、柴田は「背後に他馬がいると」思っていたという。この頃、後方ではかつてプリテイキャストの主戦騎手を務めていた横山が焦りを募らせ、「誰か捕まえにいけ」と周囲に促していた。しかし、誰も動かず、やむなく横山が騎乗していたメジロファントムが第3コーナーから最終コーナーにかけて率先して追走を開始した。

プリテイキャストは大欅を通過してもまだ100メートル以上の差を付けており、4コーナーを映すテレビ中継の画面にもプリテイキャスト1頭しか映らず、2番手以下が動いた時はすでに遅かった。マイペースで充分な差をとっていたプリテイキャストは最後の直線でも脚が鈍らず、ゴール前10メートルでは柴田が手綱を緩めて腰を浮かせるという余裕を見せて1着でゴール。7馬身差の2着にはメジロファントムが入った。

このレースを実況していた盛山毅(当時フジテレビアナウンサー)は、ゴール前約200メートル付近からゴールインした後まで「あと200メートルしかありません!あと200メートルしかありません!差は10メートル、8メートルくらいある!先頭はプリティーキャスト!逃げ切り濃厚!逃げ切り濃厚!2番手以下は届かない!絶対に届かない!2番手以下絶対に届かない!先頭はプリテイキャスト!2着にもメジロファントムで決まりだ!プリテイキャストが逃げ切りで栄光のゴールを通過致しました!2着にメジロファントム!カツラノハイセイコも、シルクスキーも、そして、ホウヨウボーイもグレートタイタンもカネミノブも皆まとめて皆まとめてぶっちぎって、プリテイキャスト、第82代目の天皇賞馬の栄冠に輝きました!」と伝えた[4]

この勝利が天皇賞初制覇となった柴田は「勝つ時はこんなもの。タイミングよく出たのも初めてだが、この長丁場で一人旅ができたのも、他馬が牽制しあってくれたから。道中のめるところもあって道悪は上手くないのに……最高の気分だ」と語った。6着に敗れたカツラノハイセイコ騎乗の河内洋は「3コーナーでやばいと感じ、4コーナーでやられたと思った」と回顧した。

戦前の予想でも過去の実績の低さもあり、ほとんどの評論家はその実力を軽視していたが、日刊競馬柏木集保だけは「単騎での逃げが確定のプリテイキャストを追撃できるのはホウヨウボーイぐらいで、展開次第では同馬が抑える可能性が高くそのまま逃げる可能性大」と読んでプリテイキャストに本命印を打っていた。この予想的中は大きな話題を呼び、「プリテイキャストを本命にした男」というテレビCMが作られたほどであった。この予想に関して柏木は「この予想は奇を衒ったものではなく、プリテイキャストの逃げは正当な攻めと考えた結果」と後に語っている。

牝馬の天皇賞制覇はトウメイ以来9年ぶり、史上11頭目という快挙であった。その後は1997年エアグルーヴが制覇するまで17年間達成されず、3200mの天皇賞においてはプリテイキャスト以来、1度も牝馬の優勝はなかった。

戦績③ 天皇賞後[編集]

天皇賞優勝後、プリテイキャストは年末のグランプリ有馬記念に出走することになったが、ファン投票では21位だったためファン投票選出馬とはならず、推薦馬として出走した。

レースではサクラシンゲキの逃げについていけず、第3コーナー付近で早々に脱落。優勝したホウヨウボーイから4秒5も遅れた最下位に終わり、このレースを最後に競走生活から引退した。石栗は後年このレースについて「本当なら使いたくはなかった。サクラシンゲキの境勝太郎調教師が競ってでも行くと言っていたし。ただ、敵に後ろを見せて『それでも天皇賞馬か』と言われるのが嫌だった」と振り返っている。

なお、プリテイキャストは天皇賞での勝利が決め手となり、この年の優駿賞(年度表彰)で最優秀古牝馬に選出されている。天皇賞前まで有力候補とされていたシルクスキーとアグネスレディーに100票以上の差を付ける120票(総投票数129)を獲得するという大逆転での選出だった。

引退後[編集]

引退後は故郷・早来の吉田牧場で繁殖牝馬となったが、仔出しは悪く、誕生した産駒の成績も芳しいものではなかった。第7仔のスティールキャストは1994年ナリタブライアンによる史上5頭目の三冠達成が懸かった第55回菊花賞において、母を彷彿とさせる大逃げを打って場内を沸かせたが、直線で力尽きて14着に終わっている。実況の杉本清(当時・関西テレビアナウンサー)は「先頭を行きますのは、あのプリテイキャストを母に持つスティールキャスト」、「前の1頭が物凄く離しました!ご覧のように5番のスティールキャストであります!あの3200mの秋の天皇賞を逃げ切ったプリテイキャストを母に持つスティールキャスト!角田晃一、思い切って行った!思い切って行きました!」、「さぁ、あの本当にお母さん!お母さんのプリテイキャストを思い出させる大逃げ!プリテイキャストを思い出させるスティールキャストの大逃げでありますが!」と道中に4回も母・プリテイキャストの名前を出した。その翌年の1995年6月28日喉頭がんに冒され回復の見込みもないと診断されたプリテイキャストは、いずれくる苦痛の増大を見越して安楽死の措置を執られた。享年21歳。

年度別競走成績[編集]

馬齢 出走 1着 2着 3着 着外 主な重賞実績
1977年 3歳 3 0 1 0 2
1978年 4歳 13 4 1 0 9
1979年 5歳 13 1 2 0 10
1980年 6歳 12 3 2 1 6 1着 - 天皇賞・秋、ダイヤモンドステークス
2着 - 札幌記念
3着 - 毎日王冠
41 8 7 6 20

産駒成績[編集]

生年 馬名 毛色 戦績
1 1982 マイテイロン 鹿毛 マイスワロー 中央4戦1勝
2 1985 ロイヤルミルキー 栗毛 ロイヤルスキー 不出走
3 1987 シヌーク 鹿毛 コントライト 不出走
4 1988 ブリッチキャスト 栗毛 ベルマン 中央7戦0勝
5 1989 キオイキャスト 栗毛 ロイヤルスキー 不出走
6 1990 ラブリーキャスト 鹿毛 ベルマン 不出走
7 1991 スティールキャスト 黒鹿毛 マグニテュード 69戦4勝
(中央38戦3勝、地方31戦1勝)
8 1992 ケンキャスト 栗毛 ワカオライデン 地方75戦10勝

血統表[編集]

プリテイキャスト血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ハイペリオン系
[§ 2]

*カバーラップ二世
1952 黒鹿毛 アメリカ
父の父
Cover Up
1943
Alibhai Hyperion
Teresina
Bel Amour Beau Pere
Love Set
父の母
Betty Martin
1948
Hollyrood High Cloud
Mandy Hamilton
Rhoda F. Rhodes Scholar
Notebook

*タイプキャスト
Typecast
1966 鹿毛 アメリカ
Prince John
1953
Princequillo Prince Rose
Cosquilla
Not Afraid Count freet
Banish Fear
母の母
Journalette
1959
Summer Tan Heliopolis
Miss Zibby
Manzana Count freet
Durazna
母系(F-No.) 13号族(FN:13-c) [§ 3]
5代内の近親交配 Count Fleet 4×4(父内)、 Hyperion 4×5 [§ 4]
出典
  1. ^ netkeiba.com プリテイキャスト 5代血統表2015年5月14日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com プリテイキャスト 5代血統表2015年5月14日閲覧。
  3. ^ netkeiba.com プリテイキャスト 5代血統表2015年5月14日閲覧。
  4. ^ netkeiba.com プリテイキャスト 5代血統表2015年5月14日閲覧。


参考文献[編集]

  • 中央競馬ピーアール・センター(編)『調教師の本VII』(中央競馬ピーアール・センター、2000年)
  • 優駿』(日本中央競馬会)各号

脚注[編集]

  1. ^ 当時はオープン特別であった。
  2. ^ 同年は阪神競馬場で行われた。
  3. ^ 朝岡幹太(構成) 稲葉久美・西田正・黒澤格(プロデューサー) 吉野浩生(構成) 井崎脩五郎・須田鷹雄(特別解説) 大場真人(ナレーション) (2002年2月6日) (日本語1.ナレーション+実況 日本語2.特別解説) (MPEG 2). 20世紀の名勝負100 Vol.5名騎乗編 (DVD VIDEO). フジテレビ映像企画部 関西テレビ放送 ポニーキャニオン.  チャプター【8】 昭和55年11.23 天皇賞・秋 プリティーキャスト
  4. ^ レース実況において、普段は他の馬との差を「○馬身」と伝えるが、このレースに限っては、スタート直後以外は「○○メーター」や「○○メートル」とメートル単位で差を伝えている。また、道中あまりにも他の馬との差がありすぎたためか、距離を勘違いして実況もしている[3]

外部リンク[編集]