石栗龍雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石栗龍雄
Ishikuri tatsuo.jpg
騎手時代(1956年ごろ)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道札幌市
生年月日 (1928-12-15) 1928年12月15日(92歳)
騎手情報
所属団体 国営競馬
日本中央競馬会
所属厩舎 稗田虎伊(1947年-1950年)
矢倉玉男(1950年-1961年)
初免許年 1951年
騎手引退日 1961年
通算勝利 19戦0勝(1954年以降)
調教師情報
初免許年 1965年
調教師引退日 2000年2月29日 (定年)
重賞勝利 11勝
G1級勝利 1勝(八大競走)
通算勝利 4662戦432勝
経歴
所属 東京競馬場(1965年 - 1978年)
美浦T.C. (1978年-2000年)
テンプレートを表示

石栗 龍雄(いしくり たつお、1928年12月15日 - )は日本の騎手調教師

1951年に国営競馬(のち日本中央競馬会)で騎手デビュー。1959年に引退し、1965年より調教師。主な管理馬には1980年秋の天皇賞に優勝した牝馬プリテイキャストなどがいる。また横山典弘は門下生である。2000年に定年引退。日本中央競馬会調教師の石栗龍彦は長男[1]

経歴[編集]

1928年、北海道札幌市の商家に生まれる[1]。取り立てて競馬に興味をもってはいなかったものの、騎手見習いとなった友人に誘われて競馬場に出入りをはじめ、馬に惹かれていった[1]太平洋戦争中には援農作業で農耕馬を扱っていた[1]

1945年に旧制北海中学を卒業し[2][注 1]、1947年秋に稗田虎伊のもとへ騎手見習いとして入門[2]。稗田門下の矢倉玉男が事実上の師匠となり、1950年に矢倉が自身の厩舎を開業するとそちらへ移った[1]。翌1951年に騎手デビューしたが騎乗機会は少なく、また当時の厩舎社会では珍しい旧制中学出身という経歴もあり、事務関係の雑事を他厩舎のぶんまで一手に任されていた[1]。こうしたこともあり、本人は「騎手時代にあまり良い思い出はない」と述べている[1]。騎手成績は日本中央競馬会が発足した1954年以降で19戦0勝[3]。1956年発行の『騎手銘鑑』では92戦3勝という成績が残っている[4]

1959年に矢倉厩舎の調教助手に転身する。1964年に一度調教師試験に合格したが、管理馬房に中山競馬場・白井分場が充てられると知って辞退[2]。翌年再度受験して合格し、希望していた東京競馬場で厩舎を開業した[2]。1971年、リキショウがタマツバキ記念を制し、管理馬の重賞初勝利を挙げた[2]。1974年には管理馬インターグッドを擁して東京優駿(日本ダービー)に臨んだが、同馬はコーネルランサーと激しく競り合った末にハナ差の惜敗を喫している[1]

1980年、天皇賞(秋)に出走した牝馬プリテイキャストが後続に一時100メートルの差を付けるという大逃げからの勝利を挙げ、石栗も八大競走初制覇を果たした[1]。同馬は当年の最優秀古牝馬に選出された。

1988年末、横山典弘の重賞初勝利となったウインターステークスが石栗にとっては最後の重賞勝利となる。1997年からは中央競馬史上4人目の女性騎手・板倉真由子が門下生となっている。

2000年2月をもって定年により調教師を引退。調教師通算成績は4662戦432勝、うち八大競走1勝を含む重賞11勝。

調教師成績[編集]

出典:日本中央競馬会ホームページ・引退調教師名鑑「石栗龍雄」

開催 通算成績 1着 2着 3着 出走数 勝率 連対率
中央 平地 410 410 391 4404 .093 .186
障害 18 31 38 222 .081 .221
428 441 429 4626 .093 .188
地方 平地 4 5 3 36 .111 .250
総計 432 446 432 4662 .093 .188

主な管理馬[編集]

※括弧内は石栗管理下における優勝重賞競走。太字は八大競走。

受賞[編集]

  • 調教技術賞3回(1976年、1977年、1982年)

門下生[編集]

出典:『日本調教師会50年史』208頁「調教師・騎手系統図」

脚注[編集]

  1. ^ 出身校は『調教師の本VII』では札幌一中、『騎手銘鑑』では函館商業とされている。
  1. ^ a b c d e f g h i 『調教師の本VII』pp.6-13
  2. ^ a b c d e 『優駿』1983年6月号、p.125
  3. ^ 日本中央競馬会ホームページ・引退調教師名鑑「石栗龍雄」
  4. ^ 『騎手銘鑑』(『優駿』1956年6月号附録)p.7

参考文献[編集]

  • 中央競馬ピーアール・センター(編)『調教師の本VII』(中央競馬ピーアール・センター、2000年)
  • 『優駿』1983年6月号(日本中央競馬会)
    • 今井昭雄「ダービー、ハナ差の明暗 インターグッド」