キクノハッピー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
キクノハッピー
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1968年4月26日
死没 1972年11月26日
ハッピーオーメン
トキノスズラン
母の父 ライジングフレーム
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 豊洋牧場
馬主 田中伊三郎
調教師 山岡寿恵次(東京
競走成績
生涯成績 26戦6勝
テンプレートを表示

キクノハッピーは、日本競走馬。1971年のオールカマー、1972年の福島記念に優勝。半姉クイーンステークスセントライト記念優勝馬キクノスズラン(父・ハロウェー)がいる。

略歴[編集]

1970年8月30日のデビュー戦で、翌年優駿牝馬(オークス)に優勝するカネヒムロの3着。その後3戦目で初勝利を挙げる。その後しばらく勝利から遠ざかったが、翌年6月に新潟開催条件戦を大差で勝利し、2勝目を挙げた。その後は夏から秋にかけて条件戦で出走を続け、10月17日に格上挑戦でオールカマーに出走。ここで菊花賞優勝馬アカネテンリュウ等を退けて勝利、重賞初優勝と共にオープンクラスに昇格した。その後、4歳クラシック競走最後の一冠・菊花賞を目指し関西入りするが、脚部不安の為に出走できずに終わり、休養に入った。

半年後に復帰すると、緒戦こそ精彩を欠いたが徐々に調子を上げ、6戦目の福島記念を制し2度目の重賞制覇。その後2戦を挿んで、天皇賞(秋)八大競走に初出走した。

しかし、この競走でパッシングゴールの大逃げ追走中に故障発症。右第1指関節イ開脱臼の為に予後不良となった。

血統表[編集]

キクノハッピー血統トウルビヨン系 / Nearco 4x4=12.50%、 Blandford 4x5=9.38%、 Tourbillon 父内4x5=9.38%、 Orlass 5x5=6.25%、 Solario 父内5x5=6.25%) (血統表の出典)
父系

*ハッピーオーメン
Happy Omen
1960 鹿毛 イギリス
父の父
Hugh Lupus
1952 鹿毛 フランス
Djebel Tourbillon
Loika
Sakountala Goya
Samos
父の母
Royal Applause
1954 鹿毛 イギリス
Royal Charger Nearco
Sun Princess
Phase Windsor Lad
Lost Soul

トキノスズラン
1954 黒鹿毛 日本
*ライジングフレーム
Rising Flame
1947 黒鹿毛 アイルランド
The Phoenix Chateau Bouscaut
Fille De Poete
Admirable Nearco
Silvia
母の母
第弐フラツシングラス
1935 鹿毛 日本
*アスフォード
Athford
Blandford
Athasi
フラツシングラス *シアンモア
第三フラストレート F-No.1-b
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

外部リンク[編集]