投網

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
投網:陸上でのデモンストレーション

投網(とあみ)とは、漁業に用いる漁網の一種で、岸辺や船上からがいると思われる地点に投げ入れて魚を捕る道具である。この漁網を用いて行う漁撈活動のことを投網漁といい、網を投げられる様に手に持つ下拵えを手取り(拵え)という。また、投網を投げることを「投網を打つ」という。

投網の構造[編集]

投網は投げた際に円錐状あるいはつりがね状に広がって沈下するように作られている。網裾(網の最も外側の部分)には等量の沈子(おもり)が取り付けられており、網裾が自動的に同時沈下して、確実に水底に着底することで、水中または水底の魚群をかぶせとるようになっている。網の周辺部は袋状になり、魚が網から逃れようとすると、そこに入る様に作られているが袋に入らず錘の下をくぐり逃げる魚も多い。 投網で漁獲できる魚は、袋に入るか網目に頭を突っ込み逃げられなくなった首くくりの魚である。 特に鮎では袋に入ることはまれで、石と錘の隙間を見つけそこから逃げたり、石の間で暫くじっとしていて網を上げた瞬間に錘の下から逃げたりとくぐり抜けの上手い魚です。その為、首くくりでの漁獲を重視し獲れる魚のサイズにあった目合いの網を選ぶことが重要となります。 網目の大きさを目合いと言い、縦に伸ばした網5寸(15cm)の間にいくつ結び目があるかを節(せつ)という単位であらわす。又、網目の1辺もしくは1目(1辺×2)の長さを分.厘であらわす地方も有る。 網の大きさは、円周(裾回り)の長さを(1.5m)で表したり、すぼめた状態での網の長さをで表したりします。

一枚の帯状に作られている投網(投げ刺し網)もある。この場合、網をうったらすぐに魚を網のある方に追い込まなければならない。和歌山県の茜屋流で有名なのは、刺し網を投網のように投げる漁法の小鷹網。

手取りの種類[編集]

大まかに次の二つに分けられる。

  • 三つ手取り:右手、左手,肘の三点に網を分けて手取る。
  • 掬い取り(二つ手取り):右手で網を掬う様に左手に近づけた点と肘の二点で網を分けて手取る。(手に持つ網は、右手指で五等分されます)

投網の打ち方の種類[編集]

  • 土佐打ち(三つ手取り)
  • 細川流(別名「本振り」「肥後打ち」「掬い取り」「二つ手取り」など)
船で広い範囲を移動しながら打つのに適し、体力のない人でも練習次第で、大きく網を打てるようになる打ち方。
    • 舟打ち:舟で移動しながら、船上から打つ。
      • 徒(かち)打ち:岸から又は水の中を歩き移動しながら打つ。

問題点[編集]

魚体に傷が付きやすく、魚によっては捕獲後に放流しても生存率が下がるため、捕獲するだけで生態系に影響を与える可能性も否定できない。ほとんどの河川で投網の使用は規制がかけられているため、無許可で投網をうつことは禁止されている。

関連項目[編集]