海洋生物資源の保存及び管理に関する法律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
海洋生物資源の保存及び管理に関する法律
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 TAC法
法令番号 平成8年法律第77号
効力 現行法
種類 環境法
主な内容 海洋生物資源の保存等
関連法令 水産資源保護法漁業法
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

海洋生物資源の保存及び管理に関する法律(かいようせいぶつしげんのほぞんおよびかんりにかんするほうりつ、平成8年法律第77号)とは、日本国内における海洋生物資源の保存と漁業の発展、水産物の供給の安定に寄与することを目的に制定された法律である。

内容[編集]

主務官庁[編集]

環境省

関連項目[編集]

外部リンク[編集]