沖合漁業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

沖合漁業(おきあいぎょぎょう)とは、 沖合で行われる漁業のことで、沿岸漁業遠洋漁業の中間規模のものを指す。 近海漁業(きんかいぎょぎょう)とも言われる。

漁獲量は、漁況や海の状況によって左右され、年によっての差が激しい。

主な種類[編集]

  • 沖合底引網漁業
  • 大中型巻網漁業
  • サンマ棒受網漁業
  • サケ・マス流網漁業
  • 沖合イカ釣り漁業
  • 近海カツオ一本釣り漁業
  • 近海マグロ延縄漁業
  • 以西底引網漁業

主な対象種[編集]

これらの魚は、いずれも中型であり、沖合いに生息する。

関連項目[編集]