三叉槍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
18世紀ビルマの三叉戟

三叉槍(さんさそう)、三叉戟(さんさげき)は、3つの穂を有する。武器としてのほか、漁業にも使用された。ギリシア神話、及びローマ神話の海の神であるポセイドンネプトゥヌスインド神話におけるシヴァの武器とされる。

用途[編集]

漁業[編集]

漁業に使用される場合は、一般にとがった先端で魚を捕らえる。アメリカ南部及び中西部においては、ウシガエルやヒラメなどを捕獲するのに使用される[1]

戦闘[編集]

鐺鈀として知られる三叉槍は、朝鮮半島で17世紀から18世紀にかけて使用された。

また、もともとは漁師が魚を獲るために使っていたこともあり、ローマ時代の剣闘士の一種であるレティアリィはこの武器と網を使用し、主として魚の兜をつけたムルミッロと試合を行った[2]

神話と象徴[編集]

トリシューラ[編集]

インド神話において、シヴァトリシューラ と呼ばれる三叉の槍を片手に持ち、これを悪しき存在を打倒するために使用した。3つの先端は、ヴェーダの哲学では、sāttvika、rājasika、tāmasikaと呼ばれる。

トリアイナ、トライデント[編集]

ギリシア神話において、ポセイドンはギリシアの水源や馬を作り出すのにトリアイナと呼ばれる三叉の矛を使用した。海の神であると同時に地震を起こす神でもあるポセイドンが怒り、地を突くときには地震が起こり、トリアイナを使用して大波、津波、嵐を巻き起こすからである。

ローマ神話においても、ポセイドンと同一視されるネプトゥヌスはトライデントを使用して水源を生み出し、地震を起こす。ジャン・ロレンツォ・ベルニーニの『ネプチューンとトリトン』が、そのことをよく示している。

こういったことから、海王星を示すマークとして、天文学や占星術で使用される。

その他[編集]

道教においては、三叉槍は三清を表す。

ユダヤ教の司祭が捧げ物を取り分ける際に使用するフォークも三又である。

政治的使用[編集]

バルバドスの国旗

一般的な使用[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Fish Gigging: An Ozark Tradition”. Missouri Department of Conservation. 2017年7月5日閲覧。
  2. ^ Roland Auguet [1970] (1994). Cruelty and Civilization: The Roman Games. London: Routledge. ISBN 0-415-10452-1.

関連項目[編集]