第24回マイルチャンピオンシップ南部杯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マイルチャンピオンシップ南部杯 > 第24回マイルチャンピオンシップ南部杯

農林水産省賞典 第24回マイルチャンピオンシップ南部杯は、2011年10月10日東京競馬場で施行された競馬競走である。トランセンドが優勝した。

開催前の状況[編集]

2011年3月11日に発生した東日本大震災で、盛岡競馬場水沢競馬場での競馬開催を主催する岩手県競馬組合も大きな被害を受け、取り分け水沢競馬場や沿岸部を中心とする場外馬券売場等の施設が大きく損壊した。震災後まもなく開幕予定だった競馬開催も延期に追い込まれた。5月に入り、盛岡での競馬開催は開始されたものの、依然として水沢競馬場など一部施設は復旧が間に合わず、岩手県競馬の経営にも大きな影を落とすことになった(当時存廃の議論が取り沙汰されていた岩手県競馬の存続は収支の均衡が条件であったが、これは施設修繕費の地方競馬全国協会からの支援や諸経費削減等で賄われた)。

6月23日日本中央競馬会(JRA)と岩手県競馬はマイルチャンピオンシップ南部杯(以下、MCS南部杯)を盛岡競馬場と業務提携を結んでいる東京競馬場に舞台を移し、10月10日に施行する方向で調整していることが明らかになった[1]

6月29日、JRAは甚大な被害を受けた岩手県競馬を支援するため、同年10月10日(祝・月)に「岩手競馬を支援する日」として第4回東京競馬3日目を開催し、当日のメインレースにMCS南部杯を代替開催することを正式に発表した[2]

9月12日には「岩手競馬を支援する日」の詳細がJRAより発表され、全レースがJRAプレミアムレースと同じ扱いになり、WIN5も発売されること、特別競走に岩手県競馬の名馬の名前を冠した「メイセイオペラ記念 かけはし賞」「トーホウエンペラー記念 かがやき賞」が編成されることが明らかになった(後述)。

JRAでの代替開催に当たって、通常出走枠は「中央競馬所属馬7頭、岩手所属馬4頭、岩手以外の地方競馬所属馬5頭」とされているところを本年のみ「地方競馬所属馬5頭(うち岩手所属馬2頭まで)」に改められ、岩手から2頭、高知から2頭が出走した。

出走馬の人気はドバイワールドカップからの帰国初戦となったトランセンドが単勝オッズ1.6倍と一本被りの様相で、以下、エスポワールシチーダノンカモンまでが単勝オッズ1桁台の人気に収まった。前年の勝ち馬オーロマイスターは近走が案外で6着と目立った人気にはならなかった。

出走馬と枠順[編集]

2011年10月10日 第4回東京競馬第3日目 第11競走[3]

天気:晴、馬場状態:良、発走時刻:15時40分

枠番 馬番 競走馬名 性齢 騎手 オッズ 人気 馬体重
1 1 日本の旗バーディバーディ 牡4 N.ピンナ 35.8倍 8 482
2 2 高知県の旗イーグルビスティー 牡7 赤岡修次 592.6倍 15 462
3 高知県の旗ワキノカイザー 牡11 倉兼育康 495.8倍 14 444
3 4 Flag of Japan.svgブラボーデイジー 牝6 北村友一 212.3倍 11 552
5 日本の旗ランフォルセ 牡5 横山典弘 11.4倍 4 478
4 6 日本の旗ダノンカモン 牡5 福永祐一 8.8倍 3 526
7 日本の旗エスポワールシチー 牡6 松岡正海 6.3倍 496
5 8 日本の旗シルクフォーチュン 牡5 藤岡康太 20.8倍 7 458
9 日本の旗オーロマイスター 牡6 吉田豊 19.5倍 6 498
6 10 岩手県の旗ゴールドマイン 騙7 斎藤雄一 284.5倍 13 470
11 日本の旗トランセンド 牡5 藤田伸二 1.6倍 1 518
7 12 日本の旗ダイショウジェット 牡8 柴山雄一 156.1倍 9 562
13 岩手県の旗ロックハンドスター 牡4 菅原俊吏 283.8倍 12 456
8 14 日本の旗クリールパッション 牡6 津村明秀 207.6倍 10 472
15 日本の旗ボレアス 牡3 武豊 16.9倍 5 468

レース結果[編集]

レース内容[編集]

1000m通過57秒8のラップでエスポワールシチーが飛ばし、それを見るように2番手でレースを進めたトランセンドが、3コーナーを過ぎたあたりから鞍上藤田の手綱が動き追い出すも中々差が縮まらない。直線に入って、トランセンドの直後にいたダノンカモンや、大外を回ったシルクフォーチュンも追い出されてエスポワールシチーを捕まえにかかると、残り100mで遂にトランセンドがエスポワールシチーを捕らえた。つれて追い込んできたシルクフォーチュンの猛追も封じ、東京ダート1600mのコースレコードにコンマ2秒と迫る1分34秒8の好タイムを叩き出して先頭でゴールを駆けた。エスポワールシチーは追い込み勢に差しきられ4着に敗れた。

レース着順[編集]

着順 枠番 馬番 競走馬名 タイム 上がり3ハロン 着差
1 6 11 トランセンド 1:34.8 36.8
2 4 6 ダノンカモン 1.34.8 36.6 アタマ
3 5 8 シルクフォーチュン 1:34.9 36.3 1/2
4 4 7 エスポワールシチー 1.35.1 37.3 1馬身1/2
5 7 12 ダイショウジェット 1.35.7 36.9 3馬身1/2
6 3 5 ランフォルセ 1:35.8 36.8 1/2
7 1 1 バーディバーディ 1:36.0 37.8 1馬身1/2
8 8 14 クリールパッション 1:36.3 37.3 1馬身3/4
9 3 4 ブラボーデイジー 1:36.4 38.0 1/2
10 5 9 オーロマイスター 1.36.5 38.1. クビ
11 8 15 ボレアス 1:37.8 39.4 8馬身
12 6 10 ゴールドマイン 1:39.3 38.9 9馬身
13 イーグルビスティー 1:40.1 39.1 5馬身
14 2 3 ワキノカイザー 1:43.5 44.4 大差
中止 7 13 ロックハンドスター 競走中止

[4]

データ[編集]

1000m通過タイム 57.8秒(エスポワールシチー)
上がり4ハロン 48.7秒
上がり3ハロン 37.0秒
優勝馬上がり3ハロン 36.8秒

払戻[編集]

単勝 11 160円
複勝 11 110円
6 190円
8 410円
枠連 4-6 240円
馬連 6-11 600円
馬単 6-11 800円
3連複 6-8-11 3,610円
3連単 6-8-11 8,790円
ワイド 6-11 260円
8-11 720円
6-8 1,610円

岩手競馬を支援する日[編集]

MCS南部杯と同日に実施された特別レースは以下の通り。

レース 競馬場 条件 レース名 クラス 優勝馬 騎手
9R 東京 ダート1300m メイセイオペラ記念 かけはし賞 1000万下 カリスマサンスカイ 高倉稜
10R 芝1800m トーホウエンペラー記念 かがやき賞 1000万下 スマートシルエット 武豊
11R ダート1600m MCS南部杯 JpnI トランセンド 藤田伸二
12R 芝2400m オーロカップ 1600万下 ビエナファンタスト N.ピンナ

エピソード[編集]

競走にまつわるエピソード[編集]

  • 岩手からの遠征馬のうちの1頭であった岩手三冠馬・ロックハンドスターは、芝発走の東京ダート1600mコース特有の芝とダートの境目で驚き歩様を乱した際転倒、右上腕骨々折を発症して競走中止。予後不良と診断され安楽死となった[5][6]。本馬の死を受け、岩手県競馬組合は公式サイト上に追悼コーナーを設け[7]、馬主に対して感謝状と特別功労金を贈り[8]、年度末には特別表彰馬として本馬を表彰した[9]。また同年のダービーグランプリは「ロックハンドスターメモリアル」の副題を付して施行された[10]
  • 藤田伸二騎手・安田隆行調教師は共にMCS南部杯初制覇。
  • トランセンドは、重賞5勝目。
  • 本競走のファンファーレには、岩手県競馬のGI(JpnI)ファンファーレが使われた。

その他[編集]

  • レース当日の入場者数は59,475名[11]
  • 10月17日、JRAは支援金として岩手県競馬組合に3億5147万810円、岩手県に5億円をそれぞれ拠出したと発表。また、トランセンドの馬主前田幸治も、優勝賞金の中から1000万円を寄付した[12]
  • MCS南部杯を振り替えた同日の盛岡競馬メイン競走には「東日本大震災復興祈念 第1回絆カップ」が組まれた。

脚注[編集]

  1. ^ 盛岡「南部杯」10・10東京開催で調整 - スポニチアネックス 2011年6月24日閲覧
  2. ^ 今年の南部杯は、東京競馬場で開催(10月10日)”. 地方競馬情報サイト. 2019年7月12日閲覧。
  3. ^ 第24回 マイルチャンピオンシップ南部杯”. 日本中央競馬会. 2019年7月12日閲覧。
  4. ^ 第24回マイルCS南部杯(G1)”. netkeiba. 2019年7月12日閲覧。
  5. ^ JRAニュース「開催競馬場・今日の出来事」” (日本語). 日本中央競馬会 (2011年10月10日). 2011年10月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月25日閲覧。
  6. ^ 岩手3冠ロック骨折…安楽死/南部杯” (日本語). 日刊スポーツ (2011年10月10日). 2013年3月25日閲覧。
  7. ^ 追悼 ロックハンドスター” (日本語). 岩手県競馬組合 (2011年10月). 2013年3月25日閲覧。
  8. ^ ニュース・おしらせ「ロックハンドスター号の馬主千葉浩様へ感謝状の贈呈を行いました」” (日本語). 岩手県競馬組合 (2011年10月17日). 2013年3月25日閲覧。
  9. ^ netkeiba ニュース「岩手の年度代表馬はカミノヌヴォーに決定」” (日本語). netkeiba.com. ネットドリーマーズ (2012年3月6日). 2013年3月25日閲覧。
  10. ^ 斎藤修 (2011年11月22日). “【レースハイライト】第24回ダービーグランプリ” (日本語). Web Furlong 2011. 地方競馬全国協会. 2013年3月25日閲覧。
  11. ^ 東京第4回3日目”. 日本中央競馬会. 2019年8月5日閲覧。
  12. ^ トランセンドの馬主が賞金の一部を寄附 | 競馬実況web”. ラジオNIKKEI. 2019年9月11日閲覧。