高知県競馬組合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高知県競馬組合(こうちけんけいばくみあい)は、高知競馬場地方競馬を主催する一部事務組合である。高知県及び高知市で構成される。

歴史[編集]

  • 1967年 - 12月高知県および高知市南国市土佐市窪川町大津村日高村をもって高知県競馬組合を設立。
  • 1969年 - 高知県高知市以外の自治体の開催権が消滅し、高知県競馬組合は高知県と高知市のみの構成となる。
  • 1973年 - 外厩制度の禁止などに伴い、高知市長浜地区に競馬場新設を決定。
  • 1975年 - 新競馬場建設のため(財)高知県競馬施設公社を設立。
  • 1985年 - 3月に桟橋競馬場を廃止し、4月より新競馬場開設。高知市はりまや町にはりまや場外サービスセンターを開設。
  • 1986年 - 高知市本町に堀詰場外サービスセンターを開設。
  • 1988年 - はりまや場外サービスセンター廃止。
  • 1993年 - 高知市本町の堀詰場外サービスセンターを改築。パルス高知を開設。
  • 1996年 - 宿毛市和田にパルス宿毛を開設。
  • 2003年 - 負債88億円を一旦清算し、餞別金制度廃止と2003年度以降の黒字確保を条件に存続が認められる。

連敗馬ハルウララが全国的な話題となり、一時的に危機を脱する。

薄暮開催を試験的に実施。

  • 2009年 - ナイター設備を整備し、7月24日から愛称「夜さ恋ナイター」でナイター競馬を開催。通年でナイター競馬を開催することは全国初の試み。

高知競馬を取り巻く状況[編集]

1985年の競馬場移転の際、旧競馬場跡地の売却代金で支払いきれなかった新競馬場建設費用約80億円とその利子を、組合が「競馬場借り上げ料」名目で毎年約5億円(支払いの際に銀行から借りたため利子も含む)ずつ負担し続けたこと、さらに競馬が雇用確保と同和対策の場として利用されたことに加え、景気低迷やアラブ競馬縮小などに伴う売り上げ不振が重なり、2003年には88億円の負債を抱えることとなった。

2003年以降は、負債を清算することと引き換えに、「これ以上赤字が増えれば廃止」という条件が課せられている。このため、組合は、売上高に応じて賞金や各種手当て、運営費などを削減し、賞金や各種手当てを全国の競馬場の中でも最低クラスに抑え込んだ緊縮体制に移行した。この緊縮ぶりは騎手・調教師の収得賞金額(5着以内で得られる賞金)にも影響し、2007年リーディングジョッキーの赤岡修次は高知競馬での年間収得賞金は3027万円であったが、JRAで2日間騎乗し2勝挙げるなどした際に得た収得賞金額は3100万円であった。

このような経営状況を逆手にとって「連敗馬」ハルウララを売り出したり、窮余の一策としてダートグレード競走黒船賞の開催のために「かいばおけ支援金」を募ったりするなど、批判を浴びるような奇手も交えて経営再建に取り組んできたが、経営状態の悪化を根本的に解決するには至らず、2008年にはついに赤字に転落した。

しかし、雇用の確保を目的に、2003年の負債精算の際に確保した「財政調整基金」を取り崩すことで存続が認められた(なお、この「財政調整基金の取り崩し」は、兵庫県競馬組合などでも実施している)。 ただし、財政調整基金の残高も1億円程度しかなく、廃止の危機は脱していない。

参考文献[編集]