府中本町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
府中本町駅
駅舎(2006年6月4日)
駅舎(2006年6月4日)
ふちゅうほんまち
Fuchūhommachi
所在地 東京都府中市本町一丁目29
所属事業者 JR logo (east).svg 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 フチ
駅構造 地上駅
ホーム 3面6線
乗車人員
-統計年度-
17,321人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1928年昭和3年)12月11日
乗入路線 2 路線
所属路線 JN 南武線
駅番号 JN 20
キロ程 27.9km(川崎起点)
JN 19 南多摩 (2.4km)
(0.9km) 分倍河原 JN 21
所属路線 JM 武蔵野線
駅番号 JM 35
キロ程 28.8km(鶴見起点)
府中本町から0.0km
(1.7km) 北府中 JM 34
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
* 当駅より梶ヶ谷貨物ターミナル側は貨物線のため、定期旅客列車の運行はない。
テンプレートを表示

府中本町駅(ふちゅうほんまちえき)は、東京都府中市本町一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)のである。

乗り入れ路線[編集]

南武線武蔵野線の2路線が乗り入れており、このうち南武線を当駅の所属線としている[1]。武蔵野線の定期旅客列車は当駅が起点となっている。当駅より鶴見側は貨物線(通称「武蔵野南線」)となっている。駅番号は南武線がJN 20、武蔵野線がJM 35

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

この地は古い歴史があり、それが当駅名「府中本町」の由来となっている。

鎌倉へ至る鎌倉街道のルート上で経済的にも重要拠点に位置し、中世には当地が「本町」と呼ばれていた。富士山まで見渡せる景勝地でもあることから府中御殿が建築され、その後も本町として発展してきた地であり、それらが当駅名の由来ともなっている(駅前に説明の碑が設置されている)。

駅構造[編集]


府中本町駅
配線図
分倍河原駅 北府中駅


tSTRe tSTRe
STR+4 STR+4 STRg STRf
STR
KRZt KRZt tSTRq tSTR+r
STR
STR3 STR2
tSTR
STR STR+1
STR+4 tSTR
STR ABZg2 STRc3 STRc2 ABZg3 tSTR
STR
STR+4 STR+1
tSTR
STR+BSr STR STR+BSl STR+BSr STR tSTR
STR+BSr STR STR+BSl STR+BSr STR
STR
STR
STR STR STRg STRf STR
STRg STRg KRWgl+l KRWgr+r STRf STRf
KRWgl+l KRWgr+r STR STR KRWg+l KRWgr
STR STR STR STR KRWgl KRWg+r
STR STR2
STR3 STR
STRg
STR+4 STR+1
STRf
STRl STRq KRZo KRZo STR+r STR
STR STR STR2 STR2
STRg STRf
梶ヶ谷貨物ターミナル駅 南多摩駅


3面6線のホームを有する地上駅である[9][3]。南武線は相対式ホーム2面2線で、のりばの番号は1・4番線である[9]。南武線の相対式ホームの間に武蔵野線の島式ホーム1面2線が挟まれる形になっており、のりばの番号は2・3番線である[9]。さらに1番線と2番線、3番線と4番線の間にそれぞれ武蔵野貨物線があり当駅を通過する[9]。武蔵野線は貨物バイパス線目的で敷設された事情があり、南武線と武蔵野線間を乗り換える利用客はコンコースに出てからホーム間を移動することになる。

コンコースの改札向かい側(南側)に巨大な臨時改札口が設置されており、東京競馬場での競馬開催時(主に土日、パークウインズ含む)のみ営業する[3]

直営駅駅長配置)であり、管理駅として、南武線の南多摩駅 - 西国立駅間の各駅および武蔵野線の北府中駅を管理している。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 JN 南武線 上り 登戸武蔵小杉川崎方面
通過線 ■ 武蔵野貨物線 上り 梶ヶ谷貨物ターミナル鶴見横浜方面
2 JM 武蔵野線 上り (降車ホーム)
3 下り 西国分寺南浦和新松戸西船橋方面
通過線 ■ 武蔵野貨物線 下り 新座大宮方面
4 JN 南武線 下り 分倍河原立川方面

(出典:JR東日本:駅構内図

特記事項

南武線⇔武蔵野線間の旅客列車直通運転を考慮しない構造であるため、以下のような特徴がある。

  • 南武線の川崎方面は、武蔵野線の線路の下を交差するトンネル内にホームの半分があり、他のホームから若干ずれている。そのため、武蔵野線への乗り換えに必要な移動距離は長い。
  • 武蔵野線の定期旅客列車は当駅が起点で、鶴見駅から当駅まで(通称武蔵野南線)は貨物専用線となっている。全列車がまず降車専用ホーム(2番線)で降車客を下ろした後一旦引き上げ線に入り、折り返して乗車専用ホーム(3番線)に入線する。
  • 武蔵野線は上り・下りとも同線ホーム北府中(下り)寄りで武蔵野貨物線の新鶴見方面と分岐し、ホーム上り側は引き上げ線のみにつながっている。一方、南武線と武蔵野貨物線は上り・下りとも南多摩寄りでつながっている。構造上双方向に直通が可能であるが、臨時列車の当駅停車には以下のような制限がある。
    • 南武線立川方面 - 武蔵野線新鶴見方面 - 南武線ホームにて停車可
    • 南武線川崎方面 - 武蔵野線西国分寺方面 - いずれのホームも停車不可
    • 武蔵野線西国分寺方面 - 武蔵野線新鶴見方面 - いずれのホームも停車不可
    • 当駅始発・終着 - 南武線と新鶴見方面は南武線ホーム使用。西国分寺方面は武蔵野線ホーム使用。
  • 発車標は2番線以外のホームに設置されており、ATOS形式の表示が行われている。3番線の東京行については、「舞浜方面東京」と表示される。
  • 武蔵野線開業以前、南武線では当駅始発・終着となる電車が設定されていたが、駅構造の変更に伴い、稲城長沼始発・終着に変更された。

発車メロディ[編集]

全番線櫻井音楽工房製の曲を使用している。

なお、2番線は、武蔵野線当駅止まりの降車専用ホームであるため、発車メロディは無い。2002年までは1番線で近郊地域15番、3番線で当駅オリジナル(府中本町1番→同2番)、4番線で近郊地域16番が使われていた(いずれもカンノ製作所製)。

1 JN twilight
2 JM(降車専用のためメロディなし)
3 JM メロディー
4 JN 星空の下(当駅初採用)

設備[編集]

  • みどりの窓口 - 営業時間 08:00 - 19:00
  • 指定席券売機 - 営業時間 04:30 - 23:50(えきねっとの受け取りは05:30 - 23:00)
  • ビューカードATM VIEW ALTTE - 改札内に設置
  • 自動改札機
  • いろり庵きらく - 営業時間(平日)07:00 - 21:00(土日祝日)07:30 - 18:30
  • KIOSK - 営業時間 06:30 - 20:30
  • NEWDAYS - 改札内 - 営業時間 06:00 - 23:30
  • BECK'S COFFEE SHOP - 改札内 - 営業時間(平日)06:30 - 21:00(日曜及び祝日)07:00 - 21:00
  • エレベーター - 以前から改札階と地上を連絡するものがあったが(府中市管理)、2007年3月に各ホームと改札階を連絡するものが設置された。コンコース - 1番線間の移動は途中で乗り換えとなる。
  • エスカレーター - 各ホームと改札階を連絡している。1999年頃設置。1番線ホームと改札階は途切れている区間がある。
  • トイレ - 改札内。多機能トイレも設置されている。
  • タクシー乗り場 - 改札正面。
  • バス乗り場 - 下記参照。
  • 郵便ポスト - 丸ポスト(丸型1号)が設置されている。
  • 公衆電話

利用状況[編集]

2016年度の1日平均乗車人員17,321人である。平日(特に朝夕)は南武線と武蔵野線の乗り換え客が多い。JR線を利用して東京競馬場へ行く際の最寄り駅になるため、土曜・休日などの競馬開催日には混雑する。

近年の推移は下表の通りである。

年度別1日平均乗車人員[10][11]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1992年(平成04年) 15,318 [* 1]
1993年(平成05年) 16,666 [* 2]
1994年(平成06年) 18,301 [* 3]
1995年(平成07年) 18,883 [* 4]
1996年(平成08年) 19,258 [* 5]
1997年(平成09年) 18,713 [* 6]
1998年(平成10年) 18,381 [* 7]
1999年(平成11年) 18,126 [* 8]
2000年(平成12年) [JR 1]17,300 [* 9]
2001年(平成13年) [JR 2]17,000 [* 10]
2002年(平成14年) [JR 3]16,371 [* 11]
2003年(平成15年) [JR 4]17,128 [* 12]
2004年(平成16年) [JR 5]17,006 [* 13]
2005年(平成17年) [JR 6]16,965 [* 14]
2006年(平成18年) [JR 7]17,037 [* 15]
2007年(平成19年) [JR 8]17,454 [* 16]
2008年(平成20年) [JR 9]17,543 [* 17]
2009年(平成21年) [JR 10]17,304 [* 18]
2010年(平成22年) [JR 11]16,686 [* 19]
2011年(平成23年) [JR 12]16,565 [* 20]
2012年(平成24年) [JR 13]16,922 [* 21]
2013年(平成25年) [JR 14]17,138 [* 22]
2014年(平成26年) [JR 15]17,079 [* 23]
2015年(平成27年) [JR 16]17,209 [* 24]
2016年(平成28年) [JR 17]17,321

駅周辺[編集]

府中本町駅入口交差点
大國魂神社西参道

駅舎と小さな駅前広場は高架上にあり[9]、線路を横断する高架道路に面している。徒歩でのアクセスは道路上の歩道および北東と西側からは線路脇の道から階段(府中市によりエレベータ設置)、南東側からは競馬場通路(非開催日は駅舎東側を通って改札口側に回る)を使用。駅前にはイトーヨーカドー府中店が立地していたが、2010年8月22日に閉店し、閉店後はラウンドワンが出店している。駅前ロータリーを出て鎌倉街道を東に向かうと府中街道のT字路となっており、正面が大國魂神社西参道、左は京王府中駅にかけて市役所や商店街など市中心部へ続き、右の南東側は東京競馬場である。駅西側は小規模な商店街がある。その他は主に住宅地である。

周辺の駅[編集]

行政[編集]

  • 府中市役所
  • 武蔵府中税務署
  • 府中市立宮町図書館

史跡・公園など[編集]

郵便局・金融機関[編集]

企業[編集]

商業施設[編集]

公営競技[編集]

道路[編集]

バス路線[編集]

府中本町駅発多摩川競艇場行バス

府中本町駅[編集]

駅前広場西側(改札を出て左)

以前は、西武バス滝山営業所小平営業所で運行していた。

本町二丁目[編集]

改札を出て左に陸橋を降りた先

  • 京王バス中央、府中市コミュニティバス「ちゅうバス」(府中営業所 (B)
    • <府52> 郷土の森総合体育館(分倍河原駅・南町2丁目経由 当駅からは平日6本、土曜・休日3本) / 府中駅(3本/日)(京王バス中央)
    • <南町・四谷循環> よつや苑西(分倍河原駅・南町2丁目・中河原駅経由 / 府中駅(ちゅうバス)

隣の駅[編集]

JR logo (east).svg 東日本旅客鉄道(JR東日本)
JN 南武線
快速
稲城長沼駅 (JN 18) - 府中本町駅 (JN 20) - 分倍河原駅 (JN 21)
各駅停車
南多摩駅 (JN 19) - 府中本町駅 (JN 20) - 分倍河原駅 (JN 21)
  • かつて、当駅南側の南武線下り線が武蔵野線をアンダークロスする地点に南武是政駅が置かれていた。
JM 武蔵野線
北府中駅 (JM 34) - 府中本町駅 (JM 35)
武蔵野線(貨物専用区間)
梶ヶ谷貨物ターミナル駅 - 府中本町駅

脚注[編集]

記事本文の出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  2. ^ a b 武蔵野線まるごと探見、p.19。
  3. ^ a b c 武蔵野線まるごと探見、p.20。
  4. ^ 武蔵野線まるごと探見、p.25。
  5. ^ 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』38号 青梅線・鶴見線・南武線・五日市線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年4月11日、21頁。
  6. ^ 南武線で快速列車の運転が始まる - 『鉄道ファン交友社 railf.jp鉄道ニュース 2011年4月10日
  7. ^ 夏の特別ダイヤについて (PDF) - 東日本旅客鉄道プレスリリース 2011年6月16日
  8. ^ 2015年3月ダイヤ改正について - JR東日本
  9. ^ a b c d e 武蔵野線まるごと探見、pp.18-19。
  10. ^ 府中市統計書 - 府中市
  11. ^ 東京都統計年鑑

利用状況の出典[編集]

JR東日本の2000年度以降の乗車人員
東京都統計年鑑

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]