石毛善衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石毛善衛
(小林善衛)
Ishige zenei.jpg
騎手時代(1956年ごろ)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県邑楽郡大川村大泉町
生年月日 1923年5月26日
死没 2014年10月24日(91歳没)
身長 154cm(1964年[1]
体重 53kg(〃)
騎手情報
所属団体 日本競馬会
国営競馬
日本中央競馬会
所属厩舎 石毛彦次郎中山(1937年-1939年)
高木良三・中山(1939年-1941年)
鈴木信太郎・中山(1941年-1944年)
(兵役、1944年-1945年)
鈴木信太郎・中山(1946年-1960年)
秋山史郎・中山(1960年-1964年)
初免許年 1942年
免許区分 平地・障害
騎手引退日 1964年
重賞勝利 4勝
G1級勝利 2勝(八大競走
通算勝利 1002戦91勝(1954年以降)
調教師情報
初免許年 1964年(同年開業)
調教師引退日 1998年2月28日(定年)
重賞勝利 2勝
通算勝利 4512戦303勝
(中央4446戦297勝、地方66戦6勝)
経歴
所属 中山競馬場(1964年-1978年)
美浦T.C.(1978年-1998年)
テンプレートを表示

石毛 善衛(いしげ ぜんえい、1923年5月26日 - 2014年10月24日)は、日本競馬騎手調教師

1942年に日本競馬会日本中央競馬会の前身)で騎手デビュー。1947年にトヨウメ、1958年にセルローズで、それぞれ天皇賞(秋)に優勝した。1948年に結婚するまでは「小林善衛」の名で騎乗。1964年より調教師に転じ、1998年に定年引退。日本中央競馬会調教師の石毛善彦は次男[2]

経歴[編集]

1923年、群馬県邑楽郡大川村(後の大泉町)に、東武鉄道の職員であった小林定五郎、きぬ夫妻の長男として生まれる[3]。近郊には地方競馬館林競馬場があった[3]旧制館林中学1年生のころに騎手の姿に憧れ、1937年、父の知人の紹介で名騎手の評が高かった石毛彦次郎中山競馬場)の門下に入る[3]。しかし1939年、彦次郎が馬に腹部を蹴られ、35歳で死去[3]。やむなく善衛は一時高木良三厩舎に預けられたのち、1941年に彦次郎の師である鈴木信太郎のもとへ移った[3]

太平洋戦争さなかの1942年9月12日に騎手デビューし、翌日に初勝利を挙げる[4]。このころは障害競走に数多く騎乗した[4]。1944年に徴兵を受けセレベスに派遣されたが、終戦を経て1946年に復員[1]。同年秋に正規の競馬が再開されると、善衛はその第1回開催より騎手として復帰[4]。1947年秋には騎乗馬トヨウメで天皇賞優勝を果たした。なお、戦前には帝室御賞典と呼ばれていたこの競走であるが、戦後の第1回競走では皇室から賞の下賜がなく「平和賞」として開催された。この競走も当初は同様に行われる予定だったが、競走前日になって正賞である天皇楯の下賜が通達され、「天皇賞」の名称で施行された最初の競走となった[5]

翌1948年、鈴木信太郎の肝煎りにより、彦次郎のひとり娘と結婚。婿養子となり、石毛善衛と改姓した[3]。1958年には牝馬セルローズに騎乗し、天皇賞(秋)2勝目を挙げる[4]。1964年に調教師免許を取得し、騎手を引退。通算成績は日本中央競馬会が発足した1954年以降で1005戦91勝[4]

同年、中山競馬場に厩舎を開業したが、3年目の18勝を最高として以降は年間10勝前後と良績を挙げることはできず、重賞勝利も2勝に留まった。1998年、定年により調教師引退[6]。調教師としては4512戦303勝(うち中央4446戦297勝)を挙げた。

2014年10月24日、脳出血のため死去。91歳没[7]

成績[編集]

騎手成績[編集]

  • 1002年91勝(1954年以降)

※以下、参考として騎手引退年に発行された『新版 調教師・騎手名鑑』記載の成績を記す。確定した最終成績ではない。

通算成績 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率
平地 175 181 209 1640 .106 .217
障害 79 67 47 331 .238 .441
254 248 256 1971 .128 .254

主な騎乗馬[編集]

※括弧内は石毛騎乗時の優勝重賞競走。太字八大競走

調教師成績[編集]

開催 通算成績 1着 2着 3着 出走数 勝率 連対率
中央 平地 284 347 312 4321 .066 .146
障害 13 8 14 125 .104 .168
297 355 326 4446 .067 .147
地方 平地 6 6 3 66 .091 .182
総計 303 361 329 4512 .067 .147

主な管理馬[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 『新版 調教師・騎手名鑑』pp.18-19
  2. ^ 『調教師の本VI』p.33
  3. ^ a b c d e f 『調教師の本VI』pp.27-28
  4. ^ a b c d e 『調教師の本VI』pp.29-30
  5. ^ 『調教師の本VI』p.25
  6. ^ 『調教師の本VI』p.32
  7. ^ 石毛善衛氏が死去、騎手で天皇賞制覇”. スポーツ報知 (2014年10月25日). 2014年10月25日閲覧。

参考文献[編集]

  • 井上康文『新版 調教師・騎手名鑑1964年版』(大日本競馬図書刊行会、1964年)
  • 中央競馬ピーアール・センター編『調教師の本VI』(中央競馬ピーアール・センター、1998年)