ヤマカツスズラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヤマカツスズラン
欧字表記 Yamakatsu Suzuran[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 栗毛[1]
生誕 1997年4月14日[1]
死没 2010年7月2日(13歳没)[2]
登録日 1999年6月10日
抹消日 2003年2月12日
ジェイドロバリー[1]
フジノタカコマチ[1]
母の父 コリムスキー[1]
生国 日本の旗 日本北海道浦河町[1]
生産者 岡崎牧場[1]
馬主 山田博康[1]
調教師 池添兼雄栗東[1]
競走成績
タイトル JRA賞最優秀3歳牝馬(1999年)[1]
生涯成績 26戦6勝[1]
獲得賞金 2億9766万3000円[1]
勝ち鞍
GI 阪神3歳牝馬ステークス 1999年
GIII クイーンステークス 2001年
GIII マーメイドステークス 2002年
GIII 全日本サラブレッドカップ 2002年
テンプレートを表示

ヤマカツスズラン(欧字名:Yamakatsu Suzuran1997年4月14日 - 2010年7月2日)は、日本競走馬繁殖牝馬[1]。1999年のJRA賞最優秀3歳牝馬。主な勝ち鞍に1999年阪神3歳牝馬ステークス2001年クイーンステークス2002年マーメイドステークス全日本サラブレッドカップ

戦績[編集]

1999年8月15日小倉競馬場でデビューし、初戦は1番人気で3着に敗れたものの、連闘で臨んだ2戦目の新馬戦で初勝利を挙げる。続くききょうステークスでは、ハイペースで先行し、後方に3馬身差をつけて逃げ切り勝利し、連勝を果たした[3]。間隔をあけて出走した阪神3歳牝馬ステークスではマイケル・キネーンを鞍上に逃げ、2着ゲイリーファンキーに2馬身差をつけて勝利[2]。この勝利により、1999年のJRA賞最優秀3歳牝馬に選出された。しかし、4歳を迎えて間もない2000年1月13日朝の調教中に左第3中手骨を骨折し[4]、春のクラシックシーズンは全休を余儀なくされる[2]

秋のローズステークスで復帰し14着と振るわなかったものの、次走の秋華賞ではティコティコタックの2着に踏みとどまる[2]。続くマイルチャンピオンシップ14着、阪神牝馬特別も4着と勝てず、古馬を迎えても勝てない競馬が続いたが、マーメイドステークス2着のあと出走したクイーンステークスで久々に優勝。秋3戦は成績が低迷し、芝・ダート双方に使われた2002年も初戦のかきつばた記念こそ10着に終わったが、続くプロキオンステークスでは2着に巻き返し、3走目のマーメイドステークスで重賞3勝目を挙げる。秋競馬でもシリウスステークス3着、JBCスプリント4着を経て全日本サラブレッドカップを2着コアレスフィールドに9馬身差をつけるレコード勝ち[2]兵庫ゴールドトロフィー3着ののち2003年根岸ステークスを最後に引退、繁殖入りした。[5]

競走成績[編集]

以下の内容は、netkeiba.com[6]およびJBISサーチ[5]に基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離
(馬場)



オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量
[kg]
1着馬(2着馬) 馬体重
[kg]
1999.08.15 小倉 3歳新馬 芝1200m(稍) 12 2 2 002.70(1人) 03着 R1:11.3(36.6) -1.3 0古川吉洋 53 アルーリングアクト 504
0000.08.21 小倉 3歳新馬 芝1200m(良) 13 5 7 003.70(2人) 01着 R1:09.3(35.9) -1.0 0古川吉洋 53 (マウンテンターオー) 502
0000.09.18 阪神 ききょうS OP 芝1400m(良) 16 1 2 004.40(2人) 01着 R1:22.3(36.9) -0.5 0池添謙一 53 (マンボノリズム) 480
0000.12.05 阪神 阪神3歳牝馬S GI 芝1600m(良) 14 1 1 004.20(1人) 01着 R1:35.6(35.8) -0.3 0M.キネーン 53 (ゲイリーファンキー) 492
2000.09.17 阪神 ローズS GII 芝2000m(良) 16 5 10 008.00(5人) 14着 R2:02.8(38.4) -2.5 0池添謙一 54 ニホンピロスワン 494
0000.10.15 京都 秋華賞 GI 芝2000m(良) 18 7 14 016.60(7人) 02着 R2:00.0(34.0) -0.1 0池添謙一 55 ティコティコタック 496
0000.11.19 京都 マイルCS GI 芝1600m(良) 18 1 1 021.40(8人) 14着 R1:34.4(37.5) -1.8 0池添謙一 53 アグネスデジタル 496
0000.12.17 阪神 阪神牝馬特別 GII 芝1600m(良) 14 6 10 014.60(6人) 04着 R1:34.6(35.8) -0.8 0池添謙一 53 トゥザヴィクトリー 492
2001.03.20 高知 黒船賞 GIII ダ1400m(稍) 12 8 12 00 - 00(3人) 10着 R1:32.1(43.7) -4.0 0池添謙一 54 ノボジャック 493
0000.04.14 阪神 マイラーズC GII 芝1600m(良) 17 3 5 040.2(10人) 14着 R1:33.9(36.7) -1.1 0池添謙一 55 ジョウテンブレーヴ 494
0000.05.13 東京 京王杯SC GII 芝1400m(良) 18 7 14 043.6(10人) 10着 R1:20.8(35.1) -0.7 0池添謙一 55 スティンガー 494
0000.06.03 東京 安田記念 GI 芝1600m(良) 18 1 2 126.3(16人) 12着 R1:34.1(37.0) -1.1 0池添謙一 56 ブラックホーク 496
0000.07.08 阪神 マーメイドS GIII 芝2000m(良) 9 8 9 003.10(1人) 02着 R1:59.8(36.5) -0.6 0池添謙一 55 タイキポーラ 492
0000.08.12 札幌 クイーンS GIII 芝1800m(良) 11 3 3 003.70(1人) 01着 R1:47.4(35.5) -0.2 0池添謙一 55 ダイヤモンドビコー 494
0000.10.14 東京 府中牝馬S GIII 芝1800m(良) 11 7 9 002.60(1人) 07着 R1:46.2(36.3) -0.6 0池添謙一 55 マルカキャンディ 498
0000.11.11 京都 エリザベス女王杯 GI 芝2200m(良) 15 8 15 030.3(10人) 11着 R2:12.7(37.8) -1.5 0池添謙一 56 トゥザヴィクトリー 496
0000.12.16 阪神 阪神牝馬S GII 芝1600m(良) 16 1 2 018.00(7人) 14着 R1:34.4(36.8) -0.9 0池添謙一 55 エアトゥーレ 490
2002.05.06 名古屋 かきつばた記念 GIII ダ1400m(良) 12 3 3 00 - 00(4人) 10着 R1:27.7 -3.8 0池添謙一 55 サウスヴィグラス 494
0000.06.16 阪神 プロキオンS GIII ダ1400m(良) 13 8 13 015.80(5人) 02着 R1:23.0(36.1) -0.1 0池添謙一 55 スターリングローズ 500
0000.07.07 阪神 マーメイドS GIII 芝2000m(良) 12 7 9 003.80(3人) 01着 R1:59.1(36.2) -0.5 0池添謙一 56 (タフネススター) 496
0000.08.11 札幌 クイーンS GIII 芝1800m(良) 14 8 13 003.30(2人) 14着 R1:50.4(39.7) -2.3 0池添謙一 57 ミツワトップレディ 494
0000.09.29 阪神 シリウスS GIII ダ1400m(稍) 13 7 10 009.90(4人) 03着 R1:22.5(37.0) -0.1 0小池隆生 55.5 スターリングローズ 494
0000.11.04 盛岡 JBCスプリント GI ダ1200m(良) 15 7 12 00 - 00(6人) 04着 R1:11.6 -0.2 0池添謙一 55 スターリングローズ 494
0000.11.26 笠松 全日本サラブレッドC GIII ダ1400m(稍) 10 3 3 00 - 00(1人) 01着 R1:24.3 -1.8 0池添謙一 55 (コアレスフィールド) 497
0000.12.28 園田 兵庫ゴールドT GIII ダ1400m(良) 9 1 1 00 - 00(1人) 03着 R1:27.0 -0.2 0池添謙一 55 ノボトゥルー 502
2003.02.01 中山 根岸S GIII ダ1200m(良) 16 8 16 016.40(5人) 06着 R1:10.8(37.8) -0.4 0池添謙一 55 サウスヴィグラス 494
  • タイム欄のRはレコード勝ちを示す

引退後[編集]

引退後は繁殖牝馬となり、初仔ヤマカツブライアンが兵庫チャンピオンシップで2着に入線したほか、2番仔ヤマカツオーキッドがオープン特別のコスモス賞を勝ったものの、直仔ではそれ以上の成績を挙げることはなかった。孫世代では、ヤマカツオーキッドの仔ヤマカツライデンがオープン特別の丹頂ステークス勝ち、函館記念3着の成績を挙げている[7]。5頭の産駒を残したが2010年7月2日に死亡した[2]

生年 馬名 毛色 馬主 管理調教師 戦績 主な勝利競走 供用 出典
初仔 2004年 ヤマカツブライアン 黒鹿毛 ブライアンズタイム 山田博康
→山田和夫
栗東・池添兼雄
川崎池田孝
25戦3勝(うち地方2戦0勝) [8]
2番仔 2005年 ヤマカツオーキッド 青毛 ダンスインザダーク 山田博康 栗東・池添兼雄 10戦2勝 (繁殖牝馬) [9]
3番仔 2007年 ヤマカツマヤリス 栗毛 クロフネ 9戦1勝 (繁殖牝馬) [10]
4番仔 2009年 ヤマカツナタリー アグネスタキオン 山田博康
→山田和夫
栗東・池添兼雄
金沢高橋優子
11戦0勝(うち地方3戦0勝) (繁殖牝馬) [11]
5番仔 2010年 ヤマカツムサシ フジキセキ 山田博康 栗東・池添兼雄 1戦0勝 [12]

血統表[編集]

ヤマカツスズラン血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ミスタープロスペクター系
[§ 2]

*ジェイドロバリー
Jade Robbery
1987 黒鹿毛
父の父
Mr. Prospector
1970 鹿毛
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Gold Digger Nashua
Sequence
父の母
Number
1979 鹿毛
Nijinsky Northern Dancer
Flaming Page
Special Forli
Thong

フジノタカコマチ
1985 鹿毛
*コリムスキー
Kolymsky
1975 栗毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Libro d Oro Francis S.
Exclusive
母の母
コビナタヒメ
1974 鹿毛
*タマナー Sunny Boy
Tresa
タイムマンナ *ゲイタイム
ニューマンナ
母系(F-No.) フラストレート(GB)系(FN:1-b) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer 4×3、Native Dancer 4×5 [§ 4]
出典
  1. ^ [13]
  2. ^ [14]
  3. ^ [13]
  4. ^ [13][14]


脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p ヤマカツスズラン”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年12月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f ヤマカツスズラン”. 競走馬のふるさと案内所. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年12月11日閲覧。
  3. ^ 優駿』1999年11月号 76頁
  4. ^ ヤマカツスズラン骨折”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd. (2001年1月13日). 2019年12月11日閲覧。
  5. ^ a b ヤマカツスズラン 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年12月11日閲覧。
  6. ^ ヤマカツスズランの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年12月11日閲覧。
  7. ^ ヤマカツライデン”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年12月11日閲覧。
  8. ^ ヤマカツブライアン”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年12月11日閲覧。
  9. ^ ヤマカツオーキッド”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年12月11日閲覧。
  10. ^ ヤマカツマヤリス”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年12月11日閲覧。
  11. ^ ヤマカツナタリー”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年12月11日閲覧。
  12. ^ ヤマカツムサシ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年12月11日閲覧。
  13. ^ a b c 血統情報:5代血統表|ヤマカツスズラン”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2017年1月15日閲覧。
  14. ^ a b ヤマカツスズランの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年12月11日閲覧。

参考文献[編集]

  • 優駿
    • 1999年11月号、日本中央競馬会、1999年11月1日。
      • 「3歳戦ダイジェスト(9月)『阪神』」

外部リンク[編集]