カツラギハイデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カツラギハイデン
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1983年3月18日
死没 不明
ボールドリック
サチノイマイ
母の父 チャイナロック
生国 日本の旗 日本北海道三石町
生産 大塚牧場
馬主 野出一三
調教師 土門一美栗東
競走成績
生涯成績 9戦3勝
獲得賞金 3440万0000円
テンプレートを表示

カツラギハイデン日本競走馬1985年阪神3歳ステークス優勝馬。主戦騎手は西浦勝一。馬名の由来は、冠名「カツラギ」に、スケート選手エリック・ハイデンからの「ハイデン」。

戦績[編集]

入厩当初からソエ(骨膜炎)に悩まされ、完治をしないままデビューを迎える。1985年10月の新馬戦で、西浦勝一を背に初勝利。その後オープンのもみじ賞では6着となるが、400万下条件戦のかえで賞を勝つと、GI阪神3歳ステークスへと出走した。デイリー杯3歳ステークスの覇者ヤマニンファルコンらを押さえ、10頭立ての1番人気に推された。レースでは、内から一気に抜け出す横綱競馬で快勝した。

1986年きさらぎ賞から始動したが、GI優勝馬にも関わらず、牝馬のダイナフェアリーに1番人気を奪われる2番人気。スタート直後の落鉄もあり、結果は4着。続くスプリングステークスでは、西浦から柴田政人に乗り替わり、2番人気に推されたが8着と敗れた。次走皐月賞では、また西浦が鞍上に戻るも、21頭立ての18着と惨敗、NHK杯7着後、屈腱炎を発症。約1年間の休養を挟んで臨んだ北九州記念8着後、またも屈腱炎を発症し、何とか復帰を図るも治癒に至らず競走馬引退となった。引退後は乗馬になったが、その後行方不明となっている。

エピソード[編集]

血統表[編集]

カツラギハイデン血統プリンスキロ系 / Crepello4×5=9.38%、Nearco5×5=6.25% ) (血統表の出典)

*ボールドリック
Baldric
1961 黒鹿毛 アメリカ
父の父
Round Table
1954 鹿毛 日本
Princequillo Prince Rose
Cosquilla
Knight's Daughter Sir Cosmo
Feola
父の母
Two Cities
1948 鹿毛 アメリカ
Johnstown Jamestown
La France
Vienna Menow
Valse

サチノイマイ
1980 鹿毛 日本
*チャイナロック
China Rock
1953 栃栗毛 イギリス
Rockefella Hyperion
Rockfel
May Wong Rustom Pasha
Wezzan
母の母
ミチアサ
1960 黒鹿毛 日本
*ヒンドスタン
Hindostan
Bois Roussel
Sonibai
プレイガイドクイン ダイオライト
ウヱツデイングラス

叔父に菊花賞優勝馬アカネテンリュウ、甥に宝塚記念優勝馬オサイチジョージがいる。

外部リンク[編集]