MovieNEX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

MovieNEX(ムービー・ネックス)は、ディズニーが日本市場において独自に定義するパッケージ商品で、Blu-ray DiscDVD、携帯端末で再生できるデジタルコピーのダウンロード権、MovieNEXワールド(作品に関する様々な体験が楽しめる進化型コンテンツ)へのアクセス権を含めたパッケージ。第1作目は2013年11月20日発売の『モンスターズ・ユニバーシティ』。

概要[編集]

従来映像作品は、Blu-ray DiscやDVDといったメディア販売であった。スマートフォンタブレットの普及により、携帯端末での動画閲覧が習慣付いたことから、マルチデバイスで再生できるデジタルコンテンツの需要が高まったことを受け、クラウド対応のデジタルコピーダウンロード権も含めたパッケージ商品を発売するに至った。

形式上はいわゆる「ブルーレイ+DVDセット」であるが、宣伝などでは「MovieNEX」である事が強調されている。パッケージはBlu-rayのケースを白色にした仕様であり、更に上部分のBlu-rayのロゴは「Disney」、「Disney・PIXAR」、「MARVEL」、「MARVEL STUDIOS」や、「STAR WARS」といった独自の物に変更されており、ジャケット背面にもBlu-rayやDVDのロゴは記載されていない。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』以降の作品は、4K Ultra HD Blu-rayとBlu-ray Disc、Blu-ray 3D(3D映画として制作された作品)のセット商品である「4K UHD MovieNEX」としても発売されている。パッケージも独自仕様ではなく「4K Ultra HD」と同様の物を採用している。

『美女と野獣』(実写版)までの3D映画のBlu-ray 3Dに関しては、購入者限定で別売りする方式に変更されている。ただし、オンライン通販限定でMovieNEXとBlu-ray 3Dのセット商品が限定販売される。『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』以降は「4K UHD MovieNEX」に収録される形でBlu-ray 3Dの一般流通が復活したのと引き換えに、通常のMovieNEX購入者向けの別売り販売は廃止された。

なお、MovieNEX形態で発売される作品は、Blu-rayのみ、DVDのみといった単品を、後日廉価版として販売することは無い[1]。『アベンジャーズ』のように、MovieNEXとの兼ね合いや発売時期の関係で廉価版が発売されなかった例もある。MovieNEX導入後も作品によっては通常のBlu-rayやDVDで発売されているが、こちらも基本的に廉価版の販売はされていない。

廉価版が発売済みの旧作がMovieNEXで発売されると、以前の廉価版は出荷停止となる。また、新作映画と違い、映像特典ディスクは付属しない。

デジタルコピー[編集]

1つのパッケージ商品につき最大2つの配信プラットフォーム(bonoboGoogle Playまたはbonoboとniconico)を登録できる。ディズニーはMovieNEXの導入前、iTunes向けのデジタルコピーが付属したBlu-rayを発売していたが、こちらのデジタルコピーはオンラインでのストリーミング再生を前提としたクラウド対応である。Google Playでは、ストリーミングに加え、デジタルコピーを端末に直接ダウンロードする事も可能である[2]。なお、MovieNEX以前のパッケージの購入者向けに、デジタルコピーのみを低価格で販売している。

MovieNEXワールド[編集]

MovieNEXクラブ内に設けられた専用サイト。MovieNEX商品パッケージに封入されている「Magicコード」を入力することでログインできる。限定映像、限定ダウンロード、特別イベントやプレゼントへの応募、映画関連グッズのクーポン等が提供されている。

主な作品[編集]

ディズニー[編集]

ピクサー[編集]

スター・ウォーズ[編集]

マーベル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]