奥山眞佐子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

奥山 眞佐子(おくやま まさこ)は、日本の女優山梨県甲府市出身。

「おとなってなに?」をテーマに子どもの書いた詩や作文、現地取材を構成してのひとり芝居を東京と名古屋で9年連続公演。その後、「素敵なおとなを求めて」をテーマに樋口一葉を中心とした文芸作品のひとり芝居、朗読ライブを展開。

来歴・人物[編集]

  • 1956年(昭和31年):1月30日山梨県甲府市で誕生。短大卒業後、千田是也ブレヒト研究会を経て、新演劇人クラブ・マールイ入所。劇団公演「すみつぼ」で、金子信雄の相手役を演じる。その後、金子信雄から山田五十鈴にあずけられ、山田五十鈴のもとで修業時代を過ごす。またマキノ雅弘演劇塾にて映画にも触れる。東宝公演・宇野千代作「生きてゆく私」孫娘役で【御園座社長賞】を受賞[1]
  • 1988年(昭和63年):新劇人クラブ・マールイを離れ、「おとなってなに?」をテーマに子どもの書いた詩や作文を構成してのひとり芝居「こどもたちの夢」を、文京区法真寺本堂にて初演。その後、海外の子供たちのインタビュ-も行い、毎年、東京と名古屋で公演を重ねる[2]
  • 1998年(平成10年):「素敵なおとなを求めて」をテーマに樋口一葉を中心とした文芸作品のひとり芝居、朗読ライブをスタートして公演を重ねての11年目、2008年(平成20年)横浜の文化の向上に貢献したことに対して、横浜SAAC【細うで繁盛記賞】受賞[3]
  • 1999年(平成11年):千葉県白井市の要請で子ども演劇教室の指導を開始後、主婦、小学校教師、若手俳優からの要請を受けて指導者としての活動も継続中[4]
  • 2003年(平成15年):NHK月曜ドラマシリーズ「夢見る葡萄」で、甲州ことば指導担当[5]
  • 2014年(平成26年):3月31日(月)放送開始のNHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」で、山梨ことば指導担当[6]
  • 2015年(平成27年)富山県高等学校教育研究会国語部会にて、「ひとり芝居・大つごもりと一葉日記」を公演。高校国語科の教師に一葉小説の魅力を伝える[7]
  • 2016年(平成28年)千葉県白井市企画政策課 男女共同参画室 平成27年度コミュニケーション講座「舞台女優から学ぶ自己表現」講演[8]
  • 2016年(平成28年)「樋口一葉没後120年」を記念して「にごりえ」「十三夜」「大つごもり」の三作品を三越劇場で公演[9]
  • 2017年(平成29年)「樋口一葉の世界 奥山眞佐子ひとり芝居20周年記念公演」として「一葉日記 そして たけくらべ」を三越劇場で公演[9]
  • 2017年(平成29年)地方銀行ユニシス研究会 頭取会 にて「心に響く美しい言葉とは…」の講演[10] 
  • 2017年(平成29年)甲府市教育委員会 文化芸術イベント「奥山眞佐子朗読ワークショップ」で音読の楽しさを伝える[11]

略歴[編集]

  • 1971年(昭和46年): 山梨県立甲府第二高等学校(現・山梨県立甲府西高等学校)演劇部入部[12]
  • 1974年(昭和49年): 立正女子大学短期大学部文芸科演劇研究会入会。外波山文明主催「はみだし劇場」に参加。法政大学演劇研究会に参加。東京工業大学演劇研究会に参加[13]
  • 1975年(昭和50年): 目黒地区「演劇集団ぶどう」に参加。東京都立大学演劇研究会に参加。東京地区学生演劇夏季ゼミナール企画。
  • 1976年(昭和51年): 千田是也ブレヒト研究会入会。
  • 1979年(昭和54年): 新演劇人クラブ・マールイ演劇教室入所[14]
  • 1980年(昭和55年)から、新演劇人クラブ・マールイ演劇教室の研究生となりプロ活動を開始し舞台・テレビ・映画に出演。マキノ雅弘、山田五十鈴、金子信雄、丹阿弥谷津子らに師事[15]。早稲田大学第三舞台『宇宙で眠るための方法について』に出演[16]。宇野千代作『生きていく私』孫娘役で【名古屋御薗座社長賞】受賞[17]。リトアニア・ヴィリニス大学で日本文化を紹介。処女脚本『私達はどのようにして生まれてきたの』で【文部省選定】受賞。
  • 2008年(平成20年): 樋口一葉作品を手がけて11年目、横浜の文化の向上に貢献したことに対して、横浜SAACより【細うで繁盛記賞】受賞[18]
  • 2014年(平成26年):2月22日(土)首都圏甲府会会長賞受賞[19]

出演[編集]

映画[編集]

岩波映画[編集]

  • 東京24時 - 主演(外務省及び全世界の日本国大使館で上映)[20]

松竹映画[編集]

  • GONIN
  • それでも、くまん蜂は飛んだ

Vシネマ[編集]

  • 東京バビロン

東映映画[編集]

  • 明日のスター
  • バカヤロー1
  • まぁだだよ
  • 赤と黒の熱情 - みどり役

ネオ・インデックス[編集]

テレビ[編集]

NHK総合[編集]

  • 武田信玄 - すみ役
  • 結婚まで
  • ひらり
  • あぐり - 江口俊子役[22]
  • 夢みる葡萄 - 助産師役(甲州ことば指導担当)[23]
  • NHKがんばる甲州人(2011年3月放送)[24]
  • YBSニュースの星(2011年3月8日放送)[25]
  • 視点・論点(2012年11月23日放送)[26]

NHK衛星[編集]

  • 日本語を考える

日本テレビ[編集]

  • 恋人もぬれる街角

フジテレビ[編集]

  • 素顔のままで
  • 世にも奇妙な物語

東映テレビ[編集]

TBS[編集]

  • ゆけむり別府殺人事件
  • 嫁ぐ日まで
  • 湾岸通りの天使たち
  • あぶない刑事
  • 入学
  • 将太の寿司
  • 家庭の問題
  • おべんきょう
  • ダブルキッチン
  • 長男の嫁
  • 人生は上々だ

レポーター[編集]

日本テレビ[編集]

  • プラス1 〜女性専用のお店紹介〜
  • 追跡 〜東京にある東南アジアのお店紹介 〜

CM[編集]

  • 「ミツカン ポン酢」
  • 「トイレアライーナ」
  • 「富士リアルエステート」
  • 「サンポット」
  • 「ヘーベルハウス」
  • 「日本文化センター」
  • 「味の素 マーボー豆腐の素」
  • 「ダスキン」

V・P[編集]

  • 「郵政省郵便車公報」
  • 「警視庁交通課公報」
  • 「東京都庁ごみ袋公報」

ナレーション[編集]

  • 「英検2級面接試験」
  • 「英検準2級面接試験」
  • 「実用ワープロ講座」

舞台作品[編集]

第三舞台[編集]

  • 鴻上尚史作「宇宙で眠るための方法について」 マリオン・デイビス役[27]

法政大学演劇研究会[編集]

  • 「ドリーム仮面」

現代演劇センター公演[編集]

青年座野外劇[編集]

大和田信也プロデュース公演[編集]

  • 「アンチゴーヌ」

新演劇人クラブマールイ公演[編集]

東宝公演[編集]

  • 芸術座「新編・たぬき」、「前後編・たぬき」、「生きていく私」、「三婆」、「お葬式」
  • 東京宝塚劇場「横浜どんたく」、「かえる屋」、「舞化粧」、「雪の梅暦」
  • 帝国劇場「けんか三味線」、「生きていく私」、「お与津御寮人」
  • 大阪・朝日座「香華」、「新編・たぬき」[29]
  • 大阪・近鉄劇場「お葬式」
  • 名古屋・名鉄ホール「隣人戦争」、「祇園の男」、「お葬式」、「われ鍋に閉じ蓋」
  • 名古屋・御薗座「生きていく私」、「お与津御寮人」

松竹公演[編集]

前進座公演[編集]

  • 新橋演舞場「空海」
  • 京都南座「新絵島物語」

日本俳優連合演技セミナー公演[編集]

  • 「頭痛肩こり樋口一葉」 花蛍役

ひとり芝居&朗読会[編集]

出典[編集]

  1. ^ 甲府西高新聞2003年(平成15年)1月20日/第173号、マコ通信1号(2005年11月)
  2. ^ 甲府西高新聞2003年(平成15年)1月20日/第173号、マコ通信1号(2005年11月)マコ通信11号(2010年7月)
  3. ^ マコ通信7号(2008年6月)
  4. ^ マコ通信1号(2005年11月)マコ通信8号(2009年3月)
  5. ^ テレビドラマデータベース 夢みる葡萄
  6. ^ 奥山眞佐子ホームページ(過去の雑感2013年12月10日)、NHK甲府放送局・まるごと山梨「がんばる甲州人」
  7. ^ a b 富山県高等学校教育研究会国語部会
  8. ^ 千葉県白井市広報
  9. ^ a b c d e 三越通信
  10. ^ 奥山眞佐子HP
  11. ^ a b 甲府市広報
  12. ^ 平成24年度第49回東京支部総会写真、甲府西高新聞2003年(平成15年)1月20日/第173号
  13. ^ 文教大学芙蓉会
  14. ^ 甲府西高新聞2003年(平成15年)1月20日/第173号
  15. ^ マコ通信1号(2005年11月)
  16. ^ 第三舞台「宇宙で眠るための方法について」
  17. ^ 甲府西高新聞2003年(平成15年)1月20日/第173号
  18. ^ マコ通信7号(2008年6月)
  19. ^ 首都圏甲府会
  20. ^ マコ通信1号(2005年11月)
  21. ^ マコ通信4号(2007年2月)調布空港映画
  22. ^ マコ通信10号(2010年1月)
  23. ^ テレビドラマベース
  24. ^ YouTube
  25. ^ YouTube
  26. ^ 文教大学芙蓉会視点・論点「一葉さんと私」
  27. ^ 第三舞台「宇宙で眠るための方法について」
  28. ^ マコ通信6号(2008年2月)
  29. ^ マコ通信10号(2010年1月)
  30. ^ マコ通信5号(2007年6月)
  31. ^ マコ通信10号(2010年1月)マコ通信11号(2010年7月)
  32. ^ マコ通信11号(2010年7月)
  33. ^ マコ通信11号(2010年7月)
  34. ^ 甲府西高新聞2003年(平成15年)1月20日/第173号、マコ通信9号(2009年6月)
  35. ^ 新谷根千ねっと
  36. ^ マコ通信5号(2007年6月)
  37. ^ 文教大学芙蓉会
  38. ^ 文教大学芙蓉会
  39. ^ マコ通信5号(2007年6月)文教大学芙蓉会
  40. ^ 文教大学芙蓉会マコ通信1号(2005年11月)
  41. ^ マコ通信1号(2005年11月)マコ通信2号(2006年3月)マコ通信3号(2006年6月)マコ通信5号(2007年6月)
  42. ^ マコ通信1号(2005年11月)マコ通信2号(2006年3月)
  43. ^ マコ通信2号(2006年3月)
  44. ^ マコ通信3号(2006年6月)マコ通信11号(2010年7月)
  45. ^ マコ通信2号(2006年3月)マコ通信3号(2006年6月)
  46. ^ 文教大学芙蓉会マコ通信4号(2007年2月)
  47. ^ マコ通信5号(2007年6月)
  48. ^ マコ通信4号(2007年2月)
  49. ^ マコ通信4号(2007年2月)マコ通信5号(2007年6月)マコ通信11号(2010年7月)
  50. ^ マコ通信5号(2007年6月)
  51. ^ マコ通信6号(2008年2月)
  52. ^ マコ通信7号(2008年6月)
  53. ^ マコ通信6号(2008年2月)マコ通信7号(2008年6月)
  54. ^ マコ通信7号(2008年6月)マコ通信8号(2009年3月)
  55. ^ マコ通信10号(2010年1月)
  56. ^ マコ通信8号(2009年3月)
  57. ^ マコ通信8号(2009年3月)マコ通信9号(2009年6月)
  58. ^ マコ通信9号(2009年6月)
  59. ^ 文教大学芙蓉会マコ通信10号(2010年1月)
  60. ^ マコ通信11号(2010年7月)
  61. ^ マコ通信11号(2010年7月)
  62. ^ マコ通信11号(2010年7月)
  63. ^ マコ通信11号(2010年7月)
  64. ^ 文教大学芙蓉会マコ通信11号(2010年7月)
  65. ^ マコ通信12号
  66. ^ 文教大学芙蓉会
  67. ^ マコ通信11号(2010年7月)マコ通信12号
  68. ^ マコ通信12号
  69. ^ マコ通信12号
  70. ^ マコ通信13号(2012年)
  71. ^ マコ通信13号(2012年)
  72. ^ マコ通信13号(2012年)
  73. ^ マコ通信13号(2012年)
  74. ^ マコ通信13号(2012年)
  75. ^ マコ通信13号(2012年)
  76. ^ 文教大学芙蓉会
  77. ^ 山梨日日新聞(3月20日)
  78. ^ 三越劇場顧客通信
  79. ^ a b c 甲州市常泉寺通信
  80. ^ a b c d e マコ通信
  81. ^ 駒込学園有志の会
  82. ^ 三味線かとう通信
  83. ^ 甲府市教育委員会広報
  84. ^ 神奈川県立青少年センター広報
  85. ^ ちとしゃん亭通信
  86. ^ 人形町・よし梅通信
  87. ^ 神奈川県青少年センター広報

外部リンク[編集]